Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上半期観劇ランキング・BEST10

ようやくまとまった時間が取れたので、まとめてみました。
1月~6月の上半期の観劇ランキングです。

まず、今年半年間での観劇総本数は計45本

1~3月までが非常に観劇本数が多かったものの、
4月以降は(仕事環境が変わり)激減・・・( ̄Д ̄;;

このペースでいくと、今年1年間で80本は切りそうだな。

いいことだw


ということで、6月末までの上半期、なんとなくのランク付けでまとめてみたのだけど、
今回はなんとなくといっても、上位6位までは割りとすんなりと?
迷わず順位付けが進んだかな?
中でも特にベスト3は抜けていたかと。
ちなみ上位3本はどれを1位にしてもおかしくなかったのだけど、
コスパを考慮してチケット代が安かった順にしてみました(笑)

あ、7~10位はなんとなくということで…(^_^;)


ではでは、以下一言コメント付きで羅列しておきます。
(リンク先にレビュー記事アリ)


2012年上半期BEST10公演

第一位
ヨーロッパ企画 イエティ #5:『ブラッド&バター』
2012年3月2日~2012年3月4日:下北沢駅前劇場 ※2列目
作・演出:大歳倫弘
出演:酒井善史 角田貴志 土佐和成 本多力 かもめ(演劇集団Q)
http://www.europe-kikaku.com/yeti/

今年大ブレークした「テルマエ・ロマエ」のフランス・パン屋バージョン(笑)
ネタ的にはパクリだったかもしれないが、とにかくネタが秀逸!
そして芸が細かいw
「ランチパック」から始まって、「まるごとバナナ」や"ヤマザキ春のパン祭り"まで、

パンの関わる小ネタ満載の展開は本家テルマエと匹敵の面白さ!
にもかかわらず、最後のオチは「やっぱり日本人はご飯が一番!」と、
茶碗の白米を頬張る女子高生www
やられました・・・(笑)
(1位に上げたのはコスパも考慮して。これでチケ代2300円は格安!)


第二位
ブルドッキングヘッドロックvol.22
女々しくてシリーズ『すけべの話し』

2012年2月29日(水)~3月11日(日):サンモールスタジオ ※最前列
作・演出:喜安浩平(ナイロン100℃)
出演:「バットとボール編」
西山宏幸 篠原トオル 寺井義貴 小聰 猪爪尚紀
小笠原東院健吉 藤原慎祐 松木大輔 緑川陽介
川村紗也(劇団競泳水着) 佐藤みゆき(こゆび侍)
http://www.bull-japan.com/stage/sukebe/

これも小劇場ながらの面白さ!
会話劇で派手さはないものの、高校生を演じた役者のキャラ立ちが本当に素晴らしかった。
(これもチケ代3300円!安い!!)


第三位
K.K.P.#8 『 うるう 』
02.08(水)- 02.19(日):天王洲銀河劇場 ※5列目(センター)
脚本・演出:小林賢太郎
出演:小林賢太郎
チェロ演奏:徳澤青弦
http://kentarokobayashiproduce.net/menu.html

小林賢太郎の才能に脱帽…!
一人芝居でここまでやられるとグウの音も出ない(汗)
脚本、演出、構成、音楽、照明、そして演技、
全てにおいてパーフェクトだったと思う。


第四位
『BOB』
2012/4/27~5/21:東京グローブ座 ※4列目(センターブロック)
演出・脚本:西田征史
出演:丸山隆平(関ジャニ∞)/平愛梨/片桐仁(ラーメンズ)
http://www.bob2012.jp/

この3人芝居も実に面白かった!
ジャニ絡みなので超アウェーだったけど(苦笑)


第五位
NYLON100℃ 38th SESSION『百年の秘密』
2012年5月29日(火):神奈川芸術劇場 ※3列目(センター)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト:犬山イヌコ/峯村リエ/みのすけ/大倉孝二/松永玲子/村岡希美/長田奈麻
廣川三憲/安澤千草/藤田秀世/水野小論/猪俣三四郎/小園茉奈/木乃江祐希/伊与勢我無
萩原聖人/近藤フク/田島ゆみか/山西 惇
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/nylon38th.html

常に安定の「ナイロン100℃」
毎度の長時間の大作であったけど、
疲れることなくまた間延び感もなく、最後まで集中して観れたな^^
役者個人の技量はこの劇団が一番だと思う。


第六位
大人計画本公演『ウェルカム・ニッポン』
2012年 3月16日(金)~ 4月15日(日):下北沢本多劇場 ※最前列(センター)
作・演出:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ、宮藤官九郎、池津祥子、伊勢志摩、顔田顔彦、
宍戸美和公、宮崎吐夢、皆川猿時、村杉蝉之介、田村たがめ、
荒川良々、近藤公園、平岩紙、アナンダ・ジェイコブズ、松尾スズキ、
青山祥子、井上尚、菅井菜穂、矢本悠馬
http://otonakeikaku.jp/welcome/welcome.html

久々の新作フルキャスト公演。
本当はもっと上位に位置づけてもよかったのだけど、
上位5作があまりにも強烈だったもので・・・
でも、これも松尾スズキらしい本に劇団の個性が最大限発揮された舞台だった。
(そーいえば、これのレビュー書き上げていなかった!?ということに今気付いたorz)


第七位
キバコの会 第三回公演『ギターを待ちながら』
2012年2月8日(水)~19日(日):赤坂RED/THEATER ※5列目(センター)
脚本:佃 典彦
演出:堤 幸彦
音楽・演奏:武内 享
出演:半海一晃/野添義弘/多田木亮佑/真野恵里菜/街田しおん/白石朋也/三浦理恵子
KENCHI(EXILE)
http://www.nelke.co.jp/stage/guitar/

3回目の公演ながら今作が一番良かったかも!?
おっさんたちが一生懸命バンド演奏する姿に心打たれましたw
(真野恵里菜が豹変していたのにも驚き!w)


第八位
『PRESS~プレス~』
2012/2/17(金)~3/4(日):シアターコクーン ※3列目(下手側)
脚本:生瀬勝久
演出:水田伸生
出演:明石家さんま/生瀬勝久/相武紗季/中尾明慶/丸山智己
音尾琢真/山西惇/温水洋一/八十田勇一/新谷真弓/大河内浩
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/12_press.html

さんま公演にこのメンツ、
ベタベタ新喜劇っぽい展開ながらもそれがまた見事にマッチして
クオリティー高い芝居だったかと。
(初のピンマイクなしでの芝居も評価したい)


第九位
ペンギンプルペイルパイルズ♯16『ベルが鳴る前に』
12/2/16(木)~12/2/22(水):下北沢本多劇場 ※最前列(センターブロック)
【作・演出】倉持裕
【出演】小林高鹿/ぼくもとさきこ/玉置孝匡/近藤フク/吉川純広/大浦孝明/
大数みほ/小野川晶/田川可奈美/橘花梨/中尾僚太/春木美香/林笑子/
春山優/ペ・ジョンミョン/皆戸麻衣/奥菜恵
http://penguinppp.com/next/16/

倉持さん、どうしちゃったの?
というくらいいつもに比べ解かりやすい芝居であった(笑)
目まぐるしく変わる演出であったけど、伏線の描き方が絶妙だったね。


第十位
プロペラ犬 第四回公演『ネガヒーロー』
2012/1/20?1/29:CBGKシブゲキ!! ※2列目(センターブロック)
演出:入江雅人
脚本:水野美紀
出演:池谷のぶえ/オクイシュージ/前田悟/水野美紀/福本伸一
主題歌:山内圭哉
http://www.facebook.com/propellerken

プロペラ犬としては今回が初の水野美紀演出。
最後の椅子を『表現さわやか』と迷ったのだけど、
この舞台を観た後にTVで「情熱大陸」の水野さん特集を見てしまったので
こっちに1票を投じました(笑)



番外
『テヅカ TeZukA』
2012/02/23(木)~02/26(日):Bunkamuraオーチャードホール ※5列目(センター)
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演:森山未來, DamienJalet, DanielProietto 他
書道家:鈴木稲水
演奏:堀つばさ、ウー・ジェー・パク、オルガ・ヴォイチェホヴスカ
原拠:手塚治虫
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/12_tezuka/

あえて、ランク選考から外した公演。
これは『芝居』というジャンルで括れないものであった。
もはや芸術だね!
いやいや、、、凄かった!!!

あ、これとは関係ないけど、9月の『ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ』
森山くん主演で共演が後藤まりこ!そして公演会場がライブハウス(渋谷O-EAST)
O-EASTでこの2人によるミュージカルとな?!(|| ゜Д゜)ガーン!!
当然ながら観る方も前方はオールスタンディング!(後方は仮設椅子席を設けるらしい)
どんな芝居になるのか?今から超楽しみです^^
(整理番号1番キープしてるのでもちろん最前突撃しますwww)
しかし、後藤まりこを共演に起用したのは森山くんのリクエストだったらしいけど、
YUKIといい、ホント判りやすいよな、彼の好みは。(ってか、オレと同じじゃんwww)

森山未來&後藤まりこインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=go30ygv0jE4&feature=related



下半期もこの『ヘドヴィグ…』の他にも今確定しているのだけでも、
大人計画の『ふくすけ』、昨年高評価だったシリーズ第二弾の『鎌塚氏すくい上げる』
さらには『劇団ニコルソンズ』等々楽しみな公演が目白押し!
中でも『久ヶ沢牛乳』が一番楽しみかな?!
脚本作家陣・演出家が豪華すぎる!というか、自分的にはまさにオールスターwww
【岩井秀人(ハイバイ)川尻恵太(sugarboy)ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
小林賢太郎、G2、福原充則(ピチチ5)】

ラーメンズのゲスト出演が発表になる前にチケット押さえておいて正解だったな(・∀・)ニヤニヤ





スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/07/10(火) 23:56:46|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平日の休日って意外といいかも?! | ホーム | 【2012 J1 第17節vsサガン鳥栖】馬鹿試合を招いたのは選手だけの責任ではない?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2805-72cb9a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。