Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

"スタジアムに足を運んでJリーグを見ることが選手を育てることになる"

自分の中の1つのワールドカップが終わった。

   …無念…。

この一言に尽きる。

大舞台で南米3位のチームとガチでやって120分間を闘い抜いた。

PK戦? あれはクジ引きと同類のもの。
"試合は引き分け、クジ運で負けた" これでオケ!

何も引きずることはない。胸張って帰って来い!

世界の舞台で得た経験と自信は、めちゃくちゃでっかいモノだぞ!!!

それを今度はJリーグで見せてくれっっっ


試合終了後のオシム爺のコメント。(スカパー)
終了直後で放心気味だったから薄ら覚えだが、
大体こんな感じのことをコメントしていた。

『今後日本代表が強くなるには何をすればいいのか?』

司会者のこの質問に対しオシム爺は、


『もっと走ること、Jリーグの中で一人一人が良いプレーをすることです』

ここからオシム爺の熱い語りが止らなくなる(笑)


『Jリーグのレベルアップをしなければ、代表のレベルアップはない。』

『日本のサッカーファンのみなさんはもっとJリーグを応援して欲しい。』

『スタジアムに足を運んで選手たちにもっとプレッシャーをかけてください。』

『プレッシャーを多く浴びる中でプレーすることがレベルの向上に繋がるのです。』

『日本代表に足りないのは
痺れるようなプレッシャーの中でプレーする、その場数が足りないのです』

『そのためにはスタジアムを満員にしなければなりません』

『ダービーマッチのような独特の緊迫感を感じるゲームが増えるように
もっともっとサポーターが盛り上げてください』

『日本人のみなさん、スタジアムにJリーグを見に行ってあげてください』

『選手はスタジアムに来てもらえるような魅力あるサッカーをしなければいけません』
『リスクを恐れない魅力あるプレーを見せられるように常に努力してください』



放送時間を気にして何度も締めようとする司会者を遮ってそう語り続けたオシム爺さん…。


"スタジアムに足を運んでJリーグを見ることが選手を育てることになる"


まったくこの爺ちゃんは…

いちいちオレの琴線に触れるようなことばかり言いやがって…( ̄Д ̄;;



んでもって最後に、締めの一言、


『私もここで一緒に戦っていました。』



爺ィィィ~~~。・゚・(ノ∀`)・゚・。



別にクラブはどこでもいいからJリーグに戻ってきてくれねぇかなぁ…




以下、スカパーTwitterより(抜粋)

【オシム】(最後に)私もここで一緒に戦っていました。(通訳千田さんここ
で涙ぐむ) #2010wc
約10時間前 HootSuiteから

【オシム】○○ダービーはもっと盛り上げなくてはいけない。スタジアムを
満員にしようではないですか。 #2010wc
約10時間前 HootSuiteから

【オシム】日本代表だけでなく、Jリーグを応援してほしい。ファンのみなさ
んは選手にプレッシャーをかけてあげてください。 #2010wc
約10時間前 HootSuiteから

【オシム】(ひととおり話した最後に)選手はよくやった、おめでとうといいた
い。 #2010wc
約10時間前 HootSuiteから

【オシム】日本代表が自信をもったのは大きな収穫だ。もっと大きな勇敢
さを。 #2010wc
約10時間前 HootSuiteから


スポンサーサイト

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/06/30(水) 13:52:33|
  2. サッカー関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。