Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年総括 舞台編 【2011ベスト公演20本+1】

2011年総括、本日は舞台編です^^

ベスト20公演を選ぶにあたり、毎年ながらにかなり難航…特に昨年は!( ̄Д ̄;;
なんせ99本も観てしまったものだから…(苦)

ということで、99本の中からムルクリに20本(+1本)をチョイスしてみたのだけど、
他にもやむなく斬ってしまった公演がこれ以外にもかなりありました…(^_^;)

一応毎年言っておりますが、あくまでも私見でランク付けしております。
なので世間一般の作品評価とは異なるかもしれません。
この評価はあくまでも自分の率直な感覚&個人的趣向によるランキングなので
そこを踏まえてくださいませm(_ _)m


それでは、『2011年観劇BEST20本』の作品は以下の通りです^^
(1つづつ簡単な寸評を付けはしましたが、
詳細な観劇レビューは公演タイトルのリンク先を参照願います)



2011年BEST20公演

第一位
芸人交換日記
2011年8月5日(金)~7(日):東京グローブ座
【作・演出】鈴木おさむ
【出演】田中圭/若林正恭(オードリー)/伊勢佳世(イキウメ)
http://geininkoukannikki.com/
寸評
これはもう、迷うことなしに年間第一位!琴線触れまくった舞台!!
事前に原作本読んで泣いて、舞台観て泣いて、原作読み返してまた泣いて、
そしてDVDを観てまたまた泣いたという…とんでも舞台( ̄Д ̄;;
くそ~~~!なんか悔しい…(苦笑)



第二位
パルコ・プロデュース公演『国民の映画
2011年3月6日(日)~4月3日(日):PARCO劇場 ※最前列(下手側)
作・演出:三谷幸喜
出演:小日向文世/段田安則/白井晃/石田ゆり子/シルビア・グラブ
新妻聖子/今井朋彦/小林隆/平岳大/吉田羊/小林勝也/風間杜夫
http://www.parco-play.com/web/play/kokuminnoeiga/
寸評
観終わった直後、これが年間ベスト公演になるだろうなと、そう確信したのだけどなぁ…。
まさか三谷さんを上回る作品がこの後に出てこようとは…(^_^;)
二位評価になってしまったけど、もしも『芸人交換日記』が今年上演されなければ
これが間違いなくダントツの1位に格付けしていたほどの衝撃的傑作でした。



第三位
イキウメ『散歩する侵略者
5月13日(金)~5月29日(日) :シアタートラム ※最前列(センター)
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛 隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下 創、窪田道聡、
大窪人衛、加茂杏子/ 安井順平、坂井宏充
http://www.ikiume.jp/kouengaiyou.html
寸評
前川作品の代表作と位置づけてもいい舞台。
これも言葉にならないほどの衝撃だった…( ̄Д ̄;;
今年観た舞台で劇中にボロボロ泣いたのは『芸人交換日記』と
この『散歩する侵略者』だけだった。



第四位
シス・カンパニー公演『ベッジ・パードン
2011年06月06日(月)~2011年07月31日(日):世田谷パブリックシアター※最前列席(上手)
作・演出:三谷幸喜
出演:野村萬斎/深津絵里/大泉 洋/浦井健治/浅野和之
http://www.siscompany.com/03produce/33bedge/index.htm
寸評
三谷幸喜2本目も上位ランクイン。とにかく今年の三谷さんはどれもが凄かった!
でも、この作品に限って言えば脚本・演出もさることながら、
なんといっても深津絵里の沁みる演技!
「ステキな金縛り(映画)の深津さんも良かったけど、
個人的にはこの舞台でのベッジ役はそれ以上…深津ちゃん、もう…(〃▽〃)
秘蔵っ子女優の魅力を最大限に引き出した三谷氏の手腕に脱帽です…。



第五位
M & Oplays プロデュース『鎌塚氏、放り投げる
2011/5/12~5/22:下北沢本多劇場 ※最前列(センターブロック)
作・演出:倉持裕
出演:三宅弘城(大人計画・ナイロン100℃)/ともさかりえ/片桐仁(ラーメンズ)
広岡由里子/玉置孝匡/佐藤直子/大河内浩
http://www.morisk.com/plays/kura11_2/index.html
寸評
倉持氏初のコメディ作品!?
緊密に練られた脚本&展開、これは倉持氏の構成勝ち。
ともさかさんのメイド姿は萌え萌えw
純粋に面白かったし、とにかく配役とその絡み方が実に絶妙!
公演タイトルからして嵌まっていたね(笑)



第六位
大人計画ウーマンリブVOL.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER
2011年6月10日(金)~7月10日(日):下北沢本多劇場 ※最前列(センターブロック)
作・演出:宮藤官九郎
出演:松尾スズキ/宮崎あおい/田辺誠一/荒川良々/宍戸美和公/少路勇介/矢本悠馬/
宮藤官九郎/岩松了
http://www9.big.or.jp/~otona/nextwoman12.html
寸評
やっぱり大人計画w
そして、宮崎あおいちゃん!オレ的最強コラボ!!!www
クドカンらしい?舞台だったけど、あおいちゃんのイジリ方がこれまた秀逸!
あえて(あおいちゃんに)歌わすところがスバラスィ~w
そして大人計画を自動的にベスト10本にランクインさせてしまう自分がこれまたおかしいw



第七位
パルコ・プロデュース『クレイジーハニー
2011年8月5日(金)~8月28日(日):PARCO劇場 ※最前列(センターブロック)2回観劇
作・演出:本谷有希子
出演:長澤まさみ/成河(ソンハ)/安藤玉恵/吉本菜穂子/リリー・フランキー/他
http://www.parco-play.com/web/play/crazyhoney/
寸評
これはもう・・・長澤まさみの足以外なにもない!って、ウソですw
それもさることながら、本谷さんの問題提起的な脚本にも痺れた。
人によって好き嫌いが激しい脚本(&演出)家だけど、雑音に惑わされることなく常にブレない。
そう評価されることを解かった上で脚本と演出に拘り続ける本谷さんは
カッコいい(かわいい)人だと思う。(自分は好きだけど)




第八位
ポツドールvol.19『おしまいのとき
2011年9月8日(木)~9月25日(日):下北沢ザ・スズナリ ※シート最前列(センター)
脚本・演出:三浦大輔
出演:米村亮太朗/古澤裕介/松浦祐也/松澤匠/篠原友希子/高木珠里/新田めぐみ
http://www.potudo-ru.com/next/
寸評
やっぱポツドール(三浦氏)も・・・毎回ブレないね(笑)
描写が激しい分そこに目がいきがちだが、哲学的な物語の裏側を覗けばぞっとするというか…
やっぱ三浦大輔氏の独特の世界観(と表現力)は常人の範疇を超えた異才だと思われ…。



第九位
ヨーロッパ企画 第30回公演『ロベルトの操縦
2011/9/8(木)~2011/9/18(日):下北沢本多劇場 ※2列目(センターブロック)
作・演出:上田誠
出演:石田剛太/酒井善史/角田貴志/諏訪雅/土佐和成/中川晴樹/永野宗典/西村直子
本多力/山脇唯/山本真由美/中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)
http://www.europe-kikaku.com/projects/e30/main.htm
寸評
あぁ、この発想にもやられたわ(笑)
ヨーロッパ企画も毎回はずさない劇団だよなぁ・・・w
嫌味なくネタ系走りでもない、ただ純粋に可笑しくて
笑い転げることが出来た良質のお芝居だった。一言!センスがいい!(・∀・)
ほんと、こういうナンセンスなの…大好きです^^



第十位
NYLON100℃ 37th SESSION 公演『ノーアート・ノーライフ
2011年11月5日(土)~11月27日(日):下北沢 本多劇場 ※最前列(センターブロック)
脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:みのすけ/三宅弘城/大倉孝二/廣川三憲/吉増裕士/喜安浩平/温水洋一/山崎 一
http://www.sillywalk.com/nylon/info.html
寸評
大倉さんや温水さんをはじめとして個性的な男優ばかりを集めた
ケラらしい?ウィットに飛んでいてそれでいてシュールで自虐的な笑いも多いに盛り込んだ芝居。
個性的な役者の持ち味を存分に生かした名作品だと感じた舞台だった。



第十一位
イキウメ『太陽
2011/11/10〜11/27:青山円形劇場 ※正面ブロック最前列席
演出・脚本:前川知大
出演:浜田信也/盛隆二/岩本幸子/伊勢佳世/森下創/大窪人衛/加茂杏子/
安井順平/有川マコト
http://www.ikiume.jp/kouengaiyou.html
寸評
三谷作品に続いてイキウメも2作品がランクイン!
本当はこの2作目も10位以内に入れてもおかしくなかったのだけど…(^_^;)
前川氏らしい?SFチックなストーリーであったけど、
現実離れした話の根底にある人間臭さが余計に心に沁みた・・・。
何度も言うが、前川氏の発想力は凄いとしかいいようがないし、
切なくて涙腺が自然に熱くなるような?
そんな自分の琴線に触れまくる物語のラストに毎回こみ上げてしまうのだ…。



第十二位
2011年【春】劇団☆新感線プロデュース『港町純情オセロ
2011年4月30日(土)〜 5月15日(日):赤坂ACTシアター ※最前列(センターブロック)
原作:ウイリアム・シェイクスピア
脚色:青木 豪
演出:いのうえひでのり
出演:橋本じゅん/石原さとみ/大東俊介/粟根まこと/松本まりか/伊礼彼方/田中哲司
右近健一/逆木圭一郎/河野まさと/村木よし子/インディ高橋/山本カナコ
礒野慎吾/吉田メタル/中谷さとみ/保坂エマ/村木仁/川原正嗣/前田悟
武田浩二/藤家剛/川島弘之/西川瑞
http://www.junjo-othello.jp/index2.html
寸評
新感線はここ(12位)に登場(苦笑)
昨年の新感線は自分的にはイマイチ。(髑髏城は再演だったし…)
ただ、この舞台で初めて生で観た石原さとみのキュートさは異常レベルwww
これで一気に惚れた…(〃▽〃)



第十三位
PARCO & TOKYO GLOBE THEATRE presents『芝浦ブラウザー
2011年4月2日(土)~4月19日(火):東京グローブ座 ※5列目(センターブロック)
作・演出 上田 誠(ヨーロッパ企画)
出演: 井ノ原快彦(V6)/芦名 星/市川しんぺー/伊達 暁/石田剛太/酒井善史/角田貴志
土佐和成/永野宗典/西村直子/本多 力/山脇 唯/音尾琢真(TEAM NACS)
http://www.parco-play.com/web/play/shibaura/index.html
寸評
上田氏の作品も『ロベルトの操縦』に続いて2作がランクイン。
これも面白かったなぁ~~~♪
劇団公演ではなかったから劇団員以外から、阿佐スパの伊達やNACSの音尾、
猫ホテのシンペーさん、そして芦名さん、さらに主演にV6の井ノ原と、メンツもよし!
とりわけ、井ノ原くんの舞台での演技力はジャニの中でもピカ一に良し!



第十四位
男子はだまってなさいよ!8『アダルト
11/9/14(水)~11/9/25(日):赤坂レッドシアター  ※最前列(センターブロック)
作・演出:細川徹(大人計画)
出演:皆川猿時(大人計画)/少路勇介(大人計画)/内田滋/今野浩喜(キングオブコメディ)/
夙川アトム/大堀こういち
http://www.dansiwa.com/adult/
寸評
昨年のネタ系公演としてはこれが抜き出ていたか?!w
毎回毎回ホント、アホやなwww
自分、コメディは好きだが、
ネタばかりに走る芝居はあまり好まない(単純なコントは除く)のだけど、
でも、ここまでやられるとむしろ尊敬に変わるwww
最高レベルのアホどもですw



第十五位
第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星
2011年11月26日(土)~12月18日(日):紀伊國屋ホール ※3列目(センターブロック)
作・演出:鴻上尚史
出演:筧利夫 長野里美 小須田康人 山下裕子 筒井真理子/高橋一生/大高洋夫
http://www.daisanbutai.com/top.html
寸評
第三舞台解散公演ということで、やはりこれはランクイン。
良くも悪くも昔のままだったけど、一つの時代の終焉を感じさせるような?
ちょっとセンチ感に溢れた芝居でもあったかな。
お疲れ様でした。そしてありがとう。



第十六位
熱海殺人事件NEXT~くわえ煙草伝兵衛捜査日誌~
2011年2月4日(金)~14日(月):紀伊國屋ホール ※最前列席(下手側)
作:つかこうへい
演出:岡村俊一
出演:山崎銀之丞/長谷川京子/柳下 大/武田義晴
http://www.rup.co.jp/information/atamisatsujin_next.html
寸評
これもお亡くなりになられたつか氏に敬意を表して…。
でも、この舞台での長谷川京子さんには惹かれたなぁ…
このシリーズ舞台、つか氏の魂が受け継がれ
これからも様々な形で上演され続けていくだろう…(いや、今年またやるしw)



第十七位
■『四つ子の宇宙
2011年10月1日(土)~16(日):五反田アトリエヘリコプター ※最前列
作・演出・出演=岩井秀人(ハイバイ)/江本純子(毛皮族)/
松井周(サンプル)/前田司郎(五反田団)
http://4go.main.jp/
寸評
4人の奇特な演出家&役者によるコラボレート芝居。
グダグダ感満載も発想が面白かったなぁ・・・w
こういうアングラ劇が自分の好みであるということを再確認^^



第十八位
シーエーティプロデュース『NOISES OFF/ノイゼス オフ
6月9日(木)~6月26日(日):池袋あうるすぽっと ※最前列席(センターブロック)
作:マイケル・フレイン
翻訳:小田島恒志
演出:千葉哲也
出演:佐藤オリエ/千葉哲也/成河(ソンハ)/山口馬木也/月船さらら/入野自由/小林夏子/藤木孝/他
http://www.owlspot.jp/performance/110609.html
寸評
意外と言っちゃ失礼だが、期待以上の翻訳劇だった!
舞台セットを裏返して舞台の裏側を前面に出した舞台裏劇。
これも面白かったです^^
(月船さららさんの醸し出すエロカワに一気に虜になりますた…(^_^;))



第十九位
LIVE POTSUNEN 2011 『THE SPOT
11/5/24(火)~11/5/29(日):神奈川芸術劇場(KAAT)ホール ※2列目(下手側)
作・演出・出演:小林賢太郎(ラーメンズ)
http://potsunen.net/
寸評
さすがの小林賢太郎!一人コント芝居だけど、相変わらずキレがあるし、
今作も彼独自の世界観に引きずり込まれ感嘆の溜息が出るほど…。
今年も来月にまた彼のソロ演劇を観に行く予定にしているけど、
でもそろそろラーメンズとしての本公演が観たいのです・・・(^_^;)



第二十位
サモ・アリナンズPRODUCE 
劇団ワンダフルズ第4回公演『世界の百貨店

2011/1月25日~31日:下北沢駅前劇場 ※椅子席最前列
構成・演出:ワンダフルズ
出演:小松チャンピオン/オクイプレジデント/浅野セメント/荒川ヘレン
マルメゾン家納/マイボーイフレンド大政/ハンバーグ佐藤
ボーリシュカボーレ山寺(声の出演)
中澤ジャンボ(よく働く使用人)
http://www9.big.or.jp/~otona/wandafulls.html
寸評
これもネタ芝居ですw
イケテツ率いる「表現さわやか」と最後までランキング入りを争ったが
最後の椅子は迷った末にこちらに軍配を上げた。
エロ(及川奈央)よりも浅野和之の形態模写(鹿)がインパクトで勝った結果ですw



さらに商業演劇とは違うということで、
上記ランキング選考にはあえて含まなかった公演を
番外として1本ピックアップしました(^_^;)


番外(ランキング外)公演

ガレキの太鼓のぞき見公演#2『秘密裏にどうぞ
2011年9月10日(土)~12日(月) /都内某所、とある一軒家
作・演出 舘そらみ
『あやういカップル編』出演:末吉康一郎/南波早(なんばしすたーず)
『男女同窓会物語編』出演:海老根理/神谷大輔/小瀧万梨子(青年団)/
吉田紗和子/伊藤毅(青年団)/舘そらみ/中山有子
『ガールズパジャマパーティ2011編』出演:菅谷和美(野鴨)/舘そらみ/小瀧万梨子(青年団)
http://garekinotaiko.com/
寸評
この企画公演も大好きなリアル芝居です^^
2回目の今回はますますパワーアップ!
不定期でかまわないから是非シリーズ化して欲しいですね♪
但し、今後もあまり大々的に告知などせず、ひっそりと・・・(笑)
また覗きに行かせてもらいます^^



以上、2011年ベスト公演:計20本+番外1本の結果発表でした^^




スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/07(土) 01:53:30|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三連休・・・ | ホーム | 2011年総括 LIVE編 【心に残ったLIVE BEST10本】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2672-543e96e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。