Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリシミマス…orz

12月24日と25日は仕事に忙殺されてクリスマスムードなんて欠片もない、そんな夜を過ごす予定だった。

だったはず。

オレの中では今年のイベントは23日の『ももクリ』で全て終わっている、

確かそのはずだった…。( ̄Д ̄;;


そ、それが25日にまさかこんな展開が待ち構えていたとは!? Σ(゚Д゚)ガーン


24日の聖なる夜が訪れるまではまったくの平穏な夜だったのに…(´Д⊂グスン


ということで、24日夜から25日にかけての
オレにとっては涙ちょちょぎれの心の中が大パニックを起こした出来事を
ちょっとまとめて語ってみる。(´・ω・`)



遡ること、3日前。
12月24日の夜の出来事。
仕事を終えて真っ直ぐ帰宅して風呂入ってblog更新し終わって
そろそろ寝ようとしていたその時!携帯が鳴った…。あの人から…(((( ;゚д゚)))アワワワワ

『明日来るんでしょ~?』


・・・( ̄∇ ̄|||)


実は召喚礼状(クリスマスチケット)が前もって送られてきていたのだけど、
行く気はまったくなかったのでそのままシカトしてたw

なもんだから、そろそろメールでの催促?確認?メールが届く頃だとは思ってはいたのだけど、
まさか営業時間中に電話してくるとは…( ̄∇ ̄|||)

で、仕事早く終わんないし、料金高いし、わざわざクリスマス当日なんかに行くのもあれだしで
断ろうと思ってたのだけど…



断りきれませんでした… 。・゚・(ノД`)・゚・。

(明かせないけど、実はある弱みを握られていて
それを持ち出して半ば脅しのような?サディスト攻撃を受けた)


しかし、、、

『そのチケット記載の金額ポッキリで追加はいっさい貰わないから安心して♪』
『サンタコスプレのかわいい子いっぱいだよ~~~♪おにぃさ~~ん♪♪』


って、道端の呼び込みオヤジのようなそのトークはいったいなんなんだよwww


そんなこんなで、仕方なく?12月25日は急遽(元)相方さんの店へ行くハメに…(泣)
(ちなみに来店は2度目です)

そして当日(12/25)。
23~25日はクリスマスイベントということで、
店内は内装もガラっとクリスマス仕様に替えて至る所にサンタコスプレの嬢だらけ?!
(ちなみに彼女は普通のスーツ姿でサンタの帽子だけ被ってたw)

がっ!?


21時すぎくらいに入ったのだけど、店内はほぼ満席で大盛況?!
クリスマスにキャバクラに行く野郎がこんなにいるのって、どーなのよ?!
ってか、来店客が少ないから助けて~~って言われたから無理して来たのに…

もしかして、、、騙された???(´・ω・`)


ガチムカしたので盗撮したった(・∀・)ニヤニヤ
(うそwちゃんと許可もらったw)


NEC_0534.jpg




で、特に指名嬢もいないので、
適当に空いてる子呼んで(但し支配人だけは絶対寄越すなと念を押すw)って
トナカイの着ぐるみ姿の黒服に伝えたら、、、やって来たのが…なんと偶然にも?!



モノノフ嬢だったwwwwww



実はこの子、以前にヤツの自宅で一度会っている。
もちろんその時はそんな話はお互いしてなかったのだけど、
一応顔見知りなので気軽に話しかけられたわけ。
「この間はどうも。いや、風邪引いちゃってさぁ~~体調悪いんだよねぇ~~」
なんて話から切り出した(これは事実w)ところ、
「どうしたんですか?」って聞かれたから、思わず、

「一昨日西武ドームまでコンサートに行って寒い中に6時間もいたからすっかり体調崩しちゃって…さ(苦笑)」

と言ったら、

『あ~~~~~!ももクロちゃん!!!わたしも行ってたよーーーー!!』

「まじかwww」

『まじまじwww』


ここから場もわきまえず「ももクロ談義」が延々と続く(笑)
しかし、前に元カノも言ってたけど、
なぜか?ももクロ好きの水商売の女の子って多いらしいんだよね。
(ひたむきな姿になんか励まされるらしい。なんとなく解かるw)


んで、その会話は楽しかったから別に良いのだけど、問題は、

この子、下戸で酒飲めないからと、やたらソフトドリンク(一杯2000円だぜ?!)を頼むんだけど、

そのたびに、オレに向かってこう叫ぶ(↓)

『ジュースおかわりいいですかぁ~~~~♪ ももいろクローバ~~ジェット!』


くそっくそっ!www 玉井さんwww


目の前でこれをやられたらダメって言えないじゃんか… これは卑怯だ… 卑劣すぎるwww


※モノノフしか判らないネタだけど、元ネタ(曲)はこれ(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=Xk6uI2TwHmU
(この歌の一番最後のセリフ、4分53秒あたり)



っと、ここまでは単なる笑話。いわば余談・前フリです。
(この子とは他にも突っ込みたい話はいろいろあったのだが
それは本題から逸れるのでこれ以上は割愛)


さて、前記事でネタフリした通り、
ここからが心の修羅場的なショッキングな話に移ります。



話遡って、25日の昼間。

仕事中。

プライベート携帯に1本の電話が掛かってきた。

実娘からだった。

これまたちょっと言えない諸事情があって近くまで来てるので会いたいと言うので
会社の最寄駅前のカフェで待ち合わせして会った。

そこでいろいろ近況を話したうちの一部…(↓)

『ねぇパパさんってさ、キャバクラって行ったことある?』

「え?!そりゃ仕事の接待とかで2、3回は行ったことあるよ」←大ウソw

『ふ~~ん。そうなんだ。実はうち、今キャバクラで働いてるんだよねぇ~』



話を聞けば、同棲中で失業中の彼氏(フリーター)を食わすため、
昼間働いてさらに夜週3くらいでキャバ勤めしているらしい(汗)

「そんなに金に困っているのか?!」

『ううん。昼間の仕事だけで食っていけないってわけじゃないけど、貯蓄したくてさ』
『だから無理が出来る今のうちに頑張って稼ごうって思ってさ…』

ヒモ同然の男と同棲して暮らしてるから
もしかしてエネミー入ってるのか?とちょっと心配したけど、
でもいろいろ腹割って話してみるとそうでもなさそうだった。

とりあえず、「あまり無理はするな」としか言わなかった(それ以上突っ込むわけにもいけないので)けど、
しかしまさか自分の子が水商売してるとはなぁ…
そんなこと夢にも思っていなかった…わ( ̄Д ̄;;

まぁ、でも、全然知らなくて店でバッタリっていうマンガ的な展開にはならなくてまだ良かったかな(苦笑)
ってか、前カノのおかげで?あの業界の厳しさは知ってるので
夜の接客業は人生経験の上ではけしてマイナスにはならないと自分は思ってます。
(むしろ男を見る目をもっと養え!と娘には言ってやりたいw)


さて、話をまたまた戻そう。

再びキャバクラ店内。

しばらくして(元)カノがオレの元へやってきた。
(モノノフ嬢はここで退席)

開口一番!
『来てくれたから特別にフルーツの盛り合わせ付けてあげるね♪』

いや、ちょと待て。
確か電話で「ポッキリ」って言ってたよな??
確かに自分の分は何飲んでも飲み放題だけどさ、
嬢が頼んだドリンクは別料金ってどういうことだよーー?!

『あら、女の子に頼まれても別に断ればいいんだよ?それはあなたの意志で頼んだんでしょ?(笑)』


・・・。

断れるかーーーーーーっ!インチキやないかーいっ!!ヽ(`Д´)ノ


『まぁまぁ、せっかくのクリスマスなんだから楽しく飲みましょ♪』


なんか、、、ずっと騙され続けてる気がする…(´・ω・`)ショボーン


『ところで、最近なんか変わったこととかってないの?』


いきなりそう聞いてきたので、これまたよせばいのに、
昼間に娘と会った時のことをついポロっと喋ってしまった。(正直、酔ってましたorz)

すると(元)相方さん、途端に目を輝かせて迫ってきた!! Σ(゚Д゚)ガーン


『ちょっとちょっと!そういうことならもっと早く言ってよ~~!』

『今度連れてきて~~!悪いようにはしないからさ、わたしに預けてよ♪』




全力でお断りします!(`・ω・´)シャキーン



『なんで~~??いいじゃん~一流の接客を手ほどきしてあげるわよ~♪』
『それにここならあなたもむしろ安心でしょ?(笑)』



そんなおいしいこと言ったって、もう騙されないぞ!(#゚Д゚)ゴルァ!!

おまえ、オレのこと、娘にあることないこと全部ぶちまけるつもりだろ!!!



『うん(笑)』




金輪際、きっぱりとお断りします!!




『なんで~~~!こんな楽しい修羅場ってないじゃ~~ん(笑)』


結局この後も終始この調子が続き、いったい何しに来たのやら…( ̄∇ ̄|||)
(しかもきっちり追加料金も請求された)


いろんな意味で修羅しゅしゅしゅっ 


そんなクリシミマスでした。。。 ・゚・(つД`)・゚・



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/12/28(土) 00:28:12|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とうとうこの日がやってきた…(汗)

2013年9月。

4年の月日を経てついにヤツが帰って来た…( ̄Д ̄;;


そして、紆余曲折あったものの

10月某日、都内某所、
念願の?!新規オープン!(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


それから1週間後、

オレ初来店…(^_^;)

黙って行ったったwww
飛び込みの新規客を装ってご来店!(・∀・)ニヤニヤ


ここからその時の話です。


新しい店はキャバのようなクラブのような…う~~ん…
クラブに近い?シックなイメージ、
それでいて場相場としてはリーズナブルな価格設定。
(料金体系はキャバ方式)

ソファー席に通されすぐに一人の嬢が席に着いてくれた。
20代(後半?)のストレート黒髪ロングの女の子。
源氏名は栞(しおり)ちゃん^^
ドレスではなく超ミニのタイトスカートから伸びる足がめっちゃ美しい!!!
それを肴にして?最初は世間話というか、他愛の話で普通に楽しく飲む。

で、席に座って30~40分経ったが、ここまでヤツは視界には見当たらない。
たぶん、店奥の事務所内にいるのだろう。

よしよし、そのままもうしばらく出てくるなよ(笑)

安心してか?調子こいてシモネタに突っ走るオレw
軽くかわしながらも話には嫌がらずノッテくる"しおりん"(笑)
徐々に盛り上がってきたーーーー!


っと、そのとき!!

ソファー席横の通路を通り抜ける見覚えのあるシルエット!
黒のミニタイトにブラウス&ジャケットのスーツ姿の女性が自分の横を通り抜けて行った!!
後姿ではっきりわかる!ヤツだ!!

『やべっ!』

心の中でそう呟いたのがまるで聞こえたかのように?
それと同時に、ヤツが何気に後ろを振り向いた! Σ(゚Д゚)

と、振り向くと同時に一瞬にして目が合った!

『はぁ~~~?!』

そんな顔してる(元)相方さんwww

『よ!』

軽く片手を上げてそれにこたえるオレ(笑)

隣でしおりん、きょとんとしてるw


『ちょっとぉ!そこでなにやってんのよ、いきなりーー!!』

「いや、なにって、飲みに来たんだよ(笑)」


『来る前に連絡くらいしなさいよ!もうっ!!』

「いや、仕事長引いて芝居観に行けなくなったから帰りがけにちょっと寄ってみたんだよ…」

『あー!なんかさっきから悪寒がすると思ったら、原因はここだったのねー。』

「それ、なんていうセンサーだwww」

『今、いろいろ敏感になってんだから!ビックリさせないでよ!ばか!!』


そんなやりとりを茫然とただ眺めていた栞ちゃん、

『あの、、、お2人はお知り合いなんですか?』

と。


すると、ヤツが言った。


『あぁ、栞ちゃん、ここはいいわ。』

『この人いろいろ面倒くさい人だから。わたしが相手するから。下がっていいわよ』



Σ(゚д゚lll)ガーン


ちょwwwおまwww勝手に下げるなwww

『お邪魔しましたぁ~~♪』byしおりん


行くな~~しおり~~~~ん!!(TдT)


『うるさい!出禁にするわよ!』


…(´・ω・`)


で、ここからなぜかお説教タイム…( ̄∇ ̄|||)


『だいたい、なんでオープンしてから1週間も経つのに一度も顔出さなかったのよ!

「いや、いろいろ予定が立て込んでいてだな…」
「それより面倒くさい人ってなんだよそれ!」

『そんなの知らな~~い。ホントのことじゃん(笑)』

『だいたいさ、普通はさ、オープン初日に顔出してくれるもんよ。』
『わたしの昔からのお客さん、みんな来てくれたよ。お祝いしてくれたよ』
『ここまでシカトしてたのって、あなただけ!ある意味凄いよね~~』


「だろぉ~~~(・∀・)」

『調子にのるな!』 ←引っ叩かれたw


でもな、なんか一方的に悪者にされてるけどな、
こいつの引越の手配やらなにやら全部やってやったの、オレだからなwww
ってか、オープン日に来なかったって文句言われたけど、その前日会ったじゃねえかwww

まったく、、、
都合の悪いことはすぐ忘れるところはまったく変わってない…(TдT)


結局、文句言うだけ言って30分くらいで席を立って自分の仕事にまた戻っていったけど、
席を離れるときに
『今度来る時は取引先の方とかお連れになってね!』ってさ。

裏を返せば、一人では来るなということか…( ̄Д ̄;;
いや、自腹じゃ高くて行きたくないけど…w


と、そんなわけで、

とうとう東京に帰ってきちゃった…

というご報告。(´・ω・`)





注文しろと言われて無理やりオーダーさせられたカクテル
『○○(ヤツの源氏名)スペシャル』(↓)


NEC_0532.jpg



これ1杯で埼スタでビール5杯飲めるわっっっ 高っっ・゚・(つД`)・゚・





テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/10/26(土) 22:06:41|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

本日・・・

昨夜の激闘の疲労を引きずったまま早朝に自宅を出たのだけど、
その通勤途中にサポ仲間からメールを頂いて一度は認識したものの、
出社すると昨日午後から仕事を投げ出したツケが全部廻ってきて
終日ドタバタ続き…( ̄Д ̄;;

結局帰宅するまでそんなことはすっかり忘れてしまっていた。

で、先ほど帰宅して郵便ポストを覗くと、1通の封書が届いていて、
開封してみるとメッセージカードが!?


くそっっっ そーきたか!?(|| ゚Д゚)


(元)相方さんからだった。。。


っと、ここで、そーいえばそーだったんだ!と、他人事のように思い出した次第。

要は、まったく何もなく1日が終わったということだ・・・orz


で、それは別にどーでもいいことなんだけど、
この(元)相方さんから送られてきたカード、
手書きのお祝い?の言葉が寄せられていたのだけど、
その文末に付け足しで書かれていたこの謎の?メッセージ。(↓)
  

      『今度はホントに決まったよ~』(むふっ)



本日、記念すべき誕生日

のはずが?!


それは悪夢の始まり?へのカウントダウンが再び動き出した日にもなった・・・


こ、こわいよぉ~~~~~~(TдT)





  1. 2013/04/26(金) 00:19:52|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しゅらしゅしゅしゅ・・・(TдT)

昨夜、久しぶりに電話をした。
それも珍しく自分の方から…。

そう、札幌にご在住のあのお方に・・・(汗)

『あれ?どーしたの?珍しいじゃん(笑)』

電話の向こうで驚いてる様子・・・( ̄Д ̄;;


『今さっき「雪まつり」から帰ってきたところだよ~♪』


日曜は休みのはずだから、この深夜の時間は在宅だと、
そう踏まえてこちらから連絡を取ってみたのだが、
どうやらタイミングはドンピシャだったようだ。←後に激しく後悔することになるorz

で、電話した用件はただ一つ。

3月の札幌遠征の件だw

いや、たぶんJリーグの日程なんていちいち気にしてないだろうし、
まだ知らないはずだと思って…。

実は、このまま知らないうちにバックレて、向こうが気付いた時には
もう終わってました~♪的なことが脳裏を過ぎっていたものの、
でも、バレた後に半殺しにあうのは目に見えているわけで…
それで仕方なく・・・言いたかなかったのだけど…一応電話してみたわけ(汗)


『Jの日程が決まってさ、3/24が試合になったんだけどさ…』

『あら、ずいぶん早いのね?!  で?

あくまでも自主的に?自分の方から申し出ることを即そうとする策士さん( ̄Д ̄;;


『あ、いや、だからね、どーしよっかな~~って思っててさ……』

『どうもこうもないでしょ~~(笑)なに言ってるのよwww』


やべ・・・( ̄∇ ̄|||)


『いや、あのね、、、やっぱ、営業してるんだよねぇ…土曜日だもんね…』

『あったりまえでしょっ!オールナイトだわよ(笑)』
『判ってて聞かないでよね!』


『やっぱそうだよねぇ~~』。・゚・(ノ∀`)・゚・。

『うん。楽しみだねぇ~!待ってるわん♪』



電話の向こうの明るい声に これ以上なにも言えなかった…il||li _| ̄|○ il||li


もう土曜日最終便の予約してあるってのに・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


逃げ切る自信が木っ端微塵に吹っ飛んだ昨夜の自分的脳内修羅場でした・・・( ̄∇ ̄|||)





つ・づ・く (のか?)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/02/07(火) 00:53:59|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真夏の夜のキャバクラ恐怖体験…w

暖めすぎてすっかり忘れていたネタなのだけど、
ようやく上げる機会が訪れたので今更ながらに…(^_^;)


夏頃のことなんだけど、
久しぶりにキャバクラに行ったときの世にも恐ろしい出来事…。( ̄Д ̄;;


その日は夕方に横浜(関内)で仕事を終えて同僚とそのまま飲みにいき、
程よくアルコールが回ったところでさらに2軒目へ。
かなり酔っていたこともあり、必然的に?
「おねえちゃんがいるお店」へと、同僚共々なだれ込んだという流れです。

で、ここで何があったかというと、
ウソのような?奇跡的な偶然2つも重なって、
オレは軽いパニックに陥ってしまったのだった…( ̄∇ ̄|||)


まず1つ目

店員に案内されてソファー席に通され腰掛ける。
キャスト嬢がやって来るその間、
きょろきょろと周りを覗っていたオレ。 ←初めて入った店だったから
すると少し離れた通路を通り過ぎる嬢と偶然目が合ってしまった!
気まずかったので、瞬時にオレは視線を逸らしたのだが、
何を思ったのか?その嬢はツカツカとオレたちの方へと駆け寄ってきたのだった。

ん??

徐々に近寄ってくる嬢、ここでもう一度その彼女と視線を合わせたのだが、
自分の記憶に無い顔だったので、これはもしかしてオレではなく
隣りの同僚のことを見て駆け寄ってきたのか?と、オレはそう思ったのだが…次の瞬間!


『○○さん(オレの本名)ですよね?』


えっ?!あ、そーですけど…??(えっ?!オレ???)


『やっぱりぃ~~~!お久しぶりです~~♪』
『わたしのこと覚えていませんか~~??』



・・・・・(汗)


ぶっちゃけ、知らんw

憶えてないわい!!( ̄Д ̄;;

だがしかし、あれ?どっかで会ったことあったっけ?

記憶を思い巡らすもやはり思い出せず、一人アタフタとしていると、
ここで嬢曰く、

『川崎の○○で二度ほどお会いしたじゃないですかぁ~~~』


・・・・。そう言われ、ここでもう一度顔を覗き込んでよぉく見ると・・・

思い出した!!!


あーーーーーーーーっ!!!○○のレイコちゃんかーーーーーーっ!!!


『ピンポーン!お久しぶりですーーーー!』


いやぁ~~ビックリしたっっっ!
その嬢は3年ほど前に入ったことがあるキャバクラで2度ほど席に付いてくれた嬢だった。
(1年ほど前に川崎から関内のこの店に移籍したらしい)
あれ以来川崎には行ってないし、連絡も途絶えたきりでフェードアウトしていたのだけど、
まさかこんなとこでまた出会うとは?!(|| ゚Д゚)ガーン!!
もうすっかり忘れてしまっていたし、当時とメイクやヘアスタイルも全然変わっていたから
まったく気付きもしなかったのだけど、
しかし、向こうはよく憶えていたよなぁ。。。
別に指名客でもなかったし、たまたまフリーで席に付いてくれただけなのに…(汗)

よく覚えていたね?

『憶えてますよぉ~~!この仕事初めて間もない頃に2度もお相手させてもらって
いろいろ教えてもらったことも多くて今でも印象深い人のままですよ。』



これは営業?う・ま・い・・・な(笑)

でも、名前までしっかり覚えているとは、、、

キャバ嬢すげぇなwww

と、そんな流れ?で、この子がオレの席に着くことになり、←店に頼んで強引に席にやってきたw
さらにもう一人、同僚のお相手嬢もやってきて4人で飲み始めたのだった。

まぁ、雑談?シモネタ?そんな類の話で一通り盛り上がり、時が流れ・・・

っと、ここで2つ目恐怖体験!


レイコちゃんが何気に呟いた。

『あ、美咲ちゃん(もう一人の嬢)は今年の4月に北海道から出てきたばかりなんですよ』

「へーーー。すすきの?でもやってたの?」同僚が彼女にそう尋ねる。

『はい。向こうで1年ほどやっていて、今は横浜の専門学校に通ってま~す♪』(美咲)

さらにレイコちゃんが言う、

『そういえば、○○さん(オレ)、
札幌でお知り合いがお店始めたって前におっしゃってましたよね?』


えっ?!オレ、そんなこと言ったっけ??
ってか、そんなことまでよく覚えているよなw(記憶にないが言ったのは間違いないのだろう)

『なんていうお店ですかぁ~?わたしがいたお店かも?(笑)』(美咲)
『もしかして、○○っていう店ですか?なぁんてw』(by美咲)

「いや、違うよ(笑)そんな偶然あるものか!w」

『なぁ~んだ。でもよかったぁ。あそこの店長、きつくてまじ勘弁でしたもん…』

「ははは(笑)苦労してたんだね。
あ、オレの知り合いはそこじゃないけど、
今も○○ってところで店の支配人やってるよ…」

そうぼそっと呟くと、


『えーー!?それってもしかして、○○さんのこと??』



ブーーーーーーーーーーーッ 

盛大に水割り噴いたwww


ちょwww、なんで○○(元相方さん)を知ってんだよwww


『友達がそこの店にいて、よく話に出てきましたw』
『あ、一度だけ会ったことありますよ。オーラビンビンですよねぇ~~(笑)』



まじか…( ̄∇ ̄|||)


恐すぎる偶然… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


何気に初めて入った店で偶然目が合い、憶えてない女に声掛けられ、
さらに札幌のネタを振られ、ここで元カノの名前が出てくるなんて…(汗)(汗)(汗)

真夏なのに背筋が凍りついた夜でした…。(TдT)



っと、昨日、
そのオレの知り合いが札幌でやってる○○から帰ってきましたw
盛大な?オーラビンビン嬢の生誕祭?!

はい、強制参加です…。・゚・(ノ∀`)・゚・。


一度でいいから「彼女いるから行かない!」ってはっきりと断ってみたいよ…(´Д⊂グスン



兎にも角にも、○○歳おめでとうさん!!




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/10/18(火) 23:36:12|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台風一過!…だが、北から新たな台風襲来の予感…(ガクブル中)

昨日の台風の影響(交通麻痺)はその間残業していたから自分にはまったく関係なし。
帰宅もスムーズで結果的に23時すぎまで社内に居残ったのは正解ではあったけど、
でも台風が来る来ないに関係なく最初からその予定だったので
ちょっと複雑…ってか、むしろ迷惑だった( ̄Д ̄;;

自宅に帰れないヤツが社内にたむろして、傍で宴会始めたもんだから
何度もその誘惑に負けそうに…(汗)
いや、負けそうにじゃなく、結果的に(誘惑に)負けて
途中からビール片手に残務処理してたけどさ…(^_^;)

社内にビールの自販機を置くのはやっぱり良くないですぞ!? > 総務
(ちなみに自販機2台とも早々にALL売り切れになっていたw)


さて、明日からまた3連休♪
昨日、今日と遅くまで仕事しているのは今週は3勤だからv
とりあえず終電で帰って明日は夕方頃までゆっくりカラダを休めよう。( ̄ー ̄)
(明日は夕方から下北沢へ観劇)

で、実は明日9/23からその後10/18まで、26連チャンでいろいろ予定が入っている。
勢いで入れてしまった…( ̄Д ̄;;

涼しくなってくるから体力的には問題ないだろうし、
別にいつものことだから焦ることでもないのだが、
でもそれよりももっと大問題なことがあって…(汗)


10月と言えば…?(大汗)

しかも今年は当日が日曜日?!休みの日!?(|| ゚Д゚)ガーン!!


前日の土曜日に向こう(店)で盛大にドンチャンやって、
当日となる日曜日にこっちにやって来て泊まりで火曜の朝まで滞在するとな?!

『フン♪フン♪フ~ン♪♪』

と、電話の向こうで鼻歌混じりにそう予定だけを告げられたものの、
でもそれ以上のことは一切何も言わず・・・

これは、『わかってるよな?な?』『カラダ空けとけよ』の無言の圧力か?!


な、なにを企んでる?!(((( ;゚д゚)))アワワワワ


昨日の台風直撃よりも100億倍の"恐怖パスカル"に、


ただいま絶賛怯え中・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




余談

『コンサが調子いいよね~~~♪』

『がんばれ~~~!』


受話器の向こうできゃーきゃーはしゃぐ声に自分、

(コンサが上がってくるなら)

"来年J2に落ちてもいいかな"と、ちょっと思ってしまった。。。(ごめんなさいw)





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2011/09/22(木) 21:35:41|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最初から仕組まれていた?悲惨だったバカンス・・・orz

4日ぶりの更新です。
随分と休んだ気もしますが、あっという間の?バカンスでした・・・(^_^;)

えっと、既にお気付きの方も多々いらっしゃると思いますが、
急に誘いを受けて1年ぶりに"北の大地"の方へと・・・(正確には呼び出しw)

いや、夏休みなのに予定がないと呟いたら、だったらたまには『こっちに来い!』と、
あの御方に言われ、その流れで・・・( ̄Д ̄;;

どうせこっちに居てもやることもないから まっいっか・・・ということで、
今回は進んで?その誘いに乗ったわけなのだが・・・

またしても甘い誘惑(悪魔の誘い)に乗った自分がバカだったということで・・・orz


月曜午前便で札幌に赴き、そこから車で石狩へ。
(元)相方さんと、お店の子2人、(←初対面)
3人の嬢のお供といいますか、まぁ、
旅費(エア代以外)は全部出すから雑用全部やれという条件だったのだけど、
ちょっとくらいは美味しいことあるかな?ムフフと、wktkして乗り込んだものの、
これがまったく旨みなし・・・(TдT)
車の運転から荷物持ち、買出しに夜明けの酔っ払いの介抱まで、
散々こき使われまくった3日間・・・(;つД`)

オフの嬢たちって、どうしてあんなにワガママなの・・・?!( ̄∇ ̄|||)

ちなみに、同行した嬢(2人)の地元が石狩で、穴場の温泉とか料亭に連れて行ってもらい、
最後にスパ・リゾート行ってリフレッシュ出来たのは良かったものの・・・
でもその3倍は疲れた・・・な。(汗)

そんなわけで、あまり面白い話もなく、
(元)相方さんとも先日東京で会ったばかりだったので再会の懐かしさもそれほど感じず
おまけに天候も最悪で何しに行ったのか?よくわからんままに帰ってきたのでした・・・(^_^;)


あ、全然というか、自分的にはまったく面白くもない話なのだけど、
合流してすぐの車中でこんな会話があった…

嬢の1人から、『どうして○○さん(彼女)と別れちゃったんですか~?』と、
いきなりその話題に触れられたとき、すかさずヤツが・・・

『この人、ひどいんだよ~~!わたし、フラれちゃったんだよ~~!!』
『だから東京離れて1人で札幌に来たの・・・ぐすん』


(|| ゚Д゚)ガーン!!
ちょwww な、なんてことを・・・ちょっと違うだろっおいっ!

オロオロするオレの隣で泣きマネするヤツを見て、2人の嬢たちから一斉に!

『え~~~~~~~!ありえな~~~い!!』

『札束積んで付き合ってくれって言い寄ってくる男がいっぱいいるのに~
その○○さんをフった男がこの世にいるなんて信じられない!!!』

『もう、全道民を敵に回したねwww』

『帰ったらお店に"手配書"張っちゃおうよ!「この顔にピンときたらフルボッコ」ってwww』



あ、いや、ちがっ・・・(((( ;゚д゚)))

後ろの席で2人からボロクソに言われ、たまらず助けを求めようと隣をチラッと横目で見たら
ドヤ顔でこっちを見てる(元)相方さん・・・

や、やられた・・・( ̄∇ ̄|||)

この後初対面なのに情け容赦なく嬢2人に散々こき使われたのは
全てはこの時点でヤツに仕組まれていたってことを
帰りの飛行機の中で気付いたのだった・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


やっぱ、バカだ・・・il||li _| ̄|○ il||li




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2011/08/19(金) 03:11:49|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。