Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これはリアリティすぎる!?『のぞき見』と称する芝居?を観に行って来た!

先週金曜日のこと。(正確には土曜日早朝間近)

3連休の予定が土曜日に舞台を観に行くことしか入ってなかったので
日曜日と月曜日(祝日)に何をしようか?と、何気にNETを巡回して探っていたときのこと。

"面白そうな芝居は何かないか?"と、演劇関係のHPをいろいろ漁っていたのだが、
すると、とある劇団のHPが目に留まり、しばらくの間 目が点になったのだった。

『な、なんだこれ?』


内容的にも何となくの想像しかつかないし、初めての試み?
場所も都内某所としか記されていない。

『これは演劇なのか?』

『でも、劇団主催だし、やっぱ芝居なんだよな???』

『チケット代が1500円だし、これなら怖いもの見たさで?ちょっと行ってみるか?』


怪しさプンプンだったけど、あまり深く考えずこんな感じで
その場ですぐさまチケットをリザーブしたのだった。

それがコレ(↓)



劇団"ガレキの太鼓"
この部屋で私はアレをして』-罪悪感混じりの快感をあなたに-新婚夫婦編
2010年1月5日(火)~13日(水):月島・某マンション20?号室
作・演出:舘そらみ
出演:内堀太郎/吉田紗和子
http://garekinotaiko.com/?page_id=193

イケないもの程見たくなる。
そんな欲求満たします。
他人の生活のぞきに来ません?
どこの家かはご予約下さるあなたにだけ、お知らせいたします。


zeeb.gif



劇団のサイトからチケットを予約すると、すぐに返信のメールが届いた。
メールには公演当日の待ち合わせ場所と時間、
さらには観劇にあたっての諸注意事項が記されてあった。(以下抜粋)

【集合場所は月島駅の○番出口の地上へ上がる階段の途中、時間は開演の20分前】
そして、
【当公演は、のぞき見公演のため、通常の公演のような受付業務が困難なため
 待ち合わせ場所にてお金を払ってもらう】
【駅からマンションまでは係の者が案内する】
さらに、
【今回はマンションでの"のぞき見"公演となるから、あくまでも、のぞき見ということで、
 お客様のご協力のもとにこの公演は成り立ちます。】
【何卒、ご協力いただけますようよろしくお願いします】
とのこと。



これだけでもなんか、ドッキドキだなぁ・・・(笑)


ということで当日。

時間通りに指定された月島駅○番出口に辿り着くと、
既に係りの人(20代女性)がいて先着の観客?が5人ほど待機していた。
で、ここで観劇料の1500円を払い、引き換えにチケットの半券を受取って
ここからマンションまで徒歩で案内してもらった。
徒歩3分くらいの距離、極々普通のマンションの1室。
一般のマンションなので他の住人に迷惑がかかるといけないからと、
5人づつ2組に分けての案内となった。

オートロックのエントランスから階段で2階に上がり、部屋のドアを開けてそこで靴を脱ぐ。
中に入ると、すぐそこがリビングダイニングルームになっていた。
どう考えても普通に人が住んでるマンションの一室。
ここがこの舞台となる。

生活臭が漂うこの空気感、、、妙に緊張するなぁ。。。(苦笑)


劇団のスタッフ?にコートを預け、そのリビングルームの壁際に並べられた
小さな箱型に座布団を載せた腰掛椅子?に座って待つように指示される。

部屋の配置関係(間取り)はこんな感じ(↓)

玄関から見て左側がこのリビングルーム。右側がキッチンと2人掛けのダイニングテーブルあり。
さらに正面奥に2部屋(うち1つは寝室)、キッチン奥に浴室&トイレ。
リビングルームには中央にローテーブルと2人掛けのローソファー。壁際にTVとDVD。

2LDKの普通のマンション?

で、舞台となるのは、このリビングルームと、連なる間仕切りがないダイニング、
合わせて約12,3畳の一つの空間?!

我々観客はこのリビングルームの壁際に一列に並んで腰掛けて(体育座り)、
リビングルームのソファーと台所のダイニングテーブルでの出来事をただ黙って眺める…

大体こんな感じ?


のぞき見というより、"ガン見"ですなwww


この日の観客は10人。(うち2人は劇団スタッフ?)
男性5人、女性5人。劇団のお知り合いの方が多かったかな?

で、空いてる場所に腰掛けると、目の前のローソファーに既に女性が一人腰掛け、
携帯をいじりながらTVを見ていた。

まったく我々には目もくれず…。


っと、既に芝居は始まっているかのようだった…( ̄Д ̄;;

とある休日の昼下がり。
昨夜飲み会で深夜に帰宅した夫はまだ寝室で寝ていて、
妻は食事の用意をしながら夫が起きてくるのを手持ち無沙汰に待っている。
役者はこの2人。
20代半ばくらいの若い男女。
会話の中から紐解くと、この日が新婚生活1ヶ月目。

なかなか起きてこない夫を甘えた仕草?で起こしに行くところから
芝居はいきなりスタートしたのだった。


(以下、感想w)


いやぁ~リアリティありすぎだわwww

芝居なのか?アドリブなのか?まったく判別つかず(笑)
まじで極々普通の?新婚カップルの会話と日常を垣間見た気がした。
お互い外では絶対見せない甘えた仕草と夫婦間の会話、
見てるこっちが赤面するくらい・・・(^_^;)
なんか、昔の自分もこんな感じだったのかな?と、妙に生々しく感じてしまった(苦笑)
あと、なんといっても、あまりにも距離が近すぎるため、目の前で抱き合ってキスされると、
その生々しい漏れ音(チュウ音)までもがモロ伝わってくるもんだから、
こっちも思わず生唾ごっくんの飲み込み音が向こう側にも聞こえてたんじゃ?(^_^;)

けして、のぞき見って感じじゃなかったけど、でも、
「いけないものを見る」 「他人の家庭生活をあからさまに見る」
この点においては存分に堪能出来ました^^
随所にエロさ(ラブシーン&リアルエロトーク)もあったしねw


はっきり言って、ストーリー性もなければ大したオチもなにもない、
ただの新婚家庭の夫婦の生々しい会話シーンだけを再現してそれを見るだけだったのだけど、
でも場所といい設定といい、あまりにもリアリティがありすぎたので、これはこれで楽しめたかな?
普通の演劇とはまったく違うけど、これも1つの演劇の世界なのだなと…。

まだ昨年立ち上がったばかりの若い劇団で、関係者もみんな若い。
目新しいものにチャレンジするその姿勢は素晴らしいなと思った。

あと、演じた俳優さん?がいかにも素人っぽくて、
それがまた余計に現実感を醸し出していたかと。(いい意味で)
もしも一度でも舞台で観たことある俳優さんが演じていたら、
きっとこれほどリアルな空気を感じることは出来なかっただろうね…。
この俳優さん2人、セリフなのか?アドリブ会話なのか?
それがはっきりと判らないくらいに極々自然に振舞って、
本当に仲の良い若夫婦を演じて見せてくれたのだけど、
でも、きっと本人たちは視線が気になるほどの近さの観客に晒される中で演じなきゃいけないから
これはこれでやりにくかっただろうな…(^_^;)

でも一度も観客と視線を合わさなかったのは凄いなと、、、。


一応、流れ(ストーリー)的には、
寝惚けた顔で起きてきた夫の夜遊びを咎める彼女、
冗談交じりに浮気はしないと誓う夫、そして風呂に入りに行く夫。
夫が入浴中に妻が夫のかばんの中からレンタルのアダルトビデオ発見www
そのビデオを再生しながら拗ねる彼女になだめる夫(笑)←(このへんシモネタありw)

で、そこはうまく誤魔化し、二人でダイニングテーブルでカレーを食べる。
食べながら夫、かばんから新婚一ヶ月記念のプレゼントを取り出しそれを妻に差し出す。
妻からは夫宛の手紙(ラブレター)が・・・。(夫テレながらも愛を誓う)

だが、この後ちょっとシリアスな展開気味に・・・

怪訝な顔つきでぼそっと囁く彼女。


『生理がこない』


(ちょwwwいきなりwwww)


動揺する夫、そんな夫の姿をみてイラ立つ彼女。

二人ともに子供が出来たことに不満じゃないが、
心の準備と将来設計がまだ出来ていなかった故に
この現実にうまく向き合えない様子・・・。(このへんの心情はかなりリアル)

で、二人でこれからのことをいろいろと話し合うが、
まだ生理が来ないってだけで妊娠が発覚したわけじゃないということに気付き、
すぐに妻が買ってきた妊娠検査薬を使って調べてみると・・・

実は妊娠していなかったというオチ(笑)


で、最後は二人とも『残念な気持ちは確かだけど、でもやっぱりホッとした』と、
素直に話し合って、また抱き合ってイチャイチャと・・・w

A(キス)から彼女のシャツを脱がしBまで進んだところで、

『コンドームは?』、『ない』、『もうこんな不安な気持ちになるのはイヤ』、
『じゃぁ2人で買いに行こ!』という流れで、
最後は2人で玄関から出て行ったところで終了。

上演約1時間の"のぞき見"でした。


本公演は2部構成で、もう1つ『ガールズパジャマパーティ編』というものがあるのだけど、
こっちもちょっと見てみたくなったな・・・(笑)


以上、休日にわざわざ月島まで足を運んだ甲斐はあったと思えたちょっとヘンな?演劇でした(笑)




スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/12(火) 13:09:48|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ほんのちょっとだけのブレイクタイム…。 | ホーム | 本日より2010シーズン始動!! でも自分はまだまだのようで・・・(苦笑)>>

コメント

ありがとうございます!

ガレキの太鼓・宣伝美術の大木と申します。
こんなにロングな感想、ありがとうございます!!
とても嬉しいです!!

>休日にわざわざ月島まで足を運んだ甲斐はあったと思えた
もうこのお言葉だけで。お腹いっぱい、胸一杯です。笑

制作の演出にも、ドキドキ感を感じていただけたようでなによりです!

もし、ご迷惑でなければなのですが
当劇団のホームページで
「ウェブ上の観劇の感想」を集めるページを作成したいと、勝手ながら考えているのですが、
こちらの記事に、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
ご検討いただけましたら幸いです。

ガレキの太鼓は3月にも公演を予定してますので、
もし、ご予定が合いましたら、
ぜひ足をお運びいただけると幸甚です!
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます♪
  1. 2010/02/08(月) 20:24:05 |
  2. URL |
  3. ガレキの太鼓 #DhuRAo1g
  4. [ 編集 ]

先日はお世話になりました。
準備、段取り等大変だったと思いますが、面白い企画公演?
存分に楽しませて頂きました^^

リンクの件、OKです。
ですが好き勝手書き殴っているこんな内容の感想でもよろしいのでしょうか?
まさか関係者の方が見て頂いてるとは露知れず
、随分失礼な?こと書いたりしてますが…(汗)
役者さんからクレーム来なければいいのですが(^_^;)

また次回公演も楽しみにしてます♪
  1. 2010/02/09(火) 01:07:24 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

すみませんw

リンクの件、ご快諾ありがとうございます!
こちらこそ、静かにこっそり見ていればいいものを、しゃしゃり出て図々しくコメントまでしてしまってすみませんでした。^^;
こんな申し出にこころよくお応えいただき、感謝しております。
クレームなんてとんでもないですよ!
まだ立ち上げてやっと1年足らずの劇団なので、ブログに書いていただける一つ一つの意見が指針になってます。本当に!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2010/02/15(月) 20:17:06 |
  2. URL |
  3. ガレキの太鼓 #DhuRAo1g
  4. [ 編集 ]

いえいえ、コメント残して頂けたのは嬉しく思っております^^
次回3月公演も都合つけて足を運びたいと思ってますので
こちらこそよろしくお願い致しますm(_ _)m
  1. 2010/02/16(火) 01:10:53 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2112-0c405cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。