Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隣同士で違う役者ばかりを追っていると、互いの視線が交差して気恥ずかしい(笑)

今週も終日忙しい日々が続きそうで更新が難しいかと思いますが、
とりあえず仕上がった観劇レビュー(先週金曜観劇分)を1本上げておきますね。

あ、明日(今日)から満を持しての?『Piper』3連発(水・金・日)です^^
全公演見終わってから感想上げますね~~~♪



新感線☆RX『薔薇とサムライ』~GoemonRock OverDrive
2010年3月16日(火)? 4月18日(日) :赤坂ACTシアター ※最前列席
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
作詞:森雪之丞
出演:古田新太/天海祐希/浦井健治/山本太郎/神田沙也加/森奈みはる
橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと/藤木 孝/右近健一/逆木圭一郎/他
http://www.bara-samu.com/

ときは17世紀、ところは日本を遠く離れたイベリア半島の一小国コルドニア王国。
その領海で暴れまわっている海賊の石川五右衛門(古田新太)は、同じくその界隈を荒らしている
女海賊アンヌ・ザ・トルネード(天海祐希)と戦友になり、彼女の船で用心棒をすることになる。
とある港町で、五右衛門は彼をつけねらう賞金稼ぎのデスペラード豹之進(山本太郎)と戦う羽目に。
しかもその隙を突かれ、アンヌは城の兵士に捕らえられてしまう。
城に連れて行かれたアンヌを待っていたのラーカム・デ・ブライボン大宰相(藤木孝)。
王の血筋が途絶えた今は、彼が国を仕切っている。だが、大宰相はアンヌに王になれと告げる。
彼女こそ先王の娘だというのだ。
城に入ったアンヌは、侍女エリザベッタ(森奈みはる)から貴婦人教育を受けるはめに。
社交界デビューのダンスパーティーで、隣国の王子、シャルル・ド・ボスコーニュ(浦井健治)は
彼女にひとめぼれをする。そして、そこにはアンヌを心配して潜入していた五右衛門もいた。
貴族に変装していた五右衛門のことが気になり、うるさくつきまとう大宰相の孫娘の
ポリー・デ・ブライボン(神田沙也加)。
それぞれの思惑が交錯する中、女王としての立場に目覚めていくアンヌはついに"海賊討伐令"を発布。
彼女自ら甲冑を着込み軍を率いて、かつて仲間だった海賊たちに戦いを挑むことになってしまう。
海賊仲間を守るためアンヌと対決する五右衛門。
国王と海賊、立場を分かつ二人の誇りと意地が激突する。
だが、女王擁立の裏には大宰相の国家的陰謀があった。
五右衛門とアンヌ、果たして二人の運命やいかに!?


s0500.png



劇団☆新感線』は第一期の募集時からの有料会員に加入し続けていて、
毎回会員向けの先行販売にてチケットを購入し続けてきたのだけど
今回初めて最前列席(それもセンターど真ん中)が割り当てられた。
意外かもしれないが、新感線公演を最前列で観たのは、今回が初めてだったのだ^^

これはもうね、
視界を遮るものが何も無い一番前で観ると、別世界のようでしたわっっっ( ̄Д ̄;;

とにかく!天海祐希さんのオーラがとてつもなく!
芝居そっちのけで彼女に目が釘付けになってしまった…(汗)

役柄(女海賊&あばずれプリンセス?)といい、
七変化する衣装に背筋がビシッと伸びた立ち姿にオーラを纏った佇まいと、
ヅカ時代を彷彿とさせるというか、ヅカのトップスターだったからこそ、
この役どころがここまでカンペキに決まったのだと。
とにかく、この舞台は天海祐希のために用意されたステージだったと、
そう言い切っても過言ではないと思った。

歌は飛び抜けて上手いってわけじゃないし、
殺陣シーンも(さすがにこれは不慣れだったか?)華麗ってわけじゃなかったけど、
それでもキメのポーズで全てを引き立たせるから、それがなんともいえない美しさに仕上がって、
この人の一挙手一投足全てに魅了され続けた…。

う~ん・・・

あの美貌とスタイル(バランス)はとても42歳には見えん…(汗)


なに食ってんだろ??(笑)


ちなみに"天海萌え"の自分に対し、
古田(新太)萌えの同伴者(某花ちゃん)は当然ながらフルチンに一点集中だったため、
お互いの舞台へ向ける視点がまるで違っていて何度も視線が交差して
芝居中に全然違う方向を向いていた2人組だったwww


公演については、もうさすが!新感線!!! と言うしかないだろう。
芝居のスケール的には『別格』と位置付けしてもいいくらい。
それも今回は劇団30周年記念公演だったのだから、余計に豪華仕様?!
確かにお金をかけてる(その分チケ代も高い)だけのことはあるが、
それでも十分元は取れたというか、これだけのスケールであれだけのものを魅せてくれたのなら、
12500円を払っても観る価値は十二分にあったかと・・・
そう思えた公演でした。(^_^;)

新感線公演の中でも『RXシリーズ』は生バンド演奏、それもロックとくれば
それだけで"自分テイスト"にぴったりと当てはまるのだし
そこに"中島&いのうえ"という最強コンビの作品が重なるのだから
新感線公演の中でも一番好きなシリーズなのです^^
(もちろんネタ系の『チャンピオンまつり』も大好きだけどw)


役者陣について。

古田さんについてはもういいでしょう。
相変わらず楽しそうに演じていたな。。。
珍しく?今回は脱がなかったけど、赤フンをわざとチラチラさせてたのは
最前列の客にはかなり目の毒でした(笑) ←隣で観てた人除くw

あと、客演では浦井健治が良かったなぁ~~~♪
主にミュージカル系の俳優ということもあり、自分は今回が初めてだったのだけど、
実に面白い俳優さんだ(笑)

それと、神田沙也加!!!
素晴らしい~~~~~!
一見、辻ちゃんみたいな?キャラなのに、その演技力は堂に入っていて実に大したもの!
時折、母親の松田聖子のアイドル時代を彷彿させるくらいに輝いていたっけ。
やっぱ血筋がいいのだろうね…(^_^;)
今後、場数を踏んでいけばいい女優さんになるだろうと、
そう期待せずにはいられない沙也加ちゃんでした^^

劇団の顔とも言うべき人たち、橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと/
この人たちのことはもういいでしょう(笑)
満点ですwww
まぁベタというか、じゅんさんのネタふり、高田さんの悪女チックな役まわりはいつも通り、
"おや?粟根さん、今回は珍しく?ずいぶんと良い人的な役を回してもらってるじゃん!"
って思って観てたら、そこは期待を裏切らない!?
正体暴かれるとやはりの小悪人だったという毎度のオチwww

ホント、(ある意味)安心して観てられるわ~~~(笑)


次の公演はネタ系『チャンピオンまつり』!
同じく30周年記念興行となる『鋼鉄番長』(10月)
http://www.ko-tetsu.jp/

同じく11月には『大人計画』の3年ぶり?のフルキャスト公演もあるし、
今年の秋は"笑いの秋"となりそうで今から楽しみです^^




スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/21(水) 01:10:17|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<お久しぶりですw 大阪行ってました…(出張だけど) | ホーム | 【2010 J1 第7節vs川崎フロンターレ】『こんな○○が見たかった!』が、いっぱ~~い!!!>>

コメント

いいなぁ。最前列。
薔薇とサムライ、新感線は初めての友人と11日に見てきました。
チケット代12500円だけど、あの内容なら大満足。
長いお芝居を見るのは初めてだった友人も文句なく楽しめたみたいで、喜んでいました。
アンヌ役は他にちょっと考えられないほど、天海祐希にはまっていた。
かっこよかったわ。
お話も敵味方がくるくる変わって、面白かったです。

  1. 2010/04/21(水) 22:50:31 |
  2. URL |
  3. しげちゃん #-
  4. [ 編集 ]

『薔薇サム』御覧になったのですね

自分は初日に観たので遠い昔のようです(笑)

>橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと
>この人たちのことはもういいでしょう(笑)
このコメントに笑わせてもらいましたwww

神田沙也加&橋本じゅんのセットはシュールでしたねw

昨日のPIPER@本多劇場
一応最前列みたのですが、発見できなかったですorz
相武ちゃん生足でなかったですねw
  1. 2010/04/22(木) 08:45:09 |
  2. URL |
  3. ヘルベグ #-
  4. [ 編集 ]

確かに視線が X になってましたね(笑)
(左側の私→右の古田 右側のshigezooさん→左の天海)

本家での彼は特に楽しそうに演じているのでとてもとても幸せ~e-420
それを最前列で鑑賞できたのは久しぶり!!
贅沢な公演を本当にありがとうございました。
次回「番長」も是非よろしくお願い致しますm(__)m

しかし古田は赤やピンクの派手な下着がやけに似合う…。
フンチラされたら自動的にチェックはしますが(笑)、
下着にも中身にも萌えません。
心踊らされるのはパフォーマンス(演技)のみ!
サッカー選手と同じですv-10
  1. 2010/04/23(金) 15:27:51 |
  2. URL |
  3. 某花 #pZUs75Kk
  4. [ 編集 ]

しげちゃん、
席はちょっと後ろの方だったみたいだけど、
でもストーリー自体は解りやすかったから初めての人でも楽しめた舞台でしたね。
但し、ACTは本当に観辛い劇場だから大変だったと思うけど…(苦)

ヘルベグさん、
あれ?piperは普通に最前列にいましたよ。
センターど真ん中でスーツ姿で相武ちゃんばかり追っかけてた変態チックな男が自分ですw
そう、生足があれば10000点満点だったのになぁ…残念でした(^_^;)

某花ちゃん、
その節はどうも^^
十分堪能出来た1日だったね。
でも萌えないのかぁ…
自分だったら昇天すると思うけどなぁ…(笑)
ま、そーいうことにしときましょうw

  1. 2010/04/24(土) 02:37:25 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2202-6c546b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。