Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2010 J1 第12節vsベガルタ仙台】もどかしい引き分け・・・

アウェーで引き分けに持ち込んだってのなら、
悪くない結果だと捕らえられるものだが、そう感じることが出来なかったのは
やはり結果そのものより、ゲームの流れが終始うちに傾いていたにもかかわらず
"最後の最後までそのチャンスを生かしきれなかった"
そんなフラストレーションが溜まった展開にスタンドも不穏な空気が流れてしまったのだろう。
捉え方は人それぞれなのでそこはこれ以上触れないが、

とにかく もどかしい引き分けだった。


DSCF3093.jpg


シュート二十数本も打って猛攻仕掛けたのに1点しか取れなかったっていうけど、
な、なんだろ?・・・ホントに二十本以上もシュート打ったっけ??
っていう感覚の方が強かったんだけど・・・
むしろ、なんでそこで打たないんだ?! っていうシーンの方が
よりはっきり覚えているんですけど・・・
試合全般も報道されてるほどそんなに一方的だったとも思わないし・・・(汗)


とにかく、ここ最近目立ち始めたのは、
ひとつひとつのプレーが雑になってきたこと(=集中力欠如)、
そしてゴールに対する執着が希薄になってきたこと(=弱気)

昨年の悪いときに似てきたな、、、と。( ̄Д ̄;;


DSCF3095.jpg



ただ、昨年と違うところは、一つ一つのプレーの意図的なカタチはきちんと出来ているし、
チームとしてはバラバラにはなっていない。
修正すれば十分闘っていけるレベルにはあると思っている。
だからある意味、面白いと感じるプレーもあれば、惜しいと唸る場面だって多々あるわけで、
やはりあとは、プレーに対する緻密さとゴールに対する我欲を持って闘ってくれれば・・・
あわよくば老獪な精神と落ち着き(=ゆとり)をもってプレーしてくれれば言うことないのだが。


この後のリーグ中断をプラスに考えて、
この間にこの先を闘っていけるチームの建て直しを図ってもらいたいなと。

騒ぐのはもうちょっと先でいいぞ!・・・と。


自分はそう思うわけであります…。


強行日程(日帰り)で行ったけど、
スタジアムからの帰りも渋滞皆無で予想以上に早く帰途出来たのが
唯一の嬉しい誤算だったな(^_^;)



DSCF3097.jpg


2010 J1 第12節

ベガルタ仙台 1-1 浦和レッズ


◆試合データ────────────────

場所:宮城スタジアム
開始時刻:2010年5月15日(土)17:04キックオフ
天候:晴れ
観衆:24,162人

【得点】:28分エジミウソン、35分梁(仙台)



スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/05/16(日) 16:10:41|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【 Ken's Bar 2010 at 日本武道館】 もう15周年?!時が経つのは早いなぁ… | ホーム | 8年ぶりの宮スタへ!>>

コメント

お疲れ様でした
試合もですが、風が強かったのもあって、ものすごく寒かったですね
もし来年も宮城スタジアムであるのであれば、牛タンの売店店員数を増やしてほしいっす

仙台泊だったので、翌朝の新幹線でコクーンへ行き
松さんに癒されてきました。やっぱ美人ですよねー

ご存知だと思いますが、
堀北真希初舞台決定しましたね。ジャンヌダルク=堀北真希
楽しみっす
  1. 2010/05/17(月) 09:11:11 |
  2. URL |
  3. ヘルベグ #-
  4. [ 編集 ]

仙台&舞台連チャンお疲れ様でした(^_^;)
売店の店員数は100%同意w
山形と仙台のホスピタリティ意識の差に愕然としました…(汗)

ジャンヌダルク=堀北真希
楽しみですね!脚本が中島かずきっていうのも○です。
ただ劇場がACTっていうのが×ですが…( ̄Д ̄;;
  1. 2010/05/18(火) 00:41:16 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2219-e3acb473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。