Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年総括舞台編 【ムリクリランキング2009ベスト公演25本】

昨日に続いての2009年総括、本日は舞台編です^^
LIVE編はわりとすんなり10本を選ぶことが出来たけど、
舞台の方はかなり難航したというか、頭を悩ませました(汗)

その要因は…

昨年の舞台観劇総本数が実に72公演(お笑いLIVE含)←( ̄Д ̄;;

そこからベスト10本を選ぶとなると…


選びきれるかぁーーーーーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ


と、それほどまでに良作に恵まれた1年だったからなのです。(^_^;)
「これはちょっと…」「チケ代高ぇよ!」「なんじゃこりゃ?!」と、
観終わった後に嘆いたのはせいぜい5、6本くらいか?あとは概ね満足出来た^^

とまぁ、そんな整理状況なので、とても10本では収まりきらず、結果として
20本+番外編5本の計25本を選出し、ムリクリに?ランク付けしてみた次第です。
(これだけでもかなり苦労したのですよ)

んで、初めにお断りしておきますが、一応ランク付けはしたものの、
世間一般の作品評価とは少し違うかもしれません。
あくまでも自分の率直な感覚&個人的趣向によるランキングなので
そこを踏まえて見てくれると幸いです。
個人的な好みの演劇趣向とか好きな演出や戯曲の傾向はそれぞれ当然違うだろうし、
役者の好みなんてのは人によっては180度違うこともままあります。
また観る座席の位置によっても受ける印象は違ってくるだろうし、
場所(劇場)によっても大きく変わるもの。
さらには当日その日の自分の体調にも大きく左右されたりもするので、
こういったランキングを素人が付けるのは本来難しいことなのかもしれないです。
なので、そこは参考程度に留めて気楽に見てくれるのが一番よいかなと。(^_^;)
けして "自分とは評価がまるで違う"とか"見る目がない""なんでそーなる?!"
といった批判・否定的な意見はしないでくださいねw


と、前置きが長くなりましたが、それではまずはベスト10本の作品発表です^^
(公演タイトルのリンク先に詳細レビューあり)



2009年BEST10公演】(※行間が評価順位の感覚差ですw)


第一位
☆『その夜明け、嘘。
青山円形劇場:09/2/7(土)~09/2/23(月)
脚本・演出:福原充則
出演:宮崎あおい/吉本菜穂子/六角精児
http://www.sonoyoake.com/index.html









第二位
◆劇団☆新感線Inouekabuki Shochiku-mix『蛮幽鬼
新橋演舞場:2009/9/30(水)~10/27(火)
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:上川隆也/稲森いずみ/堺 雅人/早乙女太一/橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと
    山内圭哉/山本 亨/千葉哲也/右近健一/逆木圭一郎/河野まさと/村木よし子/
    インディ高橋/山本カナコ/礒野慎吾/中谷さとみ/保坂エマ/村木 仁/川原正嗣/前田 悟/他
http://www.banyuki.com/


◆パルコ・プロデュース公演 “ねずみの三銃士”第2回企画公演
印獣』~ああ言えば女優、こう言えば大女優。~
PARCO劇場:2009年10月13日(火)~11月8日(日)
作:宮藤官九郎
演出:河原雅彦
出演:三田佳子/生瀬勝久・池田成志・古田新太/岡田義徳/上地春奈
http://www.parco-play.com/web/play/inju/





第四位
◆大宮エリープロデュース『SINGER5』:紀伊國屋ホール
9月30日(水) 「ウクレレを弾く女」出演:つじあやの+北村有起哉
10月1日(木) 「酒とタバコと男と男」出演:EGO-WRAPPIN'+八嶋智人+音尾琢真
10月2日(金) 「今夜はオーディション」出演:スチャダラパー+斉木しげる+板尾創路
http://www.atari.co.jp/singer5_0907.htm


◆大人計画『サッちゃんの明日
シアタートラム:2009年9月18日(金)~10月11日(日)
作・演出:松尾スズキ
出演:鈴木蘭々/宮藤官九郎/猫背椿/皆川猿時/星野源/
家柄ジュンコ/小松和重/松尾スズキ
http://www9.big.or.jp/~otona/nextsachan.html




第六位
◆『楽屋』~流れ去るものはやがてなつかしき~
シアタートラム:2009.5/10~6/14
作:清水邦夫
演出:生瀬勝久
出演:蒼井優/小泉今日子/渡辺えり/村岡希美
http://www.siscompany.com/03produce/23gakuya/


◆『愛pod
下北沢本多劇場:2009/6/26~6/28
作・演出:鈴木おさむ
出演:今田耕司/堀内健(ネプチューン)/高橋茂雄(サバンナ)/
    小杉竜一(ブラックマヨネーズ)/村上大樹(拙者ムニエル)/高田郁恵(毛皮族)
http://www.osamushow.com/form/index_aipod.html


◆『エルダーソルジャーズ
東京グローブ座:2009年11月26日(木)~12月1日(火)
作:内村宏幸、
脚本:工藤浩之
出演:内村光良/大竹一樹/三村マサカズ/ウド鈴木/天野ひろゆき
   杉崎真宏/入山法子/汐見ゆかり
http://atari.co.jp/eldersol0909.htm


◆『ネジと紙幣』 based on 女殺油地獄
天王洲 銀河劇場:09/9/17(木)~09/9/27(日)
作・演出:倉持裕 
出演:森山未來/ともさかりえ/長谷川朝晴/江口のりこ/細見大輔/
野間口徹/満島ひかり/小林高鹿/田口浩正/根岸季衣/他
http://neji.ne.jp/index2.html


◆『7 Days Judgement―死神の精度
シアタートラム:2009年08月21日(金)~2009年08月31日(月)
[原作] 伊坂幸太郎(文春文庫刊)
[脚本・演出] 和田憲明
[出演] 香川照之/中川晃教/鈴木省吾/ラサール石井
http://www.ishii-mitsuzo.com/side/20090322/7days.html



寸評
第一位の『その夜明け、嘘。』は別格。
この一位評価には迷いがありませんでした。全てにおいてズバ抜けていたと。
それくらいに強烈且つ魅入った舞台でした。
多少強引で荒っぽさも目立ちはしたけど、
それを補う息をもつかせぬスピード感、くるくる展開が変わるジェットコースター的演出、
そして3人の役者の技量で最後の最後まで勢いで押し通した。
宮崎あおいちゃんを抜きにしたとしてもこの舞台をNO.1に評価しただろう。
今年度の岸田國士戯曲賞の最終候補作品の一つにこの『その夜明け、嘘。』が選出されたけど、
なんとなくこれが戯曲賞を受賞するんじゃないか?と、そう思っとります。(最終選考会は2/8)

第二位の『蛮幽鬼』は作品全体の完成度とスケールのデカさでいえばこれが一番。
公演的には完璧な作品だったかと。(その分製作に大金をかけていただろうけど)
同じく『印獣』は体を張った三田佳子とそこまでやらせた宮藤官九郎に大拍手!
両作とも観終った後に体中に電流が走り抜け無意識のうちに震えだした舞台でした。
ただ、それでもやっぱり一位の作品には及ばなかったかな。。。

第四位も2本。『SINGER5』は3本まとめてでランク付けしたけど、そのどれもが素晴らしかった。
舞台とLIVEを様々な手法と演出を用いて融合させた大宮エリーのプロデュース公演。
今までにない斬新な手法のお芝居には心躍らされた。
そして、、、もう1本はやっぱり『大人計画』がここに入る。もう大好きですwww

六位以下の5作品はほぼ同列評価です。(そこまで細かくランク付け出来なかったorz)
楽屋』も女優4人のぶつかり合いが印象深かった舞台だったな。蒼井優ちゃん…(はぁはぁ)
愛pod』も面白かった!今作も鈴木おさむにまたまたしてやられた…(苦笑)
エルダーソルジャーズ』もネタ系では常に上位にくる内村プロデュース公演。あぁ狩野英考www
それとは真逆評価が『ネジと紙幣』。儚い愛憎物語に自然と引き込まれた。
森山未來と、ともさかりえの鬼気迫る熱演は凄かったなぁ…。
そして『7 Days Judgement―死神の精度』これもシリアス展開の物語だったけど、
役者の熱演・好演が光った作品だった。(香川照之が渋すぎたw)

以上が自分の2009年の観劇作品ベスト10です。


続いてその次のクラスとなる10作品が以下の10本です。(↓)
(なんとなくの順番で羅列はしたけど、ほとんど差はありません)



NEXT ベスト10公演

■大パルコ人 メカロックオペラ 『R2C2
~サイボーグなのでバンド辞めます!~
PARCO劇場:2009/4/27(月)~2009/5/31(日)
作・演出: 宮藤官九郎
音楽 :富澤タク
出演:阿部サダヲ/森山未來/三宅弘城/皆川猿時/近藤公園
平岩紙/宮藤官九郎/片桐はいり/松田龍平
http://www.parco-play.com/web/play/r2c2/introduction.html


■『パンク侍、斬られて候
下北沢本多劇場:2009年1月20日(火)~2月1日(日)
原作:町田 康
脚本・演出:山内圭哉(Piper)
出演:山内圭哉(Piper)/小島聖/中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)
廣川三憲(ナイロン100℃)/加藤啓(拙者ムニエル)
林克治(カリカ)/福田転球(転球劇場)/佐藤貴史(サモ・アリナンズ)
腹筋善之介(Piper)/大木湖南(ニットキャップシアター)
宇梶剛士/大谷亮介/他
http://www.nelke.co.jp/stage/punk/


■GEORGIA presents 『ワルシャワの鼻
世田谷パブリックシアター:2009年09月05日~2009年09月16日
作:生瀬勝久
演出:水田伸生
出演:明石家さんま/生瀬勝久/羽野晶紀/山本太郎/徳永えり
    山西惇/温水洋一/八十田勇一/吉田鋼太郎/他
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2009/09/georgia_presents.html


■プロペラ犬第三回公演『サボテニング
赤坂RED/THEATER:2009/11/26(木) ~ 2009/12/06(日)
脚本:楠野一郎
演出:倉持裕(ペンギンプルペイルパイルズ)
出演:水野美紀/猫背椿(大人計画)/福田転球(転球劇場)
http://www.propellerken.com/#


■青山円劇カウンシル#3『サボテンとバントライン
青山円形劇場:2009年10月30日〈金〉~11月8日〈日〉
作・演出:福原充則
出演:要潤/今野浩喜(キングオブコメディ)/田中理恵/富岡晃一郎/小野健太郎
    植田裕一/高松泰治/碓井清喜/三浦竜一/三土幸敏/吉見匡雄
http://www.ne.jp/asahi/de/do/sab.html


■『LOVE 30 VOL.3
PARCO劇場:2009年6月4日(木)~6月21日(日)
演出: 宮田慶子
「エアコンな夜」作:横田理恵
出演:鈴木浩介 & 西田尚美
「ピアノ♪レッスン」作:後藤法子
出演:勝村政信 & 高岡早紀
「しゃぼん」作:藤本有紀
出演:松重 豊 & ともさかりえ
http://www.parco-play.com/web/play/love30_03/index.html


■Bunkamura『十二人の怒れる男
シアターコクーン:2009年11月17日~12月6日
作:レジナルド・ローズ 訳:額田やえ子 
演出:蜷川幸雄
出演:中井貴一/筒井道隆/辻萬長/西岡馬/田中要次/斎藤洋介/
    石井愃一/柳憂怜/岡田正/大石継太/品川徹/大門伍朗/新川將人
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/09_12angrymen/index.html


■『ムサシ
彩の国さいたま芸術劇場大ホール:2009年3月4日(水)~4月19日(日)
作:井上ひさし(吉川英治「宮本武蔵」より)
演出:蜷川幸雄
出演:藤原竜也/小栗 旬/鈴木 杏/吉田鋼太郎/辻 萬長/白石加代子/他
http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2009/p0304.html


■キバコの会 『素。
下北沢ザ・スズナリ2009年5月21日(木)~25日(月)
演出:堤 幸彦
脚本:佃 典彦
出演:半海一晃/野添義弘/多田木亮佑/柳田衣里佳/戸田恵子
http://www.nelke.co.jp/stage/su/index.html


■東京セレソンデラックス『流れ星
新宿シアターサンモール:5月20日(水)~6月14日(日)
作・演出:宅間孝行(サタケミキオ)
出演:宅間孝行/うつみ宮土理/山田まりや他
http://www.ts-dx.com/next/nagareboshi/



ここまでくると、もうランク付けは不可能でした…(^_^;)
どれもが印象深く心に刻まれた舞台だったかと。
長くなるので割愛するけど、詳細な感想等については
それぞれの観劇レビュー(タイトルリンク先)を見てください。

しかし、こうやって羅列してみると、
自分の趣向的に上位にくるのはやっぱりネタ芝居が多くなってしまうな(笑)


あと、様々な理由で上記ランキング選考にはあえて含めなかった公演を番外編として
さらにもう5本ピックアップしときます。(↓)


【番外公演編】(※お笑い、エロ・アングラ系等々)

●ラーメンズ第17回公演『 Tower
【東京公演】4/1(水)~4/12(日):下北沢本多劇場
作・演出;小林賢太郎
出演;ラーメンズ(片桐仁・小林賢太郎)
http://www.rahmens.net/playlist.html

これを含めて選考すると間違いなく上位10本の中に含まれるのだけど、
でも今回はあえて選考外にしました。芝居といえば芝居だけど、
オムニバスコントという性質上同列に扱うのはちょっと違うかなと思ったのがその理由です。
やはりラーメンズは自分にとっては特別な存在(コンビ)なのです^^


●ポツドールvol.18『愛の渦
THEATER/TOPS:2009年2月19日~3月15日
脚本・演出 三浦大輔
出演:米村亮太朗/古澤裕介/井上幸太郎/富田恭史/脇坂圭一郎/岩瀬亮
    美館智範/江本純子/内田慈/遠藤留奈/佐々木幸子/山本裕子
http://www.potudo-ru.com/index2.html

これもアングラ系の舞台ということで評価基準がまったく違うので番外に外した舞台です。
(詳細はリンクレビューにて)
ちなみにポツドール主宰:三浦大輔の次回作(5月)はなんと!PARCO劇場!
しかも主演が秋山菜津子と松尾スズキだって…ど、どーなるんだ?!これwww


●毛皮族 2009年本公演『社会派すけべい
下北沢駅前劇場2009/11/19(木) ~ 2009/12/01(火)
脚本・演出:江本純子
出演:江本純子/町田マリー/羽鳥名美子/高野ゆらこ/武田裕子/
    延増静美/平野由紀/高田郁恵/柿丸美智恵/金子清文
http://www.kegawazoku.com/stage/sukebei/index.html

これも評価基準が他とは違ってくるエロ(おっぱい)系に属す舞台(笑)
と、ここを見ている方で勘違いされてる方が多いかもしれないけど、
自分は"おっぱい星人"に間違いはないけどw、巨乳好きではありません。
美乳好きなのです(笑)
そんな美乳の女優集団が毛皮族。それだけでもう…100点満点なのですw



●『歌舞伎座さよなら公演』二月大歌舞伎
歌舞伎座:2009/2/1~2/25
【演目】
一、倭仮名在原系図 蘭平物狂(らんぺいものぐるい)
(三津五郎/翫 雀 /秀 調/宜 生/橋之助/福 助)
二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
(吉右衛門/梅 玉/染五郎/松 緑/菊之助/段四郎 /菊五郎)
三、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)大川端庚申塚の場
(玉三郎/松 緑/新 悟 /染五郎)
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2009/02/post_36-Printout.html

初歌舞伎鑑賞にて最後の歌舞伎座公演となったのでピックアップしました。
花道真横の席での鑑賞は想い出に残る舞台です。
いつものサポ仕様とは雰囲気がちょっと(かなり)違う着物姿のご婦人2人を
連れ立っての歌舞伎鑑賞もなかなかオツでした^^


●『ロザンのトーク
2009/9/28(月)19:00~(よしもとプリンスシアター)
出演:ロザン(菅広文/宇治原史規)
参考文献w(↓)
http://tounoin.moe-nifty.com/blog/2009/10/post-4b12.html

初体験?!超アウェーのトークライブ。
トークライブそのものも確かに面白かったのだけど、
それより隣の人の異様なキョドり方の方がちょ~面白かったw



以上、2009年ベスト公演:計25本の紹介でした。


最後に昨年に続いて座席位置の統計結果も出してみたのでついでに載せておきますね^^

【全72公演(お笑いLIVE含)座席内訳】

1列目:31回
2列目:10回
3列目:12回
4列目:8回
5列目:2回

6列目:5回
6列以降:3回

桟敷席:1回




全観劇数の9割5列目以内の座席だった…( ̄Д ̄;;

力ずくで取ったチケットもあるけど、抽選にも恵まれた1年だったな。。。(幸)



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/06(水) 11:21:22|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:3
<<携帯にまつわる話かと思いきや?! 互いにネタ合戦www | ホーム | 2009年総括LIVE編 【心に残った2009年LIVE10本】>>

コメント

その夜明け、嘘は仕事で行けなかったのが今でも後悔です。。。

ラーメンズ、小林賢太郎さんですけど今年は2月からぽつねんもあるのも発表されましたね(^o^;
絶対にチケ取るつもりですけど、そのために早くJの日程発表を。。。
  1. 2010/01/06(水) 20:10:26 |
  2. URL |
  3. かっちゃん #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

やっぱり「その夜明け、嘘」は良かったですよね
円形劇場は仕事でチケット流して(涙)・・・力ずくでとった横浜ブリッツを思い出しました(笑)

同期の結婚式で流した「パンク侍、斬られて候」はホント心残りです・・・

「Piper」と「薔薇とサムライ」はランクインしそうですね(笑)
  1. 2010/01/06(水) 20:56:56 |
  2. URL |
  3. ヘルベグ #-
  4. [ 編集 ]

かっちゃん、
お久しぶり!ポツネンの日程出ましたね!
今回は横浜BLITZでもやるんだ?!(自分はグローブ座しか行けないけど)
ホント早くJ日程出してくれないと…マジで困ってます(泣)

ヘルベグさん、
「その夜明け、嘘」の自己評価はやっぱガチですよ(笑)
あれ観た人の評価は軒並み高いですから。
「Piper」はもう観る前からベスト10にランクインしてますよw
大王の脚本に相武ちゃん、これだけで確定ですv
ちなみに、もしも相武紗希が舞台で素足見せたらベスト3に自動ランクアップします(笑)
新感線は「薔薇とサムライ」よりも秋公演の「鋼鉄番長」の方が
ランクが上に行きそうな予感です。自分が好きなネタ系ですからw
  1. 2010/01/06(水) 23:53:50 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2106-dd0b36cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京DOGSビジュアルフォトブック |

東京DOGSビジュアルフォトブック扶桑社 刊発売日 2009-12-05 「ママ...
  1. 2010/01/06(水) 20:57:31 |
  2. アマゾン情報局

Accidents Series〈11〉高岡早紀+篠山紀信 (Accidents (11)) |篠山 紀信

Accidents Series〈11〉高岡早紀+篠山紀信 (Accidents...
  1. 2010/01/18(月) 19:57:39 |
  2. 得アマゾン情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。