Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その公演タイトルだけで食指が動いた舞台(笑)

今夜から"SpecialWeek"が続くので、その前に先週観てきた1本上げとこっっ^^

ちなみに、"Special"とは、
(火)『YUKI(&森山くん)』⇒(水)『宇多田ヒカル』⇒(木)『大人計画本公演』、
そして(金)『忘年会』を挟んで、
(土)『EGO-WRAPPIN’キネマLIVE』というラインアップだす♪



SHINOBU’s Brain in the soup
『EGO-WRAPPIN’とメス豚の太股』
2010/12/02(木) ~ 2010/12/07(火):下北沢シアター711 ※椅子席最前列
脚本=黒川陽子 脚本・演出=坂上忍
出演=石井あみ/由夏/β/木根早織/傳田圭菜/伊藤梨花子/今藤洋子


わたし達、旅にでます。
この太股で、歩いていきます。

女達だけの物語。
せつなくて、可愛くて、腹立たしくて。

そこに、EGO-WRAPPIN'の曲が彩りを与える。


脚本は、07年『ハルメリ』で第13回劇作家協会新人戯曲賞受賞
女性ライターとして頭角を現している黒川陽子と坂上忍との共作。


thumbnail_20101207173820.jpg



観に行く動機となったのは、、、はい、タイトルオンリーです(笑)

あ、でも、けして"メス豚"でも"太股"でもない!
EGO-WRAPPIN’!!!です!いやまじでw

もっともEGOが出演するわけじゃなく、
あくまでも楽曲提供ということで劇中歌として使用されただけですが…。(^_^;)
(でも切ない場面で「finger」が流れ出した時は思わず泣きそうになったのは内緒w)


芝居の内容的にはタイトルほどの過激なエロスはなく、
少し肩透かしを喰らった感もあるけど、
主人公の女性とそこに関わる女性たちがそれぞれの苦悩と苛立ちから脱皮しようと
もがく姿をドラマ仕立てにしたような?物語だった。

しかし、ちょっと設定に無理あってなかなか物語に入り込めなかったけどね…(^_^;)
そもそも女だけで銀行強盗ってのも無理があるし、
3姉妹が歌っていたカラオケボックスにその犯人たちが突然乱入してきて
そこに立て篭もるってのも…(?)

唯一、膝上までガーターベルトを身につけた足から覗く太股を
脅しながら舐めさせるシーンだけがちょっとゾクッときたかな(笑)


それにしても、意外と言っちゃ失礼だが、
小劇場の芝居にEGO-WRAPPIN’の楽曲が妙にマッチしていたな。
と同時に、今週末の本家本物によるキネマ倶楽部10周年記念LIVEが
今からますます楽しみになった…^^


あと、余談だが、
芝居観に来て初めてダブルブッキングを味わった(苦笑)
80人入るか入らないかの下北で一番小さな箱なのに、
自分が着いた時には既に先客が座っていて、
互いにチケットを確認したら座席番号は同じ…(汗)
主催者側のミスで急遽代わりの座席を用意してもらえたから事なきを得たけど、
これは一瞬焦るわな…( ̄Д ̄;;



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/07(火) 17:44:23|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『LOVE LETTERS』 (森山未來&YUKI)奇跡のコラボレーション!!! | ホーム | 予想通り? 40世代が一番ときめいたLIVE。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2379-3ba669ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。