FC2ブログ

Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

闘い終わって…(W杯最終予選)

テヘランでのイラン戦、そして昨夜の埼スタでのバーレーン戦、

どちらも苦しい、そしてスッキリとはしない試合だったと、誰もが感じたことだろう。

今朝のマスコミやサッカージャーナリストの論調も大勢が
勝ててほっとした」「課題が山積み」「このままではヤバイ
挙句の果てには「ツキだけで勝っている」といったような論調まで・・・


だが、ちょっと待て。

そもそもW杯の最終予選なんてのは、これくらいの苦労?があって当たり前。
内容が悪かろうと、ツキだけで勝ち進もうと、勝てばいいのだ。
国と国の威信を賭けた闘いであり、いろんなものを背負って闘い抜くのだ、
実力以上のものが発揮されて当然であり、
ホーム&アウェイのアドバンテージが如実に現われるのがワールドカップ予選なのだ。
イランに敗れたのは4バックにしたから?
NO!テヘランだったから負けたのだ。
それがワールドカップ予選。


その感覚をみんな忘れているように思う。
いや、オレ自身が忘れていた。
マスコミの楽観的な情報を鵜呑みにし、ドイツへの本戦出場が当然のように叫ばれて、
みんながみんなそう信じ、誰もが楽観していたのではないか?
もしかしたら選手自身すら、そう感じてしまってたのかもしれない。
(その苦しみがわかってるのは中田だけ?)


もう一度、今一度、初心に返ってみよう。
93年ドーハ、97年ジョホールバル、あの胃がキリキリ鳴るような過酷な闘いの連続、
あの時の気持ちを思い出そう。

それがワールドカップ(予選)なんだから・・・


試合の反省は選手と監督が一番解かってること。
外野は何も言うまい。

黙ってついて行こうじゃないか、彼らを信じて・・・





AUTHOR: しげちゃん DATE: 04/02/2005 22:13:13 ドーハの時は、サッカーが好きになり立てで、前回は、思いいれも相当強くなっていたから、まさに胃がきりきりする思いでした。
特に中盤の迷走期間中は、「日本代表ってこんなに情けなかったの?」と、何度思ったことか。それでも、W杯出場を信じていた。
あの頃、国立の周りのテントで、交代で泊り込む人達もいた。
ジョホールバルがあまりに劇的だったから、他の試合の影が薄くなってしまったけど、予選はトータルで勝ち抜けるもの。
どの試合もおろそかにできない。
だからこそ、「We did it」(by当事のナンバー表紙より)の爽快感を、選手といっしょに味わいたい。
スポンサーサイト



  1. 2005/03/31(木) 21:28:48|
  2. サッカー関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<中立地開催ってどこ? | ホーム | 決戦前夜>>

コメント

どの地区もまだ予選の半分が終わったところ。
今のところアルゼンチンだけがほぼ本戦出場を手にしただけで
後は欧州も南米もアジア・アフリカもまだまだ予断を許さない状況ですね。
ここからが悲喜こもごものドラマが待ってるわけで・・・

いやはや、どーなるか。。。
  1. 2005/04/03(日) 23:20:16 |
  2. URL |
  3. shigezoo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/1889-da25b023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)