Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年の初観劇は 『東京月光魔曲』

昨日、本年初観劇に行って来た^^


Bunkamura20周年記念企画
東京月光魔曲
2009年12月15日(火)~2010年1月10日(日):シアターコクーン
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:瑛太/松雪泰子/橋本さとし/大倉孝二/犬山イヌコ/大鷹明良/
長谷川朝晴/西原亜希/林和義/長田奈麻/赤堀雅秋/市川訓睦/
吉本菜穂子/植木夏十/岩井秀人/長谷川寧//桜乃まゆこ/
嶌村緒里江/森 加織/吉沢響子/渡邊夏樹/伊藤 蘭/山崎 一/
ユースケ・サンタマリア
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/09_makyoku/index.html


thumbnail_20100110115058.jpg



上演時間3時間30分(休憩15分)の長丁場、
良い舞台というのは時間があっという間に経ちその長さを感じないもの。
本作も時間的には上演時間の長さをさほど感じず、
観終わった後の疲労感も特に不快に感じることもなかった。
言い換えれば、その心地よい観劇後の感覚が良い舞台だったのだと言える。

だがしかし・・・

どうにもすっきりとしないのだ。
物足り無さが残るというか、中途半端にまとめすぎた舞台でもあった。

一言で言えば、

『深みがない』

これが実直な感想です。


登場人物が多く、それぞれの関係性も物語りが進むにつれて徐々に明かされてはいくのだが、
本筋と結びつけるのに難があるというか、無理矢理?な各人の設定背景に
首を傾げたくなるところが目立った。
「主役がいない物語」ケラの意図するところは解かるのだが、
でもそれが輪をかけて物語を混沌とさせる要因にもなり、どうにも消化不良を起こした要因にも…。

「月光魔曲」という公演タイトルなれば、
もうちょっと妖艶淫靡な不気味さを演出に醸し出して欲しかったな。
確かに昭和モダンの舞台美術は良かったし、時代背景にもレトロ感は感じた。
そして戦後の混沌とした日常の中の妖しげな人間模様をうまく描いていたと思う。
しかし、そこにリアリティーが欠けるがために自分的には深く入り込むことが出来なかったのだ。
姉弟、夫婦、母と息子、父親と愚息、兄弟、アニキと舎弟、探偵と助手、教祖と信者、
二人称と呼べる二人関係が実に多かった物語だけど、
そのどれもの関係性をもっと深く掘り下げて欲しかったな。心理活劇ならば…。
ってか、この関係を全部掘り下げるとなると、物語自体がとんでもないことになるので
だからこういうストーリー構成になったのだと思うけど、
自分が思うには、それだったら登場人物をもっと絞って
各人の心情の深いところまでをしっかり描いて欲しかったなと。そう思うわけです。
(田舎から出てきた兄弟(ユースケ&長谷川)と宗教は余計だったと思う。。。)

いや、各俳優さんの熱演(特に山崎さんと犬山さんと大倉www)は凄かったんですけどね・・・(^_^;)


ちなみに観終わった後、一緒に観てたWさんとの一致した第一声はこれでした(↓)


とりあえず、妖術はすげぇwwww ←妖術で全てをまとめてしまったという皮肉込み


それと、

終電まで飲んだ後、Wさんと渋谷駅で別た後の帰り道、
電車の中でずっと思い返していたのだけど、そこで一つ気付いたことがあった。
この芝居に決定的に足りなかったもの、それが思い返して判った!!!


エロだ!www


エロスの表現が物足りない!
ポツドールとまでは言わないけど、そこにリアリティが欠けたのが
自分的にこの舞台にのめりこめなかった最大の要因だ!それに気付いた(笑)

近親相姦(姉と弟、母親と息子)、アブノーマル(サゾスティック&マゾヒズム)、
売春、猟奇殺人、そして妖術・・・
アングラな世界を描いたのと同時にこういった戦後の闇の精神世界を描こうとしたのだけど、
でもそこがあまりにも綺麗すぎた・・・orz
できれば、そこ、もっと突っ込んで欲しかったな…もっともっとドロドロに(^_^;)

欲を言うなら、松雪さんには言葉攻めとか目隠しプレイだけじゃなく、
ヒールで山崎一の顔面を踏みつけて恍惚の表情を見せる、
といったそれくらいまでのことはして欲しかった、、、なと。

あ、これは個人的欲求か?!(^_^;)


でも、まぁ、3時間半があっという間に感じたということは
不満はあれどなんだかんだ言っても全体的には良い舞台だったということでしょう…^^

ケラには次回作(松たか子主演)に期待しますっ!




スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/10(日) 12:07:31|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日より2010シーズン始動!! でも自分はまだまだのようで・・・(苦笑) | ホーム | 今年1発目のチケット争奪戦は大勝利www>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2110-a9b9f275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。