Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

blog休止のお知らせ

突然ですが、しばらくの間更新を休止します。m(__)m

生活・職場環境の変化、メンタル面、等々・・・いろいろ事情はあるのですが、
最大の理由は、、、如何せん時間の方が… ・゚・(つД`)・゚・

サッカーをはじめ、ここ最近は予定していたイベント等にも行けないことが多く、
その苛立ちや落ち込みで更新する気力の方も薄れ、
また仕事上の立場も10年前から大きく変わった今、
断腸の思いで?!「しばらく休む」という『決断』に至りました。( ̄Д ̄;;


10年以上このblogを続けてきて、
ここで一旦小休止するのは自分でも忍びない気持ちで一杯なのですが、
これも時代の変化なのかな…と。


でも、またいつか再開する日は来ると思います。(たぶん)
でもそれが何時の日になるのか?
数か月先になるのか?数年後になるのか?!
それは自分でも今は解かりません。

でもいつかまた突然に、更新を再開するだろうと、自分ではそう思っています。
なので、閉鎖はせずこのまま置いておきます。

再開するその日まで、気長にお待ち頂ければ…(^_^;)


拙いblogではございましたが、doblog時代から合わせ、累計でのべ100万回以上お越しくださり
本当に有難うございました!

感謝感謝です!!!(´Д⊂グスン

またいつの日か、ここでお会いしましょう!!

みんな長生きしてねん!













と、まあ、、、

あまりしんみりとするのも自分の性分に合わないので、
最後に爆弾落として、立つ鳥後を濁しておきますね。


とりあえず、こんな感じで自分は元気は元気です (・∀・)ニヤニヤ


人生初!自撮りした中の人(近影)www  ※期間限定 → 2枚目のみ削除 → 終了w









スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2015/08/19(水) 00:36:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

『第36回ヨコハマ映画祭2015』

ヨコハマ映画祭に行って来た(・∀・)

映画の上映自体は大満足の作品であったけど、でも目的はそれだけではなく、
この映画祭のプログラムには……授賞式
その授賞式目当ての御方の付き添い役(笑)というのが、今回の出掛けた動機の半分くらいを占めてたw

映画の感想は特に述べないけど、
でも上映された映画3本(ランキング1、2、4位)はどれもが面白かった!
主に舞台(芝居)派なので、あまり映画作品を観たりしないおいらだけど、
でも結果としてこの映画祭は参加して良かったな!!!(長時間拘束だったけどw)



『第36回ヨコハマ映画祭2015』
2015/2/1(日)11:30~:神奈川県立音楽堂
http://homepage3.nifty.com/yokohama-eigasai/
https://www.kanaloco.jp/article/83523/cms_id/124047

プログラム

11:00 開場

11:30
紙の月』(126分)(主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、助演女優賞、ベストテン第2位)

監督=吉田大八、原作=角田光代、脚本=早船歌江子、撮影=シグママコト(J.S.C)
出演=宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司


14:00
個人賞表彰式(110分)  

作品賞 「そこのみにて光輝く
      監督:呉美保 原作:佐藤泰志 脚本:高田亮 音楽:田中拓人 撮影:近藤龍人(J.S.C)
      出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、田村泰二郎

監督賞  呉 美保  「そこのみにて光輝く」

監督賞  安藤桃子  「0.5ミリ」

新人監督賞 久保田直 「家路」

脚本賞  高田 亮  「そこのみにて光輝く」「銀の匙~Silver Spoon」

撮影賞  近藤龍人  「そこのみにて光輝く」「私の男」

主演男優賞  綾野 剛  「そこのみにて光輝く」
主演女優賞  宮沢りえ  「紙の月」
助演男優賞  池松壮亮  「紙の月」「ぼくたちの家族」「愛の渦」
助演女優賞  小林聡美  「紙の月」
助演女優賞  大島優子  「紙の月」
最優秀新人賞  門脇 麦 「愛の渦」「闇金ウシジマくん Part2」「シャンティデイズ365日、幸せな呼吸」
          清野菜名 「TOKYO TRIBE」「少女は異世界で戦った」
          佐倉絵麻 「ぼんとリンちゃん」
          高杉真宙 「ぼんとリンちゃん」
特別大賞    津川雅彦



16:10
WOOD JOB!(ウッジョブ)』(126分) (ベストテン第4位)

監督・脚本=矢口史靖、原作=三浦しをん、撮影=芦澤明子(J.S.C)
出演=染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、マキタスポーツ、光石研、西田尚美、柄本明


18:25
そこのみにて光輝』(120分)(作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、主演男優賞、ベストテン1位)

監督=呉美保、脚本=高田亮、撮影=近藤龍人(J.S.C)、音楽=田中拓人
出演=綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、
田村泰二郎


20:25 頃  終演予定


DSC_0194.jpg



以下、感想・雑感等々を箇条書きにて(↓)



(入場前)全席自由(整理番号なし)のため、寒空の中9時頃から2時間並ぶ。
Jで並びの文化に慣れてるとはいえ、この時期の長時間待機はそれ相応にキツイ…。
(寒いとそれだけで体力削がれるから次回は最初から整理番号付けて売ってくれw)

(入場)並び列、自分たちの前に300~400人、劇場内に入ると既に前方は押さえられた後。
ぱっと見て真ん中の中央付近まで下がるか端席の前寄りかで迷うも、咄嗟の判断で空席が目立つ奥側の前方へ。
下手側の一番端席だけど2列目をキープ。ちょっと観難いけど、でも結果的にこの判断が後に幸運を招くことになる(笑)


AM11時入場から終演がPM9時前、トータル10時間。並び時間を含めると12時間のロングイベント。
前日仕事して夜飲みに行ったから絶対途中で落ちる(寝る)と思われたのに、
映画が3本とも面白すぎて結局一睡もしなかった。オレえらいw

しかし、終わって目が非常に疲れたのと、腰が痛くて…( ̄∇ ̄|||)

幕間で休憩(約20分)があるものの、
周りに飲食店やコンビニなどなく、夕方にロビーのテーブルでおにぎりを立ち食い。
8割以上が女性客だったので男子トイレが空いていたのが救いだった。


(雑感等)
ヨコハマ映画祭は映画ファンが選ぶランキング&各賞投票。
だから映画評論家たちが選出する日本アカデミー賞とは受賞作品&各賞受賞者の顔ぶれがまったく異なる。
個人的な意見だけど、純粋な一般の映画ファンが選んだ作品の方が基準の目線が同じだから
ハズレがなく面白くて素晴らしい映画が多い気がするな。
日本アカデミー賞に『愛の渦』がノミネートされるなんてことは間違ってもないだろうけど、
ヨコハマ映画祭では第七位に選出されているのがその証(笑)

あと、知らなかったのだけど、授賞式では観客(ファン)が受賞者に直接花束を渡すことが出来る神イベントだったこと。
(主演男優賞の綾野剛への花束が数では一番多かったな。当然と言えば当然だけど)

で、主演男優賞の綾野剛や池松壮亮へ花束を渡すファンが多かったのは解かる。
しかし大島優子のファンが全て女性だったことに驚きと感動。
しかもこれまた凄い人数の女子がステージ前の優子の元へ一気に群がった(笑)
てっきり綾野剛ファンだと思っていた最前列に陣取っていた女子たちが全て優子目当てだったことに二度ビックリwww
(AKBで慣れているいるのか?あの位置キープするのは相当早くに現地に来ていたはず)

あと、小林聡美&津川雅彦の貫録(観客の心鷲掴み)はさすがの一言。役者が違ったw
(主演女優賞の宮沢りえが舞台稽古のため欠席だったのが残念だった)

門脇麦ちゃんがやっぱかわいかった(〃▽〃)
今月末に舞台観に行くのが楽しみになった♪

池松くんは『紙の月』や『母に欲す』の池松くんじゃなくて『愛の渦』の池松くんだった。
(あれが素の池松くんだったのかな?)

生・綾野剛は舞台で一度観てるけど、その時とはまた違った印象。
なるほど。同行者が簡単に沼に落ちたわけだw

その綾野剛の受賞挨拶が終わって、花束贈呈が始まると…一斉にステージ前中央に駆け寄る女性ファン。
そこで綾野剛は下手側の客席に降りてきてステージに沿って並ぶ女性ファン一人一人に握手していく。
花束を手渡してお祝いの一言をかけていくファンに両手で握手しながら優しく微笑みながら御礼を言う綾野剛。
その光景が自分たちの目の前、およそ1Mの距離で繰り広げられているwww

まぁ、自分は、綺麗なおんにゃのこたちと握手出来てええなぁ~なんて思いながら見つめていただけだけど、
隣の沼堕ちの人は目が虚ろで我ここにあらず…って感(笑)

あ~~あwww沼堕ちオソロシスwww

あ、個人的というか、男性目線で見れば綾野剛はこの日の髭なしさっぱり顔よりも
「そこのみにて~」の達夫役のような髭ヅラ顔の方が好感かな。。。(^_^;)



ということで、いろんな意味で楽しい1日でした(・∀・)




テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2015/02/03(火) 00:58:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3連休は・・・逃げるwww

昨夜、修羅場記事を上げたけど、
さすがにこれをWEB上に晒したままにしておくのはまずいので( ̄Д ̄;;

24時間限定ということで消しましたw

はい。お蔵入りです(笑)


もしかしたら?ほとぼりが冷めて忘れた頃にひょっこり再掲載するかもだけど、
今のところはまったくの未定です(^_^;)



まぁ、読んだ人にしか解からないけど、続きの話を少しだけすると、



娘には、


『金は全額出してやるから海外にでも行って二人きりで式挙げてこいやー!』


という、悪い大人のズルイ懐柔工作によって娘の態度は軟化しつつあるものの…


ヤツ(元相方さん)の"激おこ"が一向に収束しなくて… ・゚・(つД`)・゚・


なんか、、、(店に)呼び出しがかかっているのだけど、


とりあえずシカトして?!明日からの3連休は現実逃避しますですw



はてさて、この結末は果たして如何に・・・?




いずれまた報告します…(^_^;)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2015/01/10(土) 00:00:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年始恒例のチケット半券カウント!

年始恒例のチケット半券カウントしました^^

数えるまでまったく把握していなかったので恐る恐るだけど、
結果は以下の通りでした。(^_^;)



【浦和レッズ】
◆Jリーグ:26試合 (欠席7試合+無観客試合1試合)
◆ナビスコカップ:6試合(欠席2試合)
◆天皇杯:2試合(全試合)
◆山田暢久引退試合:1試合

計:35試合 ※前年比-12


サッカー日本代表その他
◆キリンチャレンジ(国立/埼スタ):2試合(vsNZL代表/キプロス代表)

計:2試合 ※前年比-1


プロ野球
◆阪神戦:18試合(甲子園・東京D・神宮・ハマスタ・千葉マリン・西武D・福岡D)
◆その他:1試合(日米野球東京D1試合)

計:19試合 ※前年比-5


LIVE
計45公演 ※前年比+6


舞台
計65公演 ※前年比-7


総合計:166本 ※前年比-19



DSC_0178.jpg



やはりというか、前年比でだいぶ減ったな。
いいことだw

というか、要因は土日の仕事が増えたので
サッカーの参戦数が減ったのがそのまま反映されたような結果だな(^_^;)

LIVEが増えたのは「ももクロ」が主要因で、それ以外は前年並みといったところかな?

最盛期で年間総本数が230本超えてたので、
その頃に比べればいい感じで絞りこめてるかな…(それでもまだ多いけどw)


ということで、今年の目標は、、、


LIVE&舞台で年間100本!



出来ればこれ以下で。。。(^_^;)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2015/01/04(日) 23:30:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週末…

先週の日曜日、仕事を終えて午後から今週末開催の国立LIVEのグッズ事前物販のため
東京ビッグサイトに行ってきた。

購入まで3時間並んだ…( ̄∇ ̄|||)


で、購入後、当日同行するノフとファミレスで合流し、しばし談笑。

お互い体調管理に気を付けてLIVEまでの1週間を乗り切ろう!と言って別れた…


のに!?


昨日から鼻水が止まりません…(´・ω・`)


熱発はしていないし喉の調子も悪くはないからまだいいのだけど…

(花粉とは断じて認めない!!!w)


と、そんなわけで今週末は広島戦へは行けないのだけど、
自分はもう一つの戦いに連続参戦してまいります。(`・ω・´)
(いや、土日共に午前中は仕事だけど)



あ、件の問題について、鳥栖戦以降特に何も発してはおりませんが、
浦和の件のことは今後もここでは全てスルーしますのであしからず。

なにより自分が発した言葉が間違った解釈で一人歩きするのが自分は一番怖いのです。
万人に自分の意思を理解してもらえる文章スキルは持ち合わせていませんし、
その発言責任を負うのはまっぴらごめんなのです。
(ここ数日間のネット上の動きをみてて尚さらに…)

またこの件に関連して過去の経緯も含め、なにかといろいろ直面してたりもするので…(汗)


おっと!これ以上言っちゃうとまたツッコミ入るのでここまで…( ̄Д ̄;;


サーセンm(_ _)m



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/03/15(土) 00:06:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【2013総括&2014抱負】サッカー編

ほぼ毎週土日に営業(仕事)が入っていたのに結局シーズン終わってみれば、
浦和レッズの公式ゲームに参戦出来なかったのは2試合だけだった。(^_^;)

ACLも海外3試合共に強行日程ながらも出向くことが出来たし、
地方アウェーも日帰りとんぼ帰りながらも飛んで行ったし、

我ながらよく頑張ったな…と。(・∀・)


正直、リーグチャンピオンを逃したことはすぐに気持ちの整理がつけられたけど、
今季のACL出場権利を逃したことは今でも悔いが残っている。本当に悔しい。
(結果論だけど、リーグ4位でも出場が出来たわけだからなおさらに)

未だに気持ちが萎えたままで今期に挑む自分のモチベーションにも影響が出そうだわっっっ
(とは言え、シーズンイン直前にはいつも通り盛り上がってくるだろうけどねw)

で、ACLが無い以上、リーグだけに特化したシーズンになるわけだが、
クラブも補強は進めているし、ミシャ体制3年目は言うまでもなく
結果そのものを求められる1年となるだろう。そこは言い訳は出来ない。
シーズンオフの今、補強ポイントやレンタルを含む移籍情報が連日飛び交っているけど、
この点については自分は何も言うつもりはない。
監督問題もそうだけど、クラブとサポーターが目指す方向性にブレがない限り、
たとえどのような陣容に変わったとしても『信じてサポートする
それだけ。
極論すればそういうことです。

言い方はヘンかもしれないけど、あくまでも自分は浦和レッズの『箱推し』ですからw

逆に言えば選手個人に対する思い入れとかはなるべく持たないように心掛けている。
いつ敵になるか解からないわけだし、いつ敵チームから心強い味方になるかもしれないのだから。
(無論、大嫌いなクラブはたくさんあるけどなw)


っと、話が脱線してしまったが、
今季、3月からまた長いシーズンが始まるけど、
おそらく、(仕事の関係上)今季の参戦は相当減るだろう。
正直、昨季も相当きつかったっ( ̄Д ̄;;
4月に人員が倍増されてこれで少しは落ち着くかな?と思っていたのだけど、
蓋を開けてみると人員が倍になって仕事量が3倍増になったでござる…(´・ω・`)
特に衆議院選挙後、アベノミクスの景気上昇も反映しだしたし、
何より自民党が政権を取り戻したことによる業界そのものの規制緩和政策と
今のプロジェクトがその上昇気流に絶妙のタイミングで乗っかったことが
更なる成長分野へと発展を遂げ、手掛ける仕事そのものが物凄い変革を遂げたのです。
で、次年度(4月)から更なる次の一手を仕掛けるべく、
今まさにその準備を進めているのだけど、これに正式にGOサインが出ると…(汗)

昨年よりさらに土日に費やす時間が増え、拘束時間が長くなる可能性大…
そうなると必然的にスタに行けなくなる!? Σ(゚Д゚)ガーン

また、これに伴って3月に人事関連もまた大きく変動があるのは間違いないものの、
それがどうなるのか?は、未だはっきりとは解からない。
それでも2014シーズンは(参戦が)相当厳しい1年になることは間違いなさそーです。(´Д⊂グスン

そんな個人的事情が背景にあるものの、
それでも時間のやりくりをして可能な限りの努力は変わらずするつもり。

たとえ参戦出来るゲームが減ったとしても、
スタジアムでは今一度原点に返って全力のサポートに注力したい!

そう思っています!(・∀・)


代表関連については…

ブラジルは無理!これは確定orz
(でも死ぬまでにブラジルには絶対行くぜ!)

あと、実は2月にミラノに行こうといろいろ練っていたのだけど、
訳あってこれも断念…(泣)

こりゃ今年は海外遠征はナシの模様です。。。 ・゚・(つД`)・゚・


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/01/10(金) 22:49:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【2013総括&2014抱負】野球編

昨季のペナント順位2位は納得出来ても、
CSで3位広島に甲子園で連敗したのがもうね… ・゚・(つД`)・゚・

シーズン入る前は多彩な補強でwktkだったけど、
それが蓋を開けてみたら、福留が故障で使い物にならず、
新外国人コンラッドはどこいった?状態…( ̄∇ ̄|||)
結局1番西岡の加入と2番大和の成長だけが機能して他は何も変わらず…
先発陣も大物ルーキー(藤浪)に頼らざるをえない中、
ロートル中継ぎ陣(安藤・福原・加藤)が踏ん張ってくれたからなんとかなったものの、
ストッパー久保の大誤算に岩田・榎田の故障もあって、ローテにまったく余裕のないままシーズン終了。

終わってみればやっぱり?なんだかなぁ…な1年でした。(´Д⊂グスン


んで今季、まさか和田(監督)がもう1年やるとは夢にも思っていなかった( ̄Д ̄;;

大した補強も進んでいないし、ストッパーに大金叩いて(球団初となる)韓国人獲っちゃったし、
新しい大砲(新外国人)もドラフト新人も未知数だし、
藤浪も2年目のジンクスが打ち破れるか?試練の年となるだろうし、
FA久保の人的補償が鶴岡って、、、これ以上捕手取ってどーすんの?!
まったく良い話題が何もない…orz
(ってか、先発の頭数が足りてない現状をどーすんの?!)

で、さらに追い打ちをかけた話題がこれ(↓)


阪神専属チアガール36年ぶり復活へ
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131218-1232963.html



あかん…完全に萎えた…_| ̄|○

1978年の悪夢を忘れたのか…( ̄Д ̄;;



いずれにせよ、サッカー同様、野球の観戦数も今年は大幅に減ることになるだろう。
(去年は22試合)

それでも、Aクラスだけはなんとか死守を!

あと、最低一度は甲子園に行けますように。。。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/01/10(金) 22:31:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。