Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追いつかないので、まとめてドーン!

えっと、けっしてやっつけではないのだけど、
1つ1つUPしてる時間がないので、ここは一気にいこうかと…(汗)

いや、簡単なショートレビューだけど、
け、けっして手抜きじゃぁ~あ~りません…( ̄Д ̄;;


では、、、今月1日からここまで観終わった芝居 計6本

まとめてドーン!!!w



『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』 
2010年6/17(木)~7/19(月・祝):シアタートラム ※4列目
演出:千葉哲也 翻訳:徐賀世子
出演:堤真一/小泉今日子/大森南朋
http://www.siscompany.com/03produce/28athome/index.htm


堤真一×小泉今日子&堤真一×大森南朋の二部構成。
元々の戯曲は二幕で、今回それに二幕の前段として一幕が新作として付け加えられた。
でも全体のストーリー構成&流れとしては1幕⇒2幕と繋がってはいるものの、
別に1幕目がなくとも芝居そのものに影響はなかったかな…と。(^_^;)

印象に残っているのは…

堤&小泉の生々しい?夫婦会話!?
特に小泉今日子の卑猥な隠語連発にはタジタジになるほど…(^_^;)
(でも心の中ではキョンキョンもっと突っ込め!って思って観てたけどw)

あと、印象深いのは舞台転換が見たことない斬新な入れ替わりだったことかな。。。
(1幕の舞台セットが舞台下にスライド降下し、さらに舞台奥の壁が前面に倒れてきて床になり、
その上(壁の反対側部分)に2幕の舞台セットあり。
1幕では奥壁に円窓があったのだが、それが2幕ではマンホールにそのまま変わっていて、
地下に潜った1幕セットから堤真一が這い出てきて2幕がそのままスタート)



『四畳半ブルース』
2010年7月7日(水)~11日(日):紀伊國屋ホール ※最前列
作・演出・振付・竹下宏太郎
出演:竹下宏太郎/福田転球/遠藤久美子/ トークゲスト:後藤ひろひと
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/yojouhan.html


久しぶりのエンクミ(遠藤久美子)ちゃん!
もっとボーイッシュなイメージを抱いていたのに
なんか、カワイクなったなぁ…^^

これも一風変わった?舞台?!
四畳半のアパートの一室が舞台なのだけど、
その舞台周囲に3人のバンドマン(ドラム・ギター・ベース)を配して、
時折生演奏を交えての舞台進行。(ダンスもあり)
ストーリーは一応?ホラーコメディだったのだけど、
竹下&転球コンビだったからこそ?場が持ったという感じか?
エンクミなかなか出てこなかったし…( ̄Д ̄;;
でも、エンクミちゃんが落ちてきて(笑)2対1になってからは
展開がスピーディーになって、それまでのむさ苦しかったステージ上が一気に華やいだね^^

公演終了後、『宏太郎の部屋』と称するトークショーが催されたのだけど、
毎回日替わりゲストが登場!
自分の回のゲストは…後藤ひろひと大王。
2人とも大のドイツファンらしく?大王はドイツユニ着て登場し、
二人してドイツ!ドイツ!をしきりに連呼!
その夜にドイツvsスペイン戦だったから既にかなりテンション高かった(笑)

でも試合後の大王の落胆する姿も観てみたかったなwww ←あれだけ騒いでたのにドイツ負けた



■神保町花月3周年記念公演『罪と蜜』
2010年7月8日(木)~11日(日):神保町花月 ※最前列
出演:ピース/パンサー/ピクニック/チョコレートプラネット/他
http://natalie.mu/owarai/news/32582


初神保町!!!

神保町花月 小っちぇ~~~(笑)

ステージ近っっっ! ←最前列

吉本所属の若手芸人による芝居小屋??
よく解かってない(苦笑)が、
お笑いフリークのあの方にお誘いを受けて足を運んできた♪

そんなに期待してなかった分、むしろ裏切られた感があって面白く感じたな^^
元々お笑い系の人(特に吉本)は舞台慣れしているのもあって、
きちんとした演劇もそつなくこなす器用な人が多い。

この公演もショートコントを所々に散りばめつつ、
でも大筋はシリアスなストーリー。
演技で魅せるところはきちんと役回り、且つ笑いの要素も忘れない。

これはこれでありだな…と思った。

もっとも、お笑い系の人たちって
セリフ噛んだりトチっても、すぐさまそれを笑いに転換出来るところは
役得なんだよなぁ…(笑)

期待以上の面白い舞台でした^^



■NYLON100℃ 35th SESSION
『2番目、或いは3番目』
2010年6月21日(月)〜7月19日(月・祝) :下北沢 本多劇場 ※8列目
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ/みのすけ/三宅弘城/峯村リエ/大倉孝二/松永玲子
村岡希美/藤田秀世/長田奈麻/喜安浩平/白石 遥/伊与顕二/斉木茉奈
小出恵介/谷村美月/緒川たまき/マギー
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/nylon35.html


ちょっとチケット入手で下手打って(汗)、
久しぶりに後方席からの観劇(といっても8列目だけど)

ある意味?新鮮に感じたかな…(^_^;)

数年前に比べてここ最近のケラ作品は作風が変わったと感じていたけど、
今回もセリフ回しが絶妙で面白かった!
ナイロンのフルキャスト公演だから、
劇団の役者のメンツ(大倉とか犬山さんに三宅さんとか…)だけで
何を演じても舞台の面白さは十分成り立つのだけど、
そこに秀でた戯曲と演出家が加わるのだからたまらない( ̄Д ̄;;

今作で言えば、特に大倉孝二はもう、あれは反則の域www

客演に小出恵介、谷村美月といった主役を張れる役者を招いたけど、
でも本公演の主体はあくまでもナイロン100℃。ナイロンの役者たち。
その劇団の姿勢にも好感がもてた公演だった。

スピーディーな流れで終始笑いっぱなしだったけど、
でも3時間半の長丁場公演はさすがに観終わった後お尻が痛かった…(^_^;)


■野田地図 第15回公演『ザ・キャラクター』
2010年6月20日(日)〜8月8日(日) :東京芸術劇場中ホール ※最前列
作・演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ/古田新太/藤井隆/美波/池内博之/チョウソンハ/
田中哲司/銀粉蝶/野田秀樹/橋爪功
http://www.nodamap.com/productions/thecharacter/


これもいかにもな?野田的オープニングで幕が上がる。
野田秀樹お得意の言葉遊びに文字遊び的なセリフ回し…
まぁ面白くなかったわけじゃないのだけど、
だが、なぜ?今になってこれをやるの??
そこが腑に落ちない結末だった…。←(モチーフしたのが地下鉄サリン事件)
(他の題材を取り入れた本でやっても十分成り立てられる筋だと思う)

個人的には、主演の宮沢りえちゃんが妙に痛々しかった。
最前列で観てたから余計に悲哀に感じたというか…
(逆にそこがまた芝居に凄みがあって唸ったのだけど)
出産後の初舞台でまだ感覚が戻りきっていないのかもしれないが、
とにかく声が…(汗)
声量と滑舌は文句なしなのだけど、でも声そのものが潰れる一歩手前??
そこが痛々しく感じてしまった要因なのかも…
(とはいえ、2ヶ月のロングラン公演で毎回3度はある涙を流すシーン、
これを感情込めて演じ続ける姿というのは、やはり心打たれるものがある)

一方、もう1人の女優・美波に釘付けになった。
舞台では久しぶりに観たけど、自分が植え付けていたイメージと全然違ってたわ。
この人も役作りでなのか?かなり絞っていたように感じたが、
でもそれがりえちゃんとは対照的な?物凄くエネルギッシュで舞台で躍動していたな。
(宮沢りえではなく、途中から美波しか見てなかったw)

いつの間にかいい女優さんになってたなぁ。。。(今後要注目です)



『醜男(ぶおとこ)』
2010年07月02日(金)~2010年07月12日(月) :世田谷パブリックシアター ※2列目
作:マリウス・フォン・マイエンブルク
演出:河原雅彦
出演:山内圭哉/内山理名/斎藤 工/入江雅人
http://setagaya-ac.or.jp/buotoko/


上演時間1時間15分と短い公演ながらも途中で何役も入れ替わる4人芝居は
静かな進行ながらも唐突な場面転換も相まってスピードを感じる舞台だった。
醜い顔の主人公(山内)が、整形手術でモテ顔を手に入れるが、
それと引き換えに不幸に陥るブラックコメディー。

これはもう…主役の山内さんよりも内山理名に目が点…いや、釘付け!!!

なんなんですか?!あの超ミニのタイトスカートは!!!
挑発か?!客席に向かって何度も足を組み直すあの挑発的な態度と色目線は!!!
あれはオレにタイトの中を覗いてごらん?って言ってるようなものw

毒にやられっぱなしですた…( ̄Д ̄;;

いや、でも、初生だったけど、
バランスよいボディーパーツに整った美しい顔立ち、んでもって笑顔が素敵だったなぁ…
上演1時間15分では物足りないぞ!
あの姿のままであと2時間くらい舞台に立ち続けて欲しかった(笑)


なんてことをカーテンコールですぐ目の前に立つ内山さんを眺めながら思っていると、


『なに?そのだらしない顔~~~全然変わってないじゃんwww』


超久しぶりに一緒に観劇した(元)相方さん、呆れ顔…( ̄∇ ̄|||)


アホ面で悪かったな・・・( ̄Д ̄;;





スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/15(木) 00:40:25|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<本日より関西入り…。 | ホーム | 雨の野外LIVE・・・こいつと行くといつもこうだ…orz>>

コメント

レビューおつかれさまです。
自分はその中だと2本しか観てないっす

『四畳半ブルース』
自分が観た回はエンクミちゃんの声がほとんどでなくなり、後半はマイクもったまま芝居するという緊急事態www
エンクミちゃん「自分、しんだほうがいいですか?」との問いかけに
宏太郎「大阪(公演)が終わってからしね」に場内爆笑でしたwww

『ザ・キャラクター』は
>なぜ?今になってこれをやるの??
 自分もそう思いました。
りえさんの声がやばそうでしたね。
ハスキーな声になっていて宮沢りえじゃない女優さんみたいでした。
フルチンさん怪演でしたね

仕事で観にいけなかった『醜男(ぶおとこ)』・・・
内山理名の超ミニのタイトスカート・・・
観たかったっす (ノД`)・゜・。
  1. 2010/07/15(木) 09:04:03 |
  2. URL |
  3. ヘルベグ #-
  4. [ 編集 ]

エンクミちゃん、そんなトラブルがあったんですね。(汗)
自分は初日だったからまったく元気な様子でしたけど…。

対して宮沢さんは…
あのしゃがれた声とげっそりした容姿はなんだか別人のようで、
ホント痛々しかったです…(苦)

内山理名はもう、、、タイトミニだけで本当にご飯3杯の世界でしたよw

  1. 2010/07/16(金) 11:26:22 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

東京セレソン

前回、お薦めいただいた東京セレソンデラックスの
今、公演中の「つぐない」は見に行かれないのですか?

先日、見に行きましたが
涙がとまりませんでしたよ(大いに笑いもしましたが)

良い劇団をおしえていただき、ありがとうございました。
過去作品「夕」「流れ星」のDVDも買うつもりです。
  1. 2010/07/17(土) 21:55:35 |
  2. URL |
  3. けん #k9MHGdfk
  4. [ 編集 ]

返事が遅くなってすいません。
あ、初めましてです^^
自分のレビュー記事を読んで興味を持って観に行って
良かったと言って頂けることほど嬉しいことはございません。
有難うございます。
セレソン、泣けるでしょ~~www
あれはまさしく王道ですね!
んで、新作は「くちづけ」ですよね?(笑)はい、今週末に観に行きますよ~!
もちろんハンカチ携えて…w

「夕」も「流れ星」も超オススメなので、是非DVDで観てください^^

  1. 2010/07/20(火) 17:44:04 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2266-276a1333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。