Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日は下北沢へ。

夕方からまた観劇で下北沢へ。

あっという間に休日2日間が終わってしまった…(TдT)



ペンギンプルペイルパイルズ♯16
『ベルが鳴る前に』

12/2/16(木)~12/2/22(水):下北沢本多劇場 ※最前列(センターブロック)
【作・演出】倉持裕
【出演】小林高鹿/ぼくもとさきこ/玉置孝匡/近藤フク/吉川純広/大浦孝明/
大数みほ/小野川晶/田川可奈美/橘花梨/中尾僚太/春木美香/林笑子/
春山優/ペ・ジョンミョン/皆戸麻衣/奥菜恵
http://penguinppp.com/next/16/

謎のマシンを見張る女、無数の身体検査を受け続ける学者たち、
ピストルを持つ男と機械技師を乗せて疾走するワゴン。
虚実入り混じるシーンをオムニバス形式で送る、鉄サビ香るファンタジー。

h1.jpg
L003752.jpg



2年ぶりの本公演。
倉持氏独特の世界観は相変わらず。
だがしかし、今作はセリフ劇ではあったが、いつもの難関度合いは和らぎ加減気味?
集中して観ていればそれほどストーリーを追いかけるのに必死になることはなく、
また展開的にもオムニバス形式でころころ変わるものの、
スピード感は按配よく心地よい芝居だったかと。
全6場、物語の欠けていたピースがそれぞれの場で徐々に解き明かされていき、
ラストでピースが全て埋まって鮮やかなエンディングを迎えた。
本当にうまく計算されていたというか、それまでの伏線や謎めいた部分が鮮明になって
すっきりと気持ちのよい舞台だったね^^

対して、昨日観た『持ち主、登場』の方は似たような?展開でありながら
繋がりがあるのかないのかぼかしつつ話を押しすすめ、さらに最後の最後で
それまでの伏線的意味合いを全てぶち壊して強引に終わらせたという・・・( ̄Д ̄;;
(それはそれでアリといえばアリではあったがw)


とまぁ、今年観劇した中では今のところこれが一番だな。
(小林賢太郎一人芝居を除いて)
これは年間ベスト10には残したいと思える舞台だった。。。


あ、奥菜さんが変わらずステキだった!
小さく華奢な体でありながら全身から醸し出すお色気はモロ自分好み…大好き!
やっぱ、いいわぁ~~~~(〃▽〃)



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/20(月) 00:08:24|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近況・・・ | ホーム | 久々のハシゴ観劇…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2708-c75bfa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。