FC2ブログ

Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

絶大なる孤独感を味わえる劇場・・・でも二度と味わいたくないw

昨夜に続き今夜も舞台を1本観劇してきたのだが・・・

いつも通り、極々普通のお芝居を観に行くつもりだったのに・・・


どうしてこうなった? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



『6月のビターオレンジ』
2011年6月3日(金)〜26日(日):東京グローブ座 ※5列目(センターブロック)
作・演出:G2
出演:加藤成亮(NEWS)/城島 茂(TOKIO)/朝海ひかる/久ヶ沢徹/中川智明/内田亜希子/久保酎吉
http://www.6-bo.jp/

北関東にある田舎町。
開業医の父の元に生まれ育った兄(城島茂)と弟(加藤成亮)。

勉強・スポーツ、何をやってもダメな兄に対して、何でも出来てしまう弟。
同じ兄弟にして、なぜこうも違うのか??
出来の悪い兄はやっとの思いで入った大学でも留年を繰り返し、ついには中退してしまう。
その上、定職にも就かず「シンガーソングライターになる!」と突然言いだす始末。
ある日、父と兄は大喧嘩となり、兄は勘当されてしまう。

数週間後、母が死んだ。
母が死んでから、診療所の扉を閉ざし酒浸りになる父、
そして弟も全寮制の高校へ進み村を出てしまう。

時が過ぎ、大学を卒業した弟のもとにある日、一通の電報が届く。
「チチ ヤバシ スグカエレ」
弟が7年ぶりに故郷へ帰ると、そこには思わぬ光景が…。
なんと勘当されたはずの兄と父が、楽しく酒を酌み交わしていたのだ。
兄弟2人が揃ったところで、父は「あと一ヶ月の命だと言われた」と、告白。
突然の話に動揺する2人。しかも「もう遺言状は書いてある」と話す父。
遺言の内容が気になってしょうがない兄に、弟はうんざり……。

ところが翌日、父は自分より30歳も年下の謎の女性(朝海ひかる)を家に招き入れ、
「彼女と結婚する」と言い出した。
果たしてこの結婚は、純愛? それとも遺産狙いの結婚詐欺?

女性の秘密を暴こうと、兄弟は7年ぶりに手を組むことに…。
父の遺産はいったい誰の手に??


image7.jpg



本日公演初日。
冒頭に言った通り、普通にいつも通りに芝居を観るつもりで劇場内に入った。
キャスト的に女性客の方が多いだろうな・・・と、それくらいの覚悟はしていたものの、
でも、大概の芝居は女性客の方が多いのが常であり、
自分的には場慣れしているつもりであった。

だが、しかし・・・

客席に着いて周りを見渡してみると・・・


な、なんじゃ?!こりゃーーーーっ!!!(|| ゚Д゚)ガーン!!


女性オンリー!!! しかも20代が大多数でいつもの観劇の客層とは明らかに違って、
場の空気がこれまたおかしいではないか?!( ̄Д ̄;;

これは、超がつくド・アウェー!!!

ざっと見渡してオレの視界に飛び込んできた男性は2人しかいなかった。(しかも女連れカップル)

およそ700席のうち、男がオレ含めて3人?!ちょwww 697対3 www

いつぞやの某芸人のトークライブに行ったときもこんな状況であったが、
でも今回はあの時以上!
なんてたって、今回はピン!独りぽっち!!
それも5列目のど真ん中にスーツ姿の異性人が一匹・・・
そう、女ばかり(それもジャニ系女子)の中にポツンと1人だけ40オヤジのサラリーマン…

怖かったよぉ~~~~。・゚・(ノ∀`)・゚・。


城島はともかく、NEWSの加藤くんって、、、
凄い人気なんだね・・・ごめん、舐めてたわ(苦笑)

い、いや!それでも、言い訳させてくれ!
加藤くんファンの子たち!オレを白い目で見ないでくれ!
オレはイケメン目当てのゲイ男でも元宝ジェンヌの朝海ひかる狙いでもないんだ!?

オレは純粋にG2の舞台が観たかっただけなんだーーー!
久ヶ沢徹と内田亜希子が出るから観に行こうと思っただけなんだーーー!ヽ(`Д´)ノ

悪いかーーーーっ!(#゚Д゚)ゴルァ!!


と、そんな動揺しまくった観劇であったが、芝居は普通に面白かったです。
さすがG2!って唸る内容に満足^^
(まだ公演初日なのでネタバレはオールで伏せときます)


しかし、カーテンコールがこれまた凄かったなぁ・・・(汗)

都合4回?!
最後は客席全員が立ち上がってのスタオベで、
黄色い大歓声に劇場が包まれ、まるでジャニのコンサート会場の様相・・・( ̄∇ ̄|||)

そんな中、席がど真ん中だったもんだから、出たくても出れない状況で、
オレ1人浮きまくり・・・_| ̄|○

つんざく歓声が切れることなく続く中、
"ごめんなさい、もう勘弁してください"・・・と、
俯きながら心の中で叫び続けた拷問タイムでした・・・(TдT)


はい、まだチケット売ってます。

昨日のネタ芝居同様、これもオススメします!まじオススメ!!

是非とも男1人で飛び込んでみてください。

この世の終わりのような?絶大なる孤独感を味わえることこの上なしデス!(・∀・)ニヤニヤ




スポンサーサイト



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/06/04(土) 02:34:23|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0