Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

関西遠征!真夏の京都大感謝祭w Part.2

Part.1からの続き)


祗園祭り山鉾巡行巡りをして全鉾が河原町通りを北上して通り過ぎた後、
自分たちはそのまま反対方向へと南下して四条河原町へ。
ここで一人だけ別行動するということで別れ、残った3人で午後の部へと移行した。

特に事前に決めていたわけではないのだが、
なんとなく?久しぶりにあの恍惚としたお顔が無性に拝みたくなったので、
広隆寺へと移動することに。(自分のリクエスト^^)

そう、京都最古の寺院であり、
国宝第一号「東洋のモナリザ」とも呼ばれる『弥勒菩薩』像が安置されてるところ。

ここで自分は思いっきりヘマをしたw
市内に関しては熟知しているはずのナビ役の自分が何をトチ狂ったのか?
めちゃくちゃ遠回りな移動をしてしまったわけで…(汗)

本来なら四条河原町から広隆寺のある太秦へは、
阪急電車で1駅の四条大宮で嵐電に乗り換え、
ピューと1本で辿り着けたのだが、この時はそんな絵図がまったく頭に浮かんで来ず、
なぜか電車とタクシーを乗り継いで北野白梅町へ。
でここから嵐電に乗ってぐるっと回って太秦へ…と。 ア、アホや…( ̄∇ ̄|||)
なぜこのようなルートを思い描いたのか?自分でもまったく謎だw
(昔、沿線に住んでたからなのかな?)

まぁ、遠回りはしたけど、時間に余裕はあったし無事目的地にも辿り着けたので
大した問題ではなかったのだが…ね(^_^;)

そんなわけで、白梅町駅で1日フリーキップを買って
ここから嵐電(京福電鉄北野線→嵐山線)にて太秦・広隆寺へ。


DSCF0073.jpg


途中、おいらの生家(現在は他人に賃貸中)を車窓から拝みつつ…(笑)


広隆寺着いたーーーっ!(↓)


DSCF0069.jpg


祗園祭りの真っ只中ですぐに移動してきたので、
着いた時には境内にはほとんど人がいなかった。

さっきまでの祭りの喧騒がウソのように静まり返った境内は
新緑と夏空、セミの鳴き声…静かにゆったりと流れる浮雲…
過ぎ去る時間がより新鮮に感じた。

ちなみに自分たちが帰る頃に祇園祭りから駆けつけた観光客がどっと押し寄せてきた。
タイミングはバッチリ!でした^^


DSCF0058.jpg

DSCF0066.jpg


桔梗が咲き誇り、庭先の池から伸びる蕾に佇むトンボもどこか気持ち良さそう…

心和むなぁ…^^


この後、仏像群が安置されている新霊宝殿へと入る。(もちろん撮影禁止)


ふぅ~~っ 癒されますたぁ~~~ヽ(´ー`)ノ

弥勒菩薩像…なんだかずっと眺めているとそれだけで吸い込まれそうになっちゃうね…。
ってか、あの微笑は何度観ても神秘的すぎる…。


と、満足したところで、ここからもう少し先に足を伸ばして嵐山へと行くことにする。
まぁ、ベタな観光コースですなw

嵐電で太秦から終点の嵐山へ。
着いてすぐにまずは水分補給へと走った。
小腹も減っていたので京都スウィーツを味わおうと近場をウロウロ…。
最終的にわらび餅かロールケーキかで悩むも、店構えからロールケーキに大決定!(↓)


IMG_1035.jpg


『eX cafe 京都嵐山本店』

重厚な門をくぐり抜け、和庭園を突っ切って店内へ。


DSCF0075.jpg


お目当ては…

『京黒ロール』くろまる

竹炭が入ったホントに真っ黒な?ロールケーキ^^

手前がくろまる抹茶で奥がくろまるロール(↓)
DSCF0077.jpg


黒炭の味は…よく分からなかったけど、生クリームはそれほど甘くもなく
お皿にコーティングされたペーストを付けて食すと美味でござい~~~♪

普段あまりこういったスウィーツはすすんで食べたりしないので
それだけで貴重な機会だったかと…^^


さて、水分補給も補完出来たので、少々暑いけどせっかく来たのだから少し散策することに。

まずは近くの野宮神社を目指すことにする。


aaa_20100722012519.jpg


入口の看板⇒『縁結び』の文字に全員が敏感に反応www


DSCF0089.jpg

これが黒木鳥居。
クヌギの木の皮を剥かないまま使用した日本最古の鳥居なんだと。
確かに木製の鳥居だった…。

で、この鳥居をくぐって境内へ。
正面に見えた神殿が御本殿(↓)

DSCF0081.jpg


そんなわけで、『縁結び』に舞い上がった3人は
真っ先に神殿に向かって賽銭を放り込みパンパンと神頼み!w

オレなんて、小銭入れに入ってたジャリ銭全部をぶちまけて
それをそのまま賽銭箱に放り込んでやったぜぃ~~www


で、本殿にて願掛けをした後、向かって右側に小道が繋がっていたので何気に進むと
そこにも小さな祠が並んでいた。

一番奥にある祠から順に参拝していく。


なぜか子宝安産の白福稲荷大明神に向かって拝もうとする笑える人w(↓)
DSCF0087.jpg

財運向上の大山弁財天に向かってガチで拝み倒しているけして笑えない人(↓)
DSCF0086.jpg


と、一通りお参りをして意気揚々と本殿前に戻ってきて神社を出ようとしたその時!?

ここでEさんが気付いた!


『あれぇ?縁結びの神様って別にあるみたいよ??ほら…』


指差す方向を見ると、案内板に『野宮大黒天-良縁結婚』の文字が…( ̄Д ̄;;

そ、それはどこにあるんだ??

案内板をよく見ると、今戻ってきた神殿右側の小道沿いにあるっぽい?
財運向上の大山弁財天の隣り?!
は?そんなのあったっけ??
急いで小道を戻ってみると…確かにあった…

あぅっっ だ、誰もその存在に気付かなかったなんて…orz

『縁結び』どころか、その願掛けすらもさせてもらえない縁無き3人組…( ̄∇ ̄|||)


この事実だけで泣きそう…。・゚・(ノ∀`)・゚・。


だが、ここでもう一度気を取り直して?野宮大黒天にて願掛けをしようとしたのだが…


がっ!? ちょと待て!!! ちょっと待ってくれ!(|| ゚Д゚)ガーン!!


さっき、本殿に向かって小銭全部投げ入れちゃったじゃんオレ…(((( ;゚д゚)))アワワワワ


ってか、あれは『縁結び』じゃなかったってこと?じゃぁなに??いったいなんなの???



確認のため見た案内表示はこうなっていた(↓)


御本殿
野宮大神(天照皇大神)     ←オレが賽銭全部投げ入れたところ

御本殿右側
愛宕大神・・・鎮火勝運

御本殿左側
白峰弁財天・・・芸能上達
白福稲荷大明神・子宝安産、商売繁盛
大山弁財天・・・交通安全、財運向上
野宮大黒天・・・良縁結婚
         ←『縁結び』はこっち


ぐわぁ~~ん…なんてこった…ヽ(`Д´)ノ


やっぱり良縁には程遠いってことなのか…(´Д⊂グスン


みんなぁー! フェイクに騙されるな!!! 気をつけろ~~!


そんなことがあって、意気揚々ではなく意気消沈して神社を後にしたのだった…_| ̄|○


とりあえず次の目的地は、あの有名な竹林の路。

ここでちょっと動揺した心を落ち着かそうw


DSCF0093.jpg

DSCF0094.jpg


ここはいつ来ても見事な竹林…。

竹林に包まれた小路はひんやりとしていて一気に汗が引いた。


DSCF0100.jpg


野宮ショックはすっかり忘れて、木漏れ日の中を清々しい気持ちで散策して
夏の京都を満喫気分^^


この後、竹林を抜け散策コース途中の『落柿舎』で一息入れて
それから嵐山駅の方角へと戻った。

(落柿舎)
DSCF0108.jpg


駅に戻る途中で水分補給&時間調整をして、
行きに目をつけておいた土産物スウィーツをゲットして嵐山を後にしたのだった。。。


短いながらも午後の部「嵐山散策」はこれにて終了~


アホみたいに長くなったので、またまたここで一旦切ります。(^_^;)



(つづく)


スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

  1. 2010/07/23(金) 01:23:12|
  2. 日常の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<関西遠征!真夏の京都大感謝祭w Part.3 | ホーム | 関西遠征!真夏の京都大感謝祭w Part.1>>

コメント

なるほどなるほどよっぽど縁結びたいんですね♪
  1. 2010/07/23(金) 11:30:20 |
  2. URL |
  3. knz #-
  4. [ 編集 ]

私も昔しばらく京都に住んでいたんですよ。
烏丸鞍馬口と、堀川今出川の西陣織会館の裏に住んでいたの。かなり昔。烏丸通りの地下鉄工事をしていた頃ね。w

嵐山方面にはチャリでよく行きました。
野宮神社から竹林、落柿舎、祇王寺、二尊院という感じでよく行ってたよ。懐かしい。

それはともかく、
弁財天に向かってガチで拝み倒しているけして笑えない人 
に、笑いました。w
  1. 2010/07/24(土) 00:07:40 |
  2. URL |
  3. リス研所長 #5s4JVVKQ
  4. [ 編集 ]

knzさん、
結びがあればね…。
残念ながら縁はいっぱいあってもまったく結ばれません…orz

所長、
西陣織会館は高校時代の通学時に毎日通ってましたよ(笑)
スキー場ではなくたまには京都旅行にでも連れていけば?(ニヤリ)
  1. 2010/07/25(日) 21:33:15 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2271-f882b490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。