FC2ブログ

Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

あれから10年・・・



地下鉄サリン事件:東京メトロ6駅で追悼行事


オウム真理教(アーレフに改称)による地下鉄サリン事件から丸10年の20日、現場となった東京メトロの6駅で、犠牲者を悼む慰霊の行事が行われた。献花台が設けられた各駅の事務所には、遺族や被害者ら多くの人が訪れ、犠牲者の冥福を祈り、事件の再発防止を誓った。



あれから10年・・・

もしかしたら、オレもこの事件の被害者の1人になってたかもしれない。


当時、オレは赤坂見附にあった支店に勤務していた。
新宿まで出て、そこから丸の内線に乗るのが通勤ルート。
始業が8時半なので、新宿発が大体8時前の電車に乗る毎日だった。

当然、その日も同時刻の電車に乗り込む。
いつもと変わらぬ朝だった。

が、事件は起こったのだ!





オレが乗った電車の次の電車で・・・



幸運だったのかどうかは解からないが、
まさしく1本違い、それも乗り込んだ車両もほぼ同じだったから
危機一髪だったのは間違いない。


事件を知ったのは会社に着いて、しばらくしてだった。
仕事中なので、誰もTVを見てないし、
社内にいる限り事件の情報なんて入ってこなかったから
地下鉄の駅構内が今そんなことになってるとは、
この時はまだ知るよしもなかった。


当時、うちのチームに1年生社員がいたのだが、
こいつの様子がヘンだった。
両目が充血していて白目が見えないくらいの真っ赤な状態で、
本人も虚ろな表情でデスクにうずくまっていた。
目眩がするというので、休憩室に連れて行き、横に寝かせた。
しばらくして、目の焦点が合わなくて、何も見えないと言い出した。
目をよく見ると、瞳孔が完全に開いた状態で、充血の度合いが更にきつくなっていた。

これは只事じゃないと思い、すぐに事務方に伝えて救急車を手配してもらった。

救急隊が到着して、そこで初めて事件を知ったのだ。

この時、この原因がまだ判ってなく、次々に担ぎ込まれる患者の多さと症状に
病院もパニック状態だと聞かされた。
薬物による中毒、それしか解かってなかった。

それからは、仕事そっちのけで控え室でTVを見てたっけ。。。

やがて、サリンと解かり、オレが乗車した丸の内線の1本後に被害が出たことを知った時、
膝が震えたのは今でもはっきりと覚えている。

不幸にも亡くなった方々には御冥福をお祈りするが、
自分が犠牲になった可能性もあったかと思うと
今でも心が痛まれる事件である・・・



さて、当の1年生、病院に担ぎ込まれた後、
しばらく面会謝絶で、警察にもいろいろ事情を聞かれたという。

着ていたスーツやカバン、靴まですべて一式警察に持っていかれて、
後ほど償却処分になったと、後日薄給の彼は泣いていたw

今でも語り草になってるのだが、
彼は横浜から通勤していたのだが、普段は丸の内線を利用していない。
事件当日、寝坊してしまったため、新横浜から新幹線に乗り、
東京駅から丸の内線に乗ったがために被害にあったという。
オレみたいに毎日の通勤ルートじゃなく、たまたま寝坊したがために、
新人で遅刻は許されないと思いこんでの新幹線通勤をしたがために、
サリン事件に巻き込まれた。

バカな奴だ。オレなら余裕で遅刻してただろうに・・・w


その後見舞いに何度か行ったが、可愛い彼女が看病に来ていたな。
豪華な個室でのVIP待遇、その時の上司もいい加減会社に出てこいと呆れてたが、
結局、翌日にはほぼ見えるくらいに回復したにも関わらず、1週間も入院していやがった。
よっぽど居心地が良かったのだろうか。。。(?)



当時、サリンにやられたら生殖機能が麻痺して子供が出来ないなんて噂が流れたが
今では彼も2児の父親(看病に来ていた彼女と結婚)、
営業で元気に活躍をしている。




続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2005/03/20(日) 22:57:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ