Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリーズモノのネタ芝居に懐かしのミュージカル、そしてグループ魂…まったく脈絡なし(笑)

書き損じていたレビューを簡潔に2本分UP。


あ、その前に、自分ではとてもまとめきれなかった先週土曜の
グループ魂』武道館LIVEの詳細カンペキ・レポがナタリーに上がっていたので
ついでに貼っておきますね。(↓)
http://natalie.mu/music/news/44635

上から3枚目の画像に要注目!
天井の照明の枠組みの配列がモロ!ワラタwww

あと、3月5日(土)深夜にNHK総合にて
「グループ魂15年の軌跡(仮)」と題した番組のオンエアが決定!
これは見逃すな!www


っと、横道に反れてしまってすいません…m(_ _)m



ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』
11/1/27(木)~11/2/6(日):下北沢本多劇場 ※最前列席(センター)
脚本:千葉雅子 演出:河原雅彦
出演:古田新太/池田成志/千葉雅子/村岡希美/坂田聡/河原雅彦/
小林顕作/政岡泰志/伊達暁/信川清順
http://mimokoko.net/

あらすじ》 ↓
http://mimokoko.net/about.html

0000104

0226-4.jpg


本作が4作目。んでもってタイトルの通りこれが最終章
実は、初演の第一章は観たのだが、二章・三章は観ていなかった。
少々不安ではあったが、そこはきちんと?解説ありということで、
上演が始まる前に過去三作のダイジェスト版が映像で流され、
おさらいをしてから幕が開いたので何の違和感もなく今芝居の中に入っていけた。
映像を見ているだけでなんとなくだけど、ストーリーを思い出せたし…
映像を用いたこのへんの演出手法は河原さんらしいやね。。。(^_^;)

シリーズモノなので内容は割愛するけど、
まぁ、やりたい放題というか、
このメンツが集まれば何でも出来ちゃう!って感じ?(笑)

とりわけガヤ4人衆(小林顕作/政岡泰志/伊達暁/信川清順)の存在が素晴らしい~~w

満足満足の面白さでした~~~♪

今回がファイナルなんてもったいないというか、
寅さんシリーズみたいに全国各地を舞台に毎回ゲストラバーを呼んでのシリーズ公演として
もっともっと続けて欲しかったな。。。

余談だが、前出演時(劇団☆新感線『鋼鉄番長』)、
公演中にアキレス腱断絶で途中降板して今舞台から復帰した池田成志
靴を脱いだ場面で右足踵に大きな長い手術痕がハッキリと残っていたのが見えてしまって
傷跡を見ただけで痛々しく感じてしまった。
幸いにも?公演中は元気ないつもの姿ではっちゃけていたので一安心ではあったけど…(ホッ)


////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ミュージカル『ヒロイン』 ~女たちよタフであれ!~
2011年2月3日(木)~10日(木):銀座博品館劇場 ※3列目(センター)
脚本・作詞:高橋知伽江 振付・演出:川崎悦子 作詞・作曲・音楽監督:深沢桂子
出演:榊原郁恵/早見優/松本伊代/石野真子/ヨウスケクロフォード
http://www.duncan.co.jp/web/stage/heroine/

このミュージカルは、元アイドル・グループのメンバーが一日だけの再結成のために、
解散から25年ぶりに集まるところから始まる。
虚像だったアイドルたちが、実像をさらけだす楽屋での数時間を描く。
「私たち、まだまだ輝けるはず」
この元アイドルたちの役を、本物の元アイドルたちが演じる。「虚」なのか、「実」なのか…。
テレビでは決して見られない、まさに“大人可愛い”元アイドルたちの競演が、
このミュージカルで実現する。ファンならずとも見逃すことはできない!


L047753.jpg


懐かしい面々というか、、、
自分的ドンピシャ世代の面々・・・

明かすが、自分が初めて足を運んだアイドルコンサートは早見優(笑)

そんな元アイドルたちの今を多少現実とシンクロさせたような?物語。
「元アイドル」を演じる元アイドル達(笑)

かつては人気アイドルグループだった《ミューズ》だが、
この25年の間に、メンバーの人生はおおきく様変わりしていた。
専業主婦になって介護疲れのリリー(榊原郁恵)。
解散後ソロデビューするがうまくいかず、
夫の浮気などで公私とも恵まれていないナナ(早見優)、
親が経営する会社の役員をつとめるバツイチ子持ちのジュン(松本伊代)、
メイド喫茶の経営者で恋多き女ピーチ(石野真子)。
それぞれが抱える今の葛藤を交えながら、歌に踊りにと、
かつての輝きが色褪せないステージ模様。

歌も円熟味が増して当時よりうまくなってたし、
なにより綺麗なままでまったく劣化してないところが、
やっぱりこの人たちは永遠のアイドルなんだな…と。

興味本位で観てみようと思ったのだけど、これは足を運んで良かったな…
観劇後、素直にそう思えたミュージカルでした…^^




スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/02/08(火) 00:51:51|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<突然の襲撃予告… | ホーム | なんとなくの年間遠征計画・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2426-8097f0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。