Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シークレットゲスト有りの全編コント芝居!そして新大久保での長~ぃ夜。。。

順序が逆だけど、先週末に観て来た舞台レビューです^^


『ハンブン東京』『子どもさんかん日』に続き、
年に一度の“ウッチャン”こと内村光良プロデュースの舞台第3弾!

エルダーソルジャーズ』(東京グローブ座)
2009年11月26日(木)~12月1日(火)◎全6ステージ
作:内村宏幸、脚本:工藤浩之
出演:内村光良/大竹一樹/三村マサカズ/ウド鈴木/天野ひろゆき
   杉崎真宏/入山法子/汐見ゆかり

http://atari.co.jp/eldersol0909.htm


eldersol0928.jpg


前2作とはうって変わって、全編コント?!
ロングコントと言ってもいいくらいにストーリーという大枠の中に
怒涛の連続コントを押し込め繋ぎ合わせて舞台を作り上げた?
っと、まさにそんな感じで、とにかく終始笑いっぱなしの2時間だった。

いやぁ~面白かったなぁ~~

内村プロデュースはハズレがないけど、
今作もその期待をまったく裏切らない面白さだった♪
昨年に続き一緒に観劇した無類のコント好きのAさんもきっとご満悦だったことでしょう^^



超簡単なネタバレストーリー〕※要注意

謎の教会での結婚式シーンから物語は始まり、次に5人が目隠しされて無理矢理車に押し込められ、拉致された映像シーンが続き、暗転してここから本編がスタート。

舞台はとある建物の一室。そこに集められたまったく見知らぬ初見の5人の男。(内村&サマーズ&キャイーン) なぜか?合コン調で自己紹介を始め、各々の素性は明かされるもなぜ何も接点がないこの5人が拉致され集められたのか?それは本人たちもまったく解からなかった。と、ここで拉致の黒幕(杉崎真宏)が登場。実はこの男、防衛省のテロ対策の機密部署に所属するエリート官僚だった。この男が言うには5人はそれぞれ特殊な能力を持っていると。で、巷で立て続けに発生している連続爆破テロの犯人を捕まえるために協力してほしい、だから拉致したのだと、そう真相を明かしたエリート男。

そう、その男が言うとおり、この5人には実は誰にも明かせないある特殊能力を持ち合わせていたのだった。その特殊能力、三村には時間を止める能力、大竹には触ると相手の心の中が読める能力、天野は予知夢、ウドは記憶力、そして内村には…我慢強い能力(笑)

そんな特殊な5人を探し出してかき集め、5人で協力してこの爆弾テロの犯人を捕まえて出世コースに乗るというのがエリート男の野望であり、そのため無理矢理(半分脅しで)特殊チーム『エルダーソルジャーズ』を結成した(させられた)…のだった。

しかし、爆弾テロというのは実はこのエリート男が出世を夢見る暴走した妄想で、犯人はただの愉快犯として警察の手によって捕まったのだった。(この事実を知ってエリート男は挫折する)

そんな落ち込むエリート男を元気づけようと?これが一因で仲違いしてしまった恋人(スクープを狙う新聞記者)との仲を取り持つため、5人が動いた。特殊能力を使ってエリート男のプロポーズを手助けし、さらに最後に仕掛けられた爆弾処理のため自ら進んで現場に急行して、5人で爆弾の爆発を阻止させたりと、おかしな5人組が大活躍する!


と、これが大枠のストーリーなのだけど、
中身は全編コントと言ってもいいくらいの連続コントネタでしたw
(ちなみに冒頭の結婚式を挙げた2人はエリート男と恋人だったと最後に判明)

特に次は核爆弾が使用されるというエリート男の妄想に対し、
その爆弾処理担当に内村が男からムリクリに任命されてしまい、
その内村の送別会(既に死ぬ前提w)を行うという設定で行った宴会芸。
内村・大竹・天野によるパヒュームの『ポリリズム』はオレ的にバカウケwww
1曲まるまる完璧な振り付けで踊りきったよ!マジでwww
しかも髪型から衣装まで全部似合わせて…w 
この組合せはネ申www ←(内村のっち、大竹かしゆか、天野あーちゃん)
他の場面での5人によるエグザイルのダンスも完璧にトレースしてたし、
これらは相当練習(しかもマジメに)したんだろうなぁ…(笑)

あと、特殊能力の証拠(記憶力が凄い)を見せるために長セリフを言わせられるウド(笑)
ピカソの長ったらしい正式本名を披露するまでは何とか持ちこたえたが、
その後 「次は歴代横綱を言え」とか、いろいろ言われてしどろもどろになってたのは
アドリブのフリで毎回変わるのか?!(笑)
思わず役名を間違えて呼んだりしてたし…w

個人的には大竹の動作とキャラがかなりツボに嵌ったかな…(^_^;)

あと、内村がいろんなもので頭を叩かれてたけど、あれは本気で痛そうにしてた(笑)


そして、さらにさらにラストシーンでは真犯人の爆弾魔が連行される場面で終わったのだが、
その犯人登場がサプライズゲスト(日替わり)であったのだ。
シークレットゲストが登場なんて事前にまったく知らされていなかった会場は
その犯人役が出てきた瞬間大爆笑www

この日は狩野英孝だった(^_^;)

いつもの純白タキシードで「ラーメン、ツケメン、ボク(ry」と、犯人役らしくなく?颯爽と御登場!
だが、一応ちゃんとしたセリフが用意されていた(はず)なのだが、
素で『内村さん~』とか言ってるしwww
そこを全員からまた突っ込まれてまたもやわけがわかんなくなって
パニクってオタオタしてた狩野英孝…(最後は「もういいです」と言って退場していったw)
エイコウ!テンパリすぎだよ(爆)

ちなみに、この日替わりシークレットゲスト、調べてみたら初日からここまで、
ザブングル→狩野英孝→ふかわりょう→有吉弘行という流れ。
やっぱり全員内村ファミリー?だったですよ~Aさん!^^
さて、残り2公演はいったい誰なんだろう…(?)

それと、前回の『子供さんかん日』の時もそうだったけど、
このシリーズ公演は毎回美人の初舞台?の女優(モデル?)を起用するのだけど、
今回も入山法子さんと汐見ゆかりさんという
自分はまったく知らなかったお初の女優さん?がキャストとして舞台に上がった。
(入山さんはエリート男の恋人の記者役、汐見さんは爆弾の知識を教える教官役)
2人とも背が高くて、すんげぇ~モデル体型!
そしてウットリするくらいのめっちゃ美人さんでした^^
(2人ともけっこう重要な役どころでもあった)

あ、汐見さんって、カトリエと仲良しだったのね(笑)
ってか、カトリエが観に来てたのは前日だったのか…orz

っと!?ここでググったら、もう一人の入山法子さんって…

浦和生まれの浦和区在住(今も実家暮らし)で、
上木崎小→大原中学出身って…ちょwww

もう、これだけで一気にファンになりました。
全力で応援しますですよ~♪




観劇アフター

さて、観劇後は劇場から歩いて新大久保のコリアタウンへ^^


KC3G0050.jpg


焼肉屋でまっこりを飲みつつ、
い(エ)ろ~んなことを話しこんでたら、
気が付けば終電時間はとっくに過ぎていた…(汗)


開き直って?その後も河岸を変え、酒と会話に酔いしれつつ
結局なんだかんだで朝5時半まで飲んでたのでしたw



いやいや~京都大遅刻はこれのせいでした~(^_^;)

サーセンw





スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/11/30(月) 13:52:25|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【12月予定】 師走のラストスパート!!! 【しすぎ~w】 | ホーム | 【2009 J1 第33節vs京都サンガF.C.】なんだか相手に『おおきにぃ~』と言われた気がして…orz>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/1579-ec9d6278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。