Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【Piper#8『THE LEFT STUFF』】相武紗季に首ったけ……(前編)

昨年の10月に製作発表が行われて以来、
ここで何度も(注目公演として)取り上げてきた舞台。

Piper#8『THE LEFT STUFF』

先週1週間で3公演観て来た^^
事前の告知イントロダクションや後藤ひろひとのインタビュー記事を読んで
これはひょっとしたら物凄い舞台になるかも??

そんな予感めいたものを感じていたのだが…


はい。物凄い舞台でしたwww


何が凄いって、そりゃぁもう、、、 相武紗季ちゃんですよ!!!^^
いや、もちろんこの"観客参加型コメディ"という奇抜な戯曲自体やその演出方法、
それに加えたPiperの面々も文句なしに凄すぎたのだけど、
でもそれ以上に凄かったのが女優・相武紗季なのです。
初めての生舞台でアクが強すぎる奇妙な連中を向こうにまわして
これだけの堂々たる演技をこなしたってことに、
彼女の女優としての資質の高さに脱帽したわけなのです。(あくまでも自分の見立てですが)

昨年の月9ドラマ『ブザービート』での彼女の悪女姿を見て、
オレは物凄い衝撃を受けた。
CMの女王と揶揄されてるような"清潔で健やかな印象"を全てかなぐり捨て
ヒール女の配役をこれでもか!と演じきった相武紗季。
このドラマで自分は主演の北川景子はそっちのけで、相武紗季に釘付けになってしまったのだけど、
もう1人、その彼女の魅力の資質を見抜き高い評価を下したのが、
今作の作・演出を手掛けたPiperの『大王』こと後藤ひろひとだったのです。
以前、彼のインタビュー記事を読んだことがあるのだけど、
その中で大王は相武紗季の『ブザービート』での悪女役を観て、
是非自分の舞台で起用したいと願ったそうだ。
それが今回の舞台起用で実現したわけなのだけど、
いったいどんなオファーを出して彼女をその気にさせたのかまでは解からないが、
少なくともその起用経緯(動機)については大王自らが記事中で答えていたので、
おそらくというか、間違いなくこの舞台では悪女役を彼女に当てはめるだろうと、
そう予想していたのだが…(願望込めて)

それにしても、ここまでドンピシャに輝く役回りを彼女に与え、
そしてそれに応えるべく見事に悪女役を演じきってしまうとは…相武紗季ちゃん…( ̄Д ̄;;


ふげふげ参りました…m(_ _)m


相武紗季ちゃん、すげぇーーっよ!!!

尖がったツンキャラ、大王の巧みな演出と演技手法、さらにはそこに用意されたセリフ回しの数々、
これはもう彼女に与えられた最高!の演出舞台だったかと。

ドM男にはたまりませんでした(爆)


詳しくはこの後の本編で述べるけど、
とにかく、この舞台はそれ以外のことも含め、
いろんな意味においても最高評価を下すに値する舞台であったかと。
予感通り、今年度上半期のベスト公演に間違いなく上げられる作品だと思う。

でも、生脚を見せてくれていたら10000点満点に達していたのになぁ。。。(苦笑)


Piper第8回公演『THE LEFT STUFF』
4月10日(土)~25日(日):本多劇場 ※最前列(2回)・3列目(1回)
【作・演出】後藤ひろひと
【出演】Piper[川下大洋/後藤ひろひと/山内圭哉/竹下宏太郎/腹筋善之介]
相武紗季/岡田義徳/川田広樹(ガレッジセール)
http://www.the-left-stuff.com/index.html

http://ticket-news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=201004270003&imageCd=0

ストーリー
海底に埋没する莫大な次世代エネルギー「メタンハイドレード」を調査すべく結成された
「NEO(Next Energy Observulation)」。
その研究室には「海の家」と呼ばれる設備がある。
その部屋は「海底調査員選考」のために使用される。
そこに送り込まれる候補生。男性6名、女性1名。
それぞれが優秀なダイバーや優秀な地質学者など。
誰もが皆「NEO」の海底基地で働く事にただならぬ情熱を持っている。
そんな彼らを詰め込み「海の家」が施錠された。期間は7日間。
どうにもぎくしゃくしたおかしな奴らが共同生活を開始する。
そこにはその全てを観察する監視室が用意されている。その監視室こそが、「客席」なのだ。
観客は、7日後にたった一人を採用するのである。
「THE LEFT STUFF」は、かつてない観客参加型コメディとなるだろう!
2010年.あなたの指令でPiperが動く!


thumbnail7.jpg



そんなわけでずいぶんと前置きが長くなったが、
今回は結局3公演を観てきたわけで、平日公演は最前列センターど真ん中で2回、
千秋楽公演が3列目センターと、いずれも良席を確保していたのだった。
(イマイチ期待ハズレだったら2回でやめてたと思うが…)
振り返ってみれば、Piper公演はこれで4公演連続で最前列で観たことになる。
いつもアザース^^

で、ここからのレビューもたぶんめちゃくちゃ長くなると思われるけど、
せっかく3回も観たのだから出来るだけ詳しく書こうと思ってはいるものの、
その3回分がごちゃ混ぜになって記憶が混同してるかもしれないが、
そのへんの細かなところはご容赦を。(^_^;)


////////////////////////////////////////////////////////////////////////


まず、劇場に入ると、チケットのもぎりスタッフから物品販売スタッフまで、全員が白衣着用。
しかも無駄に?活気があってなんかいつもの本多劇場と違うw
しかし客席に入ると外の活気とは一変し静かな怪しげな雰囲気に包まれていた。
客席内に立つスタッフも白衣着用だったが、
照明・音響効果も含め一応実験室のような?そんな設定がなされていた。
そして、そのまま舞台の上に上がるように白衣スタッフに即される。
舞台の上に立てかけられた1枚のボード。そのボードに「実験に同意する証」の署名をしろと。
「絶対署名しなきゃなんないの?」と聞くと、「お願いします」とただ一言返ってくるのみ。
なので、しょうがなく?署名をした。『shigezoo』とw

しかし、初めて劇場の舞台の上に立ったけど、
舞台の上から客席を眺める機会なんて滅多にないから、
ある意味これは貴重な経験だったかな。
ってか、意外と最前席って、役者目線では視界にまったく入らないのな。
(一番視界に入るのは真ん中通路の前の席あたりだった)

で、次々と観客が署名を済まし、開演を待ちわびていると、
客席通路から大王(後藤ひろひと)が同じく白衣姿で登場!

インカムマイクを装着して観劇の諸注意やら実験への参加趣旨の説明やらを一通りした後、
大王自らもボードに赤ペンでサインする。
そして、実験当事者7人が紹介アナウンスが流れる中一人づつ舞台袖から登場して
同じくボードにサインをして舞台(実験室)の中へと入っていったのだった。

いやぁ~この時の相武紗季ちゃん、
グレーのスーツ(&ハイヒール)にフチメガネ、髪はアップにまとめた女秘書のようなファッション。
既にツンキャラ的なイメージそのままに颯爽と登場し、
ササッとサインして自信満々に中に入っていったのだけど、
あ、あの、これは…反則です(劇汗)

あの容姿のままで罵声を浴びる想像をしただけで勃起しましたwww

ちなみにこの署名ボード、なんか意味があるのか?と思ったのだけど、
舞台が終わってみて、意味があったようななかったような…
ぶっちゃけそれほど重要なものではありませんでした(苦笑)
(帰る時劇場ロビーに飾られてあったけど)

舞台設定は先ほど言った通り『海の家』と称する密室が舞台。
舞台奥に大きな鉄の扉があってそこが入口。
中に入るとリビングルームの中央にコの字型のテーブルがあり、左右両壁際に机と椅子。
左側の扉奥が各個人の寝室、右側扉奥がトイレとお風呂
(いずれも客席からは見えない)という設定。
あ、舞台と客席の間に間仕切り壁が一応あって、暗転時に上げ下げするのだが、
ここには大きな鏡があって、マジックミラー(密室から客席は見えない)になっているという設定です。

で、ここから7日間に渡る実験が開始されるのだが、
オレンジ色の作業服?に着替えた7人がこのリビングに集まったところから物語はスタート。
まずはお互いの自己紹介から始める7人。
ここでも相武紗季ちゃんのツンキャラ爆発!
髪をいじりながらウザそう且つ怪訝そうな表情で他の6人を蔑ます目つきがたまりません(笑)
一応、7人の設定はこんな感じ(↓)

Aさん(名前忘れた)=岡田義徳
Bさん(三島ゆう)=相武紗季
Cさん(なんとかエーキチ)=竹下宏太郎
Dさん(イーサン小西)=川ちゃん
Eさん(元木)=腹筋善之介
Fさん(三島ゆう)=山内圭哉
Gさん(名前忘れた)=川下大洋

互いに自己紹介をするも(なぜか三島ゆうの同姓同名が2人w)、
途中で各自に渡された箱の中にゼッケンが入っているのをEさんが見つけ
結局最後は本名ではなくゼッケンのアルファベットで呼びあうことにするのだが、
ここでもひと悶着www
ホントの名前がエーちゃんなのに「Cさん」、イーサンなのに「Dさん」
で、ややこしいからゼッケンを交換しろと揉めはじめるw
そして今まで周りから散々「爺さん」呼ばわり&扱いを受けて激怒していた
最年長の川下さんの箱に入っていたゼッケンが「Gさん」で、
みんなに爆笑されてまた激怒するGさんwww

そんなこんなで、そのまま消灯の時間になって1日目終了。

で、暗転してここで再び大王登場。
翌朝の朝食の時間に1つ目の実験を行うと客席に向かって宣言する。

『全員に牛乳を配るが1人だけコーヒー牛乳を与える』
『全員にパンを配るが1人だけジャムパンを与える』

2択を客席の拍手の大きさで決めることに。

この時の自分の観劇結果は、

1回目:ジャムパン
2回目:牛乳
3回目:牛乳

となった。

で、次に、誰に違うものを与えるか?を選択させられたのだが、
これは大王がピンポイントで観客の中の1人を指名した。
この時なんと!2度目の観劇時に自分が指名されてしまったのだ(苦笑)
咄嗟にBさんと言おうとしたけど、1回目がBさんだったので
なんとなく理由も無くEさんと答えてしまった。
3回観てて解かったけど、1回目の時は隣りの人が指名されていたので、
これは毎回指名される席は決まっていたようだ。
で、その結果はというと、

1回目:Bさん(相武紗季)
2回目:Eさん(腹筋善之介)
3回目:Gさん(川下大洋)

これだけで7人×2(パン&牛乳)=14通りもあるのだから
それぞれのパターンを予め用意しておくのは大変だったろうな(笑)

んで、再び物語スタート。
寝室から起きてきた7人。
ダストボックスから投げ込まれたビニール袋に詰め込まれた朝食を取って席に着く。
この後のパターンは、大まかには決まっていたようで、

一人だけ違う人は口に含んだ瞬間ビックリした表情をする⇒
マジックミラーの向こう側に違うと訴えかける⇒
他の人のもの(牛乳&パン)が違うかどうか確認する⇒
自分だけが違うと判って隠れて気付かれないようににんまりとして食べる。

ほぼこんな感じだった。
相武ちゃんは他人のジャムパンを発作的に?手で潰して確認してたw
Eさん(腹筋)は他人の注意をほかにそむけるように大声を出して
その隙に他人の牛乳を飲んでいた。
んで、Gさん(川下)は歩きながら咳き込むふりをして
咄嗟に傍に置いてあった他人の牛乳を飲んでしまったと誤魔化していたw

にんまりしてマジックミラーの方(客席)を向いてジャムパンを食べる相武ちゃん、
カワユスですた^^


で、この後の2日目の実験は『議論』の時間。
まず、「その中から2人組を作れ」と大王から中の7人に指令を出す。
客席の監視員はその様子をしばし眺めるという設定。

同姓同名(BとF)がいるとか、スキンヘッド(EとF)が2人いるとか、
組み易い設定ながらも既に互いの関係は最悪に近かったwのでケンカを始める7人。
そこで埒があかないからと、誰かが誕生月で分けようと提案するも
手を上げたら全員が6月生まれだったww
それじゃぁと、出身地で振り分けようとしたのだが、
これまた仲が悪いB(相武ちゃん)とF(山内僧正)が滋賀県で一致(笑)
ところが誰かが滋賀県の県境に近い岐阜県出身だと名乗り出ると、
そこから滋賀→岐阜→石川→富山→新潟(だっけか?)と隣接県で繋がり、
なぜか一体感が生まれるw
で、最後に残ったのがEさん(腹筋)。
長野?山形?群馬?と、Eさんに期待が集まる室内、
そんなEさんの出身が注目される中、Eさんの発言に期待して静まり返る6人。

すると…Eさんはしばしの沈黙を破ってデカイ声で答えた。



『ペルー!』


さらに続けて答えるEさん。

 『ペルー寄りの微妙にエクアドル』www


この発言に「空気を読め!」と激怒するFさん。Eさんをなじり スキンヘッドをどつき回すw

これに拗ねたEさん、捨てセリフを吐いてトイレに引き篭もってしまい、
結局残った6人で座っている順にペアになって
難なく2人組を作ることに成功したのだった(笑)



っと、まだまだ続くのでここらで一旦ぶった切る。スマソm(_ _)m

続きは明日UP出来るように頑張ります…(^_^;)


スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/28(水) 00:14:51|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Piper#8『THE LEFT STUFF』】相武紗季に首ったけ……(後編) | ホーム | 【2010 J1 第8節vsジュビロ磐田】不穏な予兆を感じての新たな1年の始まり…(試合とは関係ないけどw)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2205-c260418f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。