Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

客席の華やかさがこの舞台の凄さを物語る?!

なんか・・・

凄いものを観た!

って、表現しか出来ないや…すまんw

しかし、これは『演劇』ではなく、もはや『芸術』だね。。。



『テヅカ TeZukA』
2012/02/23(木)~02/26(日):Bunkamuraオーチャードホール ※5列目(センター)
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演:森山未來, DamienJalet, DanielProietto 他
書道家:鈴木稲水
演奏:堀つばさ、ウー・ジェー・パク、オルガ・ヴォイチェホヴスカ
原拠:手塚治虫
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/12_tezuka/

イギリスのサドラーズ・ウェルズ劇場と、ベルギーのイーストマンプロダクション、日本のBunkamuraが、手塚プロダクションの協力を得て共同プロデュースする同公演。今年9月6日にサドラーズ・ウェルズにて世界初演され、その後世界各地を巡り、2月に日本に上陸。ダンス力も高い評価を得る俳優・森山未來が日本公演に出演することでも大きな注目を集めている。


thumbnail_20120228231324.jpg



観終わってしばし呆然としたまま席を立てなかった。
カーテンコールでの拍手を忘れてしまうくらい…。

というわけではないが、とにかくあまり多くのことを語れない…。

"感情が迷子になっているまま"というか。。。


これは『演劇』という枠で捉えるものではなく、『総合芸術』と捉えられる代物であったけど、
それがどのようなものであったのか?
感想を述べようにも陳腐な言葉では表現しきれない。しようがない。

自分のボキャ能力不足を痛感する・・・orz


無理矢理に強いて言うなら、、、

『森山くんの存在が際立っていなかった』

この言葉の意味がどれほど凄いことなのか?解かってもらえるかな??(^_^;)

(もちろん、森山未來のポテンシャルは全力本気で発揮されてた上でだよ^^)


余談
それにしてもこの日は舞台上だけでなく、客席も実に華やかだった。
自分が判っただけで、勝地涼、ラサール石井、河原雅彦、鈴木杏、満島ひかり(たぶん)
(あと、自分は見かけていないけど、長澤まさみと伊勢谷友介も来てたらしい)
そして、一幕後の休憩時間の喫煙コーナーにて、おいらのすぐ傍で
長塚圭史、リリーフランキー、倉持裕、岩松了が4人で一緒に談笑しながら一服していた。
(名前が思い出せないけど、演劇人があと数人一緒にいた)

なんだこのメンツwww

演劇界きっての錚々たるメンツが一堂に会すとは・・・
この公演は演劇関係者にも相当注視されていたというわけだな。(^_^;)





スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/28(火) 23:21:10|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月・・・いよいよ開幕!! | ホーム | 8年ぶりの・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2713-2fe2cd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。