Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやくの?オーストラリア遠征記(と、呼べるほどのものではないけど…w)

まとめる時間がなくて、やっつけ仕事です(^_^;)

だいぶ端折ってますが、とりあえず記録用として…。


ACL2015 vsブリスベン・ロアー①
http://shigezoo.at.webry.info/201505/article_1.html


ACL2015 vsブリスベン・ロアー②
http://shigezoo.at.webry.info/201505/article_2.html



DSCF5699_20150529002722a28.jpg




スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/29(金) 00:28:34|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ACL2015vsブリスベン・ロアー】海外勝利で終わる!

ACL2015最終戦。

既に予選敗退が決定していたので、消化試合ではあったけど、
最後に勝てて本当に良かった^^

このスタメンで敵地で、危なげないゲーム内容、
この程度と思える相手になぜホームで敗れたのか?本当に解せない(苦笑)



DSCF5752.jpg



まぁ、結果論だからそのへんのところは置いといて、
ぶっちゃけ意味のない?試合に、キックオフまでは意気が上がらなかったけど、
でも、そこはやはりACL!こんなところまで来たのだから
"勝って気持ちよく帰りたいではないか?!"と、
やはりそれなりに気持ち高ぶって声を出す自分がそこにいた(^_^;)

でもね、、、

なんというか、物凄く楽しかった!!
選手が真剣に勝とうとして闘っていたのはプレーから伝わってきたけど、
いつものと違う感覚というか・・・
そう、悲壮感というか、"絶対に勝たなくてはいけない"というプレッシャーがないから
逆にサッカーそのものが楽しく感じられたのだと思う。
プレッシャーはないけど、でもプレシーズンマッチなんかとはまた違うんだよな。
やはりプレッシャーはなくともACLの海外アウェーで公式戦、
こんな遠くの異国の地まで追いかけてきたという意地、サポの数も少ない、
その中でレッズの選手を応援するのが本当に楽しく感じた。
真剣の中の楽しさだ。選手も諦めることなく最後まで勝利に拘って闘ってくれたしね。

なんかうまく言えないけど、心に余裕がある応援は本当に楽しい~~!
そんな感じです(^_^;)

だから、ゴールドコーストまで行って本当に良かった!
こういう経験が出来ることがサポやってて良かったなって実感できた…

そう思えた遠征でした^^

無論、海外で勝った!というのがあってのことだけどね(笑)


DSCF5756.jpg

DSCF5757.jpg



以下、スタジアムでのいくつかの出来事

①自分の後ろの席に中国人のサポが来てた。
試合前に仲間が何気に話しかけたら、日本語がまったく通じなかったので、
ハーフタイムに「ふろむちゃいな?」って尋ねたらイエス!フロムシャンハイ!だって。
レッズのレプリカ着てるし、レッズコールや英語歌詞のチャント(大脱走やPOU)を手拍子しながら歌ってるし
ウイダイは全部大声で歌ってるし、冷やかしではなくガチのサポだった(笑)
帰る時に固く握手して別れたけど、なんか不思議な青年だった。
ってか、なぜここに??www

②AFCの役員?のおばちゃんがゴール裏に紛れ込んできたw
なんか通路に突っ立ってたので、仲間内が招き入れて席空けてあげて、後援会が配ってたL旗あげたら、
ゲラゲラ笑いながら一生懸命振ってたwww
終始ご機嫌でずっと笑いながらも楽しそうで、マフラーも巻いてサポ席の応援を試合中ずっと楽しんでいて、
おばちゃん見てるだけでなんかすげぇ~~和んだ(笑)
しかし、AFCのポロシャツ着てバッチつけてたけど、なぜここに来たのか?
これも不思議だったな…w

DSCF5755.jpg


あ、おばちゃんに接待攻勢して手心(これに勝ったら勝ち点10頂戴とか来年も出れたら浦和だけ予選免除とかw)を
加えてもらおうという下心があったのは内緒だwww


DSCF5758.jpg



レンタカーを借りた時の現地スタッフの人(日本人)が地元の子供たちを引き連れてスタジアムに観に来てくれた。
20年間ずっとゴールドコーストにいるらしく、Jリーグ元年の年まで日本にいたそうだ。
空港で車を借りた時に「浦和レッズは最近どうですか?」と聞かれたので、
「おかげさまでリーグ戦は今首位なんですよ。ちなみに2位はガンバです」って答えたら、ビックリしてた(笑)
「20年前、Jリーグのお荷物クラブと言われてた2チームがwww首位と2位ってwww時代の変化を感じますwww」
確かにな(笑)
で、試合後こんなメールが来たのだけど、、、
「浦和レッズの応援が凄くてビックリしました!周りにいたオージー連中も目を丸くしてました(笑)」
「子供たちも大興奮してましたよ!ブリスベンより浦和レッズが大好きになったみたいです」
「これからもネットでチェックします。頑張ってください!」



こういうのも、なんか、有難いなぁ~~~~♪



AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD6

ブリスベン・ロアー 1-2 浦和レッズ

◆試合データ ───────────────────────────────
会場:ロビーナ スタジアム
開始時刻:2015年5月5日(火・祝) 現地時間19:00キックオフ(日本時間18:00キックオフ)
天候:晴れ
観衆:5,941人
【得点】:24分 興梠慎三、57分 武藤雄樹、70分 アンドリヤ カルジェロヴィッチ(ブリスベン)



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/07(木) 23:36:14|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【ACL2015vs水原三星ブルーウィングス】終戦…。

負けた悔しさよりも不甲斐なさの方が上回って、

なんか、もう、申し訳ない気持ちでいっぱいです。(´・ω・`)


試合後、水原の選手がハーフラインに一列に並んで
こちら側のゴール裏に向かって挨拶のお辞儀をした時には
(激励の意味を込めて)自然に拍手をしたけど、これほど情けないことってないよな…(苦)

何言っても言い訳にしかならないし、
今は「これを糧にして…」としか言えないや。


残るJの3チーム、とにかく頑張ってください。
(悔しいけどACLだけはまじで健闘を祈ります…)



あぁ、、、GWの豪州遠征の主目的(ゲーム)が、これで、
ただのアクティビティ・メニューの一つになっちゃった…(TдT)



DSCF5599.jpg



AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD5

浦和レッズ 1-2 水原三星ブルーウィングス

◆試合データ ───────────────────────────────
会場:埼玉スタジアム
開始時刻:2015年4月21日(火)19:30キックオフ
天候:晴れ
観衆:13,924人
【得点】:69分 ズラタン、74分 コ チャウォン(水原三星)、89分 カイオ(水原三星)



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/04/22(水) 01:35:05|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ACL2015確定!ついでに手配完了w

ACL2015の組合せが確定した。


グループG

1.ブリスベン・ロアーFC Brisbane Roar FC(オーストラリア)
2.浦和レッズ(日本)
3.水原三星ブルーウィングス Suwon Samsung Bluewings(韓国)
4.東地区プレーオフ勝者4(中国/タイ/マレーシア/インド)



日程】(※非公式)

2/25(水):水原(A)
3/04(水):ブリスベン(H)
3/17(火):プレーオフ勝者(A)
4/08(水):プレーオフ勝者(H)
4/21(火):水原(H)
5/05(火):ブリスベン(A)





ん~~~~、、、まぁまぁかな。(^_^;)

事前に希望予想した3つのうち当たったのはブリスベンだけだけど、
韓国の水原とFCソウルじゃどっちでもよかったし、
あと一つ、タイのバンコクグラスが勝ち上がってきてくれればそれはそれで面白いし…
(逆に北京は環境汚染が極悪だから行きたくない…けども)


正直、グループHでもGでもどっちでもよかった。
グループHが死のグループと言われているけど、それほど組み難い相手じゃないし、
むしろ初戦から全試合全力で戦いにいけるからそれはそれでいいかも??なんて思ったり…
でもまぁ、HよりGの方が戦い易いのは間違いないけどね(苦笑)
ただ…自分が嫌だと思ったのは…

これ、グループGを勝ち上がったらR16の対戦相手がグループEなんだよな( ̄Д ̄;;

となると、最悪!?全北現代とここでまた当たる可能性が…( ̄∇ ̄|||)
さらに、このグループに入ったJチームが相性の悪い柏レイソル… Σ(゚Д゚)ガーン
このどちらかとベスト16で対戦する可能性大だったから自分はグループHの方が良かったと思うわけで…(汗)

いや、ここは同組に入ったベトナムのビンズオンさんに超絶頑張ってもらって2位抜けしていただき、
我々が1位通過してベトナムへと行くと… ( ̄ー ̄)
これが理想だけど、、、まぁ無理だわな(笑)


ということで、年明けはJの開幕前にACLが始まって、
しかもその初戦がアウェーで韓国水原!!
日韓大会の時に行った以来だから実に13年ぶりだね!(・∀・)
当時とはずいぶん街並みも変わっただろうし、水原名物の骨付きカルビをまた味わえるのも嬉しい!
ソウル中心から電車1本直通で行けるからこれも有難い!!(ただ、時期的に寒そうだが)

その次の3月のアウェーは2/17のプレーオフの結果次第になるけど、
ここは順当ならば北京国安か?!
そうなると、これも日本(羽田)から直行便が出てるしスタジアムも市内中心部だから便はよい。
自分的には既に上海と広州へは行ったので、今回の北京で中国3大都市は全部行ったことになる^^
とは言え、プレーオフは一発勝負だから他が勝ち上がってくる可能性は十分にあるわな!?
自分的にはそっちの方が断然いいけどなw
(ないとは思うけどインドなんてサイコーwww)


そしてそして!
アウェー3戦目は5月にブリスベン!
2000年のオリンピック、2年前のW杯アジア最終予選に続き3回目のブリスベン。
確か、3年前は会社帰りにスーツのままコンビニ袋一つで地球の裏側まで行ったっけwww

ということで、ブリスベンの街は2回行ってるからもういいので、
来年のGWは前乗りでゴールドコーストに行くでーー(・∀・)ニヤニヤ

(羽田⇔ソウルと、成田⇔ゴールドコーストの便とホテルはもう押さえたったwww)



  1. 2014/12/13(土) 21:15:27|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ACL2014】何が何でも出なければ!

昨日、観劇前に少し時間があったので新宿のハンズ店内をプラプラしていたのだけど、
その時にちょっと早いけど来年の手帳を買ってしまった(^_^;)
で、既にプロ野球の日程は発表されているので関東開催分を書き写したのだけど、
ちょうど1月2月の舞台の先行予約がちょこちょこと決まってきたので
それもカレンダーと照らし合わせていたのだが…

あれ?そーいえば、2月からACLが始まるんだっけ???

いや、まだACL出場が決まったわけじゃないのだけど、
ちょっと気になったというか、出場出来た時に他の予定と重なるとまずいので調べてみたら…

AFCのサイトで2014ACLの概要が発表になっていたではないか!?
それもちょうどその日に( ̄Д ̄;;


で、気になって見てみたのだけど、
これが今年のレギュレーションからけっこう変わっていて二度ビックリ! Σ(゜Д゜)ガーン

えっ?!準決勝まで東西分けて戦うの?!
決勝戦を東西対決にするためだって!?なんじゃそりゃ?!
ってことは決勝まで進まないと中東には行けないの??(ツマンネ…)

チームとしては日程&移動距離の緩和になってプラスではあるけど、
サポの個人的な楽しみとしてはこれは改悪やな…(苦)


日程としては第1戦が2/25.26から始まるってことは、
来季もここが初戦になるってことか…。

AFC日程表
http://www.the-afc.com/en/calendars/calendar-competition/finish/25-competition/39-afc-competition-calendar-2014.html


あと、各国リーグからの出場割当ては以下の通り。

EAST
日本-4
韓国-4
中国-3(1)
オーストラリア-2(1)
タイ-1(2)
シンガポール-0(1)
香港-0(1)
ベトナム- 0(1)
インド-0(1)
※カッコ内チームによるプレーオフ枠-2


【WEST】
イラン-4
サウジアラビア- 4
アラブ首長国連邦-3(1)
カタール-2(2)
ウズベキスタン-1(2)
ヨルダン-0(1)
オマーン-0(1)
バーレーン-0(1)
イラク-0(1)
クウェート-0(1)
※カッコ内チームによるプレーオフ枠-2


中国が0.5枠減って豪州が1枠増えてるな…( ̄ー ̄)

プレーオフは8チームで2枠を争うって感じかな。
でも実質、北京とメルボルンとタイの2チームで2枠を争うって展開か?
(ウズベク行きはなくなった模様w)


で、ここまできたらってことで、ついでに各国リーグの状況を調べてしまったのだが、
来年のACL出場が既に決まったチームは以下の通り。


■日本:横浜Fマリノス ※残り3枠

■韓国:蔚山現代FC(リーグ1位)
■韓国:浦項スティーラーズ(リーグ2位,FA杯王者)
■韓国:全北現代モータース(リーグ3位)
■韓国:FCソウル(リーグ4位)

■中国:広州恒大(リーグ1位)
■中国:山東魯能泰山(リーグ2位)
■中国:FA杯王者(12/7決定)
■中国:北京国安(リーグ3位)※プレーオフ進出

■オーストラリア:ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(リーグ1位)
■オーストラリア:セントラルコースト・マリナーズFC(リーグ2位,GF王者)
■オーストラリア:メルボルン・ビクトリーFC(リーグ3位)※プレーオフ進出

■タイ:ブリーラム・ユナイテッド(リーグ1位,FA王者)
■タイ:SCGムアントン・ユナイテッド(リーグ2位)※プレーオフ進出
■タイ:チョンブリーFC(リーグ3位)※プレーオフ進出

■シンガポール:タンピネス・ローバースFC ※プレーオフ進出
■香港:サウス・チャイナ ※プレーオフ進出
■ベトナム:ハノイT&T FC ※プレーオフ進出
■インド:プネーFC ※プレーオフ進出



これはもう…

来年も出るしかねぇな!!!(・∀・)



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/11/28(木) 00:17:48|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやくの?ACLタイ遠征のまとめ記事

帰国してすぐにまとめようと思っていたのだけど、
思いのほか時間がなくて・・・( ̄Д ̄;;

とりあえず、海外遠征用の格納庫の方に
画像と一言コメントだけ残しておきます・・・m(_ _)m


【ACL2013 vsムアントン・ユナイテッド】in バンコク(1日目)
http://shigezoo.at.webry.info/201305/article_2.html


【ACL2013 vsムアントン・ユナイテッド】in バンコク(2日目)
http://shigezoo.at.webry.info/201305/article_1.html



DSCF4083_20130528005202.jpg

DSCF4125_20130528005204.jpg

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/28(火) 00:52:06|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ACL2013 vsムアントン・ユナイテッド】威風堂々・・・!

海外での勝利は実に久しぶりだった。(2007年全北現代戦以来2度目)

風が強く暑さも体感的にはそれほど苦しさはなく、
日本の真夏のナイトゲームと同程度の感覚に少し拍子抜けの感はあったが、
しかし、そこはやはりアウェー戦、
特に東南アジアのチームはホームでは豹変するのはどこも一緒なわけで、
埼スタのように楽な試合運びとはいかなかった。

それでも慣れない気候に連戦の疲労、敵地の重圧を受ける中、
選手は精一杯闘ってくれたし、勝利しか許されない中できちんと結果を残したのは
賞賛に値する。

それだけに、、、、グループリーグ突破が達せなかったのは本当に悔しい…(´Д⊂グスン


DSCF4067.jpg

DSCF4068.jpg



現地では他会場の状況なんてまったく判らないし、
目の前で闘う選手を鼓舞することで全員が精一杯だったわけで、
試合終了の笛が鳴ってもその状況は同じだった。
ただ、ベンチの様子、選手がうな垂れる様は遠くからでも見えたので、
あぁ、ダメだったんだな・・・と、その場で察することは出来た。

この状況を作り出したのは自分たちとはいえ、
最後の最後まで諦めず懸命に闘った選手、支え続けた我々サポーター、
そこにもたらされた残酷とも言える結末・・・
なんと声をかければいいのか・・・。

だけど、バックスタンドまで俯き加減で挨拶にやってきた選手たちを迎え入れたのは、
歓声でも拍手でも「浦和レッズコール」でもなく、サポーターの奏でる声だった。
タオマク、ゲーフラ、大旗を掲げて声高らかにスタジアムに響き渡った『威風堂々』!!!
このコールリーダーのチョイスは実に見事だったと思う。

選手入場時の「好きにならずにいられない」からの「赤き血のイレブン」、
後半開始時のウォリアー、
そしてロスタイムに入っての最後の踏ん張り時の「We are Reds」からの「Pride of Urawa」、
どれもが素晴らしいチョイスだったけど、
この最後の最後にここに来たサポ全員で頭を上げて拳を突き上げた『威風堂々』で選手を迎え入れたのが、
あぁ、ここまで来て、この場でいることが出来て本当に良かったと、そう思えた瞬間だった。

きっと、この声に込められた想いは、
堂々と前を向いて引き上げていった選手に伝わったはずだよな。。。


DSCF4070.jpg


2013年のACLは終わった。

こんなカタチで終わったことは自分たち以上に選手の方が悔しいだろう。
と同時に、もっと異国のクラブと試合をしたい、もっと上のステージへ行きたいと、
そう強く思ったに違いない。
自分さえそう思ったのだから、選手はそのさらに何倍もその想いが強いはず。
でも、この想いが強ければ、新たなモチベーションになれば、
それが今後のリーグにも必ず生きてくるわけで、
たとえ過密日程となったとしてもACLに出場することほど
クラブ及び選手自身にプラスになることはない!
ましてや2007年の優勝メンバーはもう数えるほどしか残っていないのだから、
この経験を糧にしたチーム及び個人の成長は目覚しいものがあるに違いない(と思ってる)

だから毎年出なきゃだめなんだよな。。。( ̄Д ̄;;


また来年、必ずや・・・どこまでもついていくぜっっっ!!!




DSCF4072.jpg



2013 ACL グループリーグ第6節

ムアントン・ユナイテッド 0-1 浦和レッズ

◆試合データ───────────────────────────────

場所:サンダードームスタジアム
開始時刻:2013年5月1日(水)19:00(日本時間21:00)キックオフ
天候:晴れ
観衆:7,348人
【得点】:48分 那須 大亮



DSCF4072.jpg



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/03(金) 21:40:13|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。