FC2ブログ

Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

お約束の?シモネタオンパレードに着ぐるみ登場、そしてPerfumeダンス!?でもこれは時代劇ですw

先週観に行った公演のレビューを1本UP。


劇団☆新感線いのうえ歌舞伎・壊(Punk)『蜉蝣峠』
2009年3月13日(金)~4月12日(日):赤坂ACTシアター
作:宮藤官九郎
演:いのうえひでのり
出:古田新太/堤 真一/高岡早紀/勝地 涼/木村 了
梶原 善/粟根まこと/高田聖子/橋本じゅん/右近健一
逆木圭一郎/河野まさと/村木よし子/少路勇介/他




thumbnail.jpg


まぁ、なんと言うか…

この公演は劇団☆新感線、いのうえ歌舞伎ではなく、
最初からクドカンワールドなのだと思い込んで観るべきが正解と言える作品なのでは?

新感線のファンやクドカン作品に免疫がない人が観れば評価が微妙なのだろうけど、
でも自分は始めからそう捉えていたので、純粋にこの芝居を楽しむことが出来たかな^^

とは言え、1幕と2幕の構成のギャップが大きすぎてw、
2幕の後半はかなりシリアスで本来ならグッと来るシーンだったにもかかわらず、
1幕のおふざけが度が過ぎていたがために、
イマイチ深く感情を込めるまでには至らなかった。

全般的には面白くて充分満足出来たのだけどね・・・(^_^;)

ただ、ネタ系芝居の観点で言えば、
今回よりも「犬顔家の一族」の方がクオリティ高かったかなぁ。。。
(まぁ正確にはこれはネタ系だけじゃなかったのだけど)



ここからネタバレ有りなので、これから観る方は要注意。


幕が開いての最初のワンシーンからぶっ飛んでいたw

吹きまくったwww

堤真一がチャボ(鶏)の着ぐるみで登場。
サングラスをかけて関西弁を喋るチャボ(笑)に扮して立ち回る。←タモリならぬチャボリさん


ちょwww

これ、時代劇じゃないのかよ?!



突っ込みに困る演出に、『これ、ホントに大丈夫かぁ~?!』と、
冒頭から少々不安になるものの、その後は一応全うな?ストーリー展開へ。

もちろん、お約束のシモネタ有り、ギャク有り、
そして歌ありの何でもありのドタバタで進行し、1幕目の幕が下りる。

休憩を挟んで2幕の冒頭でまたもやチャボリさんが登場するも、
後半から時間が経つにつれシリアス且つ見ごたえある場面に転換し、
ラストは主役が死ぬ間際に浮かんだ蜉蝣(カゲロウ)を追い続けるかのような?儚い終わり方。
あっという間の3時間でした。


その他個人的感想(↓)

主役の古田新太(闇太郎)はさすがの演技です。
やはりこの人の表現には目を奪われます。
良いも悪いも何やっても中に入り込んできますw
そして今回の新たな発見は、意外に?唄が上手いこと(笑)
「やっぱ好っきゃねん」の替え歌は絶品でしたw


堤真一、製作発表会見で「オレにここまでやらすのか?!」と絶叫した謎は
この「チャボの着ぐるみ」で全て解けたのだけど、
それより、その後の天晴役の着流し姿が見事だった!

着流し姿で刀を肩に担いで背筋を伸ばした立ち姿!
そして殺陣のシーンで着物が肌けた裾から覗く素足がとにかくめっちゃ色っぽく、
男の自分目線でも本当にカッコイイ!と思ったぜぃw

今まで何度も観てるが、今回のこの役回りが一番良かったと思う。
翌日に観に行ったWさんが、『カッコよすぎで惚れた~~~!』と、メールが来たしね(^_^;)
あと、一緒に観に行った某花ちゃんは堤真一が着物を着替えた時に、
下着の色も合わせて替えていたと、観終わった後に言ってたけど、
そんなとこまでチェックしていたのはさすがです(笑)


高岡早紀(お泪)、この人の着物姿も本当に綺麗だった^^
ただ、今回の役回りは清純派だったので、イロっぽさは感じたが
「源内裏表」の時のようなエロさが影を潜めていたのが、個人的には少し残念だった(苦笑)


あと、勝地涼の役回り(銀之助)はファンの間では不評のようだが、
自分は良い味を出していたと思う。
冒頭のシーンでチ○コを斬られてその後はずっとオカマ役(お菓子ちゃん)になるのだがw、
意外にも?着物姿は色っぽかったぞ!(笑)


あと、歌のシーンで、古田が歌った歌詞のワンフレーズ(↓)

「100人の男に抱かれた女よりも1人の男に100回抱かれたアタイの方がエロいと思う」

に思わず頷きました(爆)

そうそう、これは知ってる人にしか受けないというか、逆に知ってたらバカウケだった
新感線生え抜き役者3人組によるPerfumeの振り付けダンス(ヤクザインヘブン)は
めちゃくちゃクオリティ高すぎ!www
大笑いさせていただきましたわ!!


最後に、1つだけ残念だったのが、
映像シーンもふんだんに使われていたのだけど、
座席が舞台に近すぎた(4列目)ために、この映像がはっきりと観れなかったこと。
もう少し後ろから観たらまた違っていたのだろうけど・・・
その点が少し残念だったかな。。。(←贅沢w)



スポンサーサイト



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/23(月) 13:23:12|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0