Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『十一ぴきのネコ』

昨年は三谷幸喜の生誕祭であったが、
今年は井上ひさし生誕フェスティバル!その第一弾!


こまつ座・ホリプロ公演『十一ぴきのネコ』
2012/01/10~1/31:紀伊國屋サザンシアター ※2列目(センターブロック)
作: 井上ひさし 
演出: 長塚圭史[阿佐ヶ谷スパイダース]
出演:北村有起哉、中村まこと[猫のホテル]、市川しんぺー[猫のホテル]、
粟根まこと[劇団☆新感線]、蟹江一平[劇団青年座]、福田転球[転球劇場] 、
大堀こういち、木村靖司[ラッパ屋]、辰巳智秋[ブラジル]
田鍋謙一郎、山内圭哉[Piper]、勝部演之[演劇集団円]
http://hpot.jp/11neko/

ストーリー
「ご飯にありついたのは一体いつだったかな」野良ネコにゃん太郎は、いつもお腹をすせていた。空腹だけど僕にあるものは何?と考えてみた・・・・・・家、仕事、意気、お金、財布、親、子ども、それとも運。どれもこれも、ないないづくしで何もない。だから野良ネコなのだ。
ところが、ないないづくしのにゃん太郎が、ある日手に入れたものがあった。それは、十匹の野良ネコ仲間である。
さて、友情は手に入れたけど、ないないずくしの野良ネコが十一ぴき集まったところで、ひもじいお腹は満ちてはこない。そんなとき鼠殺しのにゃん作老人に出会った。
「あの星の下に大きな湖があって、そこには途方もない大きな魚がいるそうな」また「その魚は十匹や二十匹じゃとても食べ切れぬ大きさじゃそうな」。
どうせみんなで肩寄せあって、ここに居たって、餓死するか野垂れ死。
一大決心、にゃん太郎を中心に十一ぴきのネコが大きな魚を求めて大冒険の旅に出た!
空腹すぎて眠れないけど、夢にまでみた満腹感を味わうことが出来るのか?


top_mainimg01.jpg



まるで絵本の中から飛び出てきたかのような?ピアノ演奏に乗せた歌とダンス…
11人の「実力派おっさん」による子供に見せたいミュージカル。

おっさんたち、頑張りすぎwww


というのが、ラストシーンまでの感想。


でも、そんなメルヘン調で終わるはずがないのが長塚圭史さん・・・
らしく?最後が物凄くシュール!
原作知らないから原作の終わり方が気になるところだが、
現代の風潮を表した?皮肉っぽい終わりの幕切れにいろいろ考えさせられた・・・。

10年の歳月が、10年の頑張りが大きく変えてしまった。
繁栄の裏に付きまとう黒い影、変わらなかった者(邪魔者)への鉄槌…

結局どんなに豊かになって権力と富みを得ようとも、
空腹でどうにもならないほど貧しかったけどお互いの間に優しさが満ち溢れていたあの頃の方が
幸せで素直でネコらしい?毎日を生きていた・・・

現代社会そのものに警鐘を鳴らすかのような?そんな物語のラストでした。。。





スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/15(日) 14:05:22|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宮沢りえちゃん 健在!! | ホーム | おまえの同志ではない!と、全力否定するもまたもや軽く却下されたwww>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2677-893c61b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。