Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【vs大宮アルディージャ】ブーイングにモノオモフ。。。

【2006 J1 第10節】

浦和レッズ 2-0 大宮アルディージャ 

(前半 1-0)
(後半 1-0)

◆試合データ────────────────

場所:埼玉スタジアム2002 開始時刻:15:04キックオフ 
天候:曇り一時雨 観衆:54,774人

【得点】
32分ワシントン,89分永井





FI2518361_0E.jpg

"さいたまダービー"ということで、
やはり漂う空気がいつもと少し違う。

前抽組の某くんからも、
「今日はいつもより早めに来てくれ」
と連絡が入っていた(いつもすまんね)のだが、
それでもいつも通りにスタ入りする(ホントにごめんねw)と、
確かに前節の京都戦とは比べものにならないほど
スタ全体のピリピリとした空気を肌で感じたのだった。


オレ自身は、あんまりというか、
まったくダービーという意識はしてなかったのだけど、
周囲の空気がそれを許してくれなさそうだった・・・(汗)



FI2518361_1E.jpg

だが、その殺気だった空気は、
"さいたまダービー"に向けてのものではなかった。

それとはまったく次元の違うものに向けての緊張感だった。



大宮アルディージャ背番号17 DF土屋征夫

田中達也のW杯出場の夢を打ち砕いた男。

彼がボールを触る度に延々と続く大轟音のブーイング

戦場を思わせる(いや、まさに戦場)凄まじいブーイング


土屋征夫、浦和レッズの恐ろしさを身をもって…いやそんな生易しいもんじゃない。
突き刺さる槍の如くグサッグサッとえぐられる感覚を全身の肌で感じたことだろう。



でもなぁ。。。




FI2518361_2E.jpg

ここからはオレの個人的感想


正直、もういいじゃん。

きちんと謝罪をし、達也も前向いてるんだから、
終わったことは終わったこととして、
1人のサッカー選手として認めてやってもいいじゃん。

以前にも言ったけど、土屋って選手は嫌いではない。
柏時代は知らないけど、神戸時代の彼は
非常にクレバーなDFとしてはオレ好みの選手だった。
ダーティーなイメージではなく、憎たらしい存在だった。

だから、あの(達也が怪我をした)接触プレーは不可抗力だったと信じたい。
結果として達也が大怪我をしたのだし、
加害者になったことは否定しないし100%土屋が悪いのは事実。
だけど、それはもうオレの中では終わったこととして処理しちゃってるんだよね。
再び同じような悪質な行いをやったとか、選手やサポを挑発するような行為をしたってのなら別だけど、
昨日の土屋は1人のサッカープレーヤーとして闘っていた。

だから、もういいじゃんって思ったわけ。

オレ的には、むしろ桜井の方が(人間的に)糞だと思ってるよ。


むろん、誰かに強制されたわけではなく、
自然発生的に起こった嵐のブーイングを否定したりはしないし、やめろとも言えない。
自分は一切しなかったけど、各個人の感情が込められたブーにはやはり重みがある。
各個人、いろんな思いや感情があるのだから、これはこれからも続くだろう。
自分的にはちょっと複雑だけど、でもそれはそれでいいとも思う・・・。

土屋はこれからもそれを受けとめていかないのは仕方がないよな。

それが浦和レッズなんだから。。。



FI2518361_3E.jpg

と、試合とはまったく別のことに気持ちが向いてしまい、
何だかまとまりのないエントリーになっちまったが、

昨日の試合は一言で言うと、

ダービーらしい?ゲームだったかな。

要は、なんでもいいから勝てばいい!って感じだったね(笑)



それより、次節の鈴木啓太の累積欠場が物凄く痛い・・・orz


啓太抜きで走る千葉相手にどーいった構成でどう望むのか?



その次の鹿島と合わせて、この2戦が正念場になっちまった・・・( ̄Д ̄;;



FI2518361_4E.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 13:22:38|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。