Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9人の愛人がいる主人公が羨ましいようなそうでないような・・・w

舞台3連発の3本目となる今日は青山へ。

少し早めに自宅を出て、
芝居を観る前に表参道から裏筋に入った洒落たカフェに入って
1人でお茶しながらまったり読書タイム。

カフェのテーブル周りは休日デートを楽しむカップルばかりだったけど、
でもそんな光景にも最近はまったく動じなくなったw

"けっ!"って感じで、完全シカトこく自分・・・


いいんだか、よくないんだか・・・(^_^;)



NYLON100℃ 36th SESSION 公演
『黒い十人の女~version100℃~』
2011年 5月20日(金)~6月12日(日):青山円形劇場 ※正面ブロック2列目
オリジナル脚本:和田夏十
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演者:峯村リエ/松永玲子/村岡希美/新谷真弓/植木夏十/安澤千草/皆戸麻衣
廣川三憲/藤田秀世/吉増裕士/眼鏡太郎/みのすけ/中越典子/小林高鹿/
奥村佳恵/緒川たまき 他
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/nylon36th.html

≪ストーリー≫
TVプロデューサーの風松吉は、9人もの愛人を持っていた。妻の双葉はそんな夫を諦めてレストラン経営で淋しい気持ちを紛らわしていた。愛人たちはお互いの存在をそれとなく知っており、風が浮気者であるという事も重々承知しているものの、何故か風から離れられないでいた。女たちは「風がポックリ死ねばよい」「風を誰か殺してくれないかしら」と口々に言うのだった。そんな話を耳にした風が思い悩んだ末の相談相手は、妻の双葉だった。そこで妻が立てた計画とは…。


thumbnail00.jpg



壁面に映し出す映像と円形のフラットステージ&客席通路を効果的且つ巧みに利用し、
舞台美術は一切なし。暗転時に入れ替える小道具のみ使用。
音楽・効果音もバッチリ決まり、この劇場ならではの臨場感を存分に味わえた芝居だった。
加えて、ナイロンの女優陣の素晴らしいことこの上なし!

これも良きお芝居でした^^

個人的には、中越さんのキュートな笑顔、松永さんと村岡さんの妖艶なエロっぽさ、
峰村さんの貫禄、緒川さんの不思議キャラ、
奥村さんのドールのようなそれでいて冷徹な小悪魔娘…、
そして、新谷さんのおっぱい
これだけの女優が一同に会した華やかな舞台は、
いったいどこに焦点を当てて観ればいいのか?悩むくらいの圧巻でしたな・・・(^_^;)

物語はオリジナル台本が古い脚本であったため、少し時代感にギャップを感じたものの、
要は1人の本妻と9人の愛人がいるどうしようもない男の哀れな結末を描いた救われない物語。
(でも重苦しさは感じない演出)
最後は女の怖さを身を持って味わい、背筋がヒヤっとした・・・(汗)

とはいえ、9人の愛人って・・・よくそんな器用な生き方が出来るよなぁ・・・
自分なんて不器用でいつも散々振り回されるから1人の本命彼女だけでアップアップなわけで、
とても複数同時交際なんて・・・無理無理!w
浮気しても絶対バレる自信があるwww

そういう意味でこの主人公がちょっと羨ましくもあり、そうでなくもあり・・・(^_^;)



と、舞台3連発はこれでひとまず終了。


明日はナビスコ杯だーーー!!!



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/06/05(日) 00:36:35|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ナビスコカップ1回戦vsモンテディオ山形】手放しで喜ぶわけにはいかないが、でも今夜だけは・・・(^_^;) | ホーム | 絶大なる孤独感を味わえる劇場・・・でも二度と味わいたくないw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2504-686fc20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。