Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの休日休みもやっぱり大好きな下北沢へ・・・(^_^;)

久しぶりの日曜休日!!

何時以来か?!
と、調べてみたら、5/20以来だった・・・( ̄Д ̄;;

ということで、お昼過ぎから下北沢へ!
いつも通り?芝居観劇ハシゴしてきました…(^_^;)


そう、観劇の合間が2時間半ほど時間が空いたので
シモキタの街を一人でプラプラしていたのだけど、
なんか、いろいろ新しい発見がいっぱいあった!

この街はまだまだ奥が深いなぁ。。。ヽ(´ー`)ノ



それでは、まず1本目(↓)


劇団500歳の会『いつか見た男達~ジェネシス~』
2012/7/28〜8/5:本多劇場 ※2列目(上手通路横)
演出:福原充則
脚本:千葉雅子
原作:松原敏春、監修:佐藤B作
出演:荒谷清水/池田成志/宇梶剛士/小川菜摘/金井良信/
千葉雅子/中村まこと/深沢敦/山西惇/渡辺いっけい
http://www.g2produce.com/other/ituka/index.html

それぞれに哀しい身の上を背負い、世にはぐれ、恨み、「北関東逆境会」と称した暴れ回った男達。
あれから三十余年。彼らのもとに同じ内容の手紙が届く。
「お父さんに会いたい。」
蘇るのは、はるか記憶の彼方。高校生だった頃のあの出来事。
一体誰の子なのか? そして、今頃になって呼び出す目的は?
ささやかな同窓会が開かれる川治温泉の夜。
昔のおんなとすっぱい思い出。
そして、彼らを待ち受ける衝撃の真実とは...。

※「劇団500歳の会」は、若かりし頃から溢れる熱情を芝居にぶつけ、
今なお演劇愛を持ち続けている同年代の俳優10人が集まり、50歳を機に劇団を結成。


img2831.jpg


G2プロデュースで福原が演出だし、前評判もかなり良いみたいだったので
かなり期待していたのだけど・・・

残念ながら自分には合わなかった(苦)

まったく下調べもせずに観に行ったのだけど、
原作が「東京ヴォードビルショー」だったのね。
どうりで合わないわけだ・・・( ̄Д ̄;;

クスっとはするも、この手のノリの笑いはどうにも苦手です。
(途中何度か落ちてしまった・・・orz)

それにしても合う合わないは抜きにしても、メンツが濃すぎるね、これw
その中に場の空気を変えられるボケ役が一人加われば
もしかしたらまた違った印象受けたかも?!

ま、しゃぁない。こういうこともあるわな。。。


気を取り直して、続けて夕方からもう1本。今度はスズナリ。

こちらも福原充則



月影番外地その3『くじけまみれ』
2012年8月3日(金)~2012年8月12日(日):ザ・スズナリ ※椅子席最前列
演出:木野花
脚本:福原充則
出演:高田聖子/丸山厚人/山本圭祐/碓井清喜/植田裕一/政岡泰志


赤羽在住45歳独身の女が、深夜の海賊ラジオで声高に革命を叫ぶ青年と出会い、恋に落ちる。
その2人の前に立ちふさがるもう一人の男。
“そこまでしないと人を愛せない面々”の“狂っているようで純愛”が炸裂する!

※「月影十番勝負」は、劇団☆新感線の高田聖子が、
劇団公演ではできない新しい試みに挑戦しようと立ち上げたユニット。


photo-tsukikage2.jpg



1本目は演出担当だったけど、こちらは脚本を書いた福原氏。
「墓場女子高生」以来の新作公演!?

いや~~~~~!こ、これは面白かった~~~~!!

ど真ん中ストライク!のオレ好みwww

スピード感満点のナンセンスコメディ劇で、
展開・セリフ回し共にさすが福原!そのセンスの良さに感服!


物語の舞台は、、、まさかの赤羽www

赤羽(のボロアパート)在住で赤羽にある社員2人の零細企業に勤め、
20年間赤羽駅前でずっとティッシュを配り続けているアラフォー女(高田聖子)が主人公。


偶然受信したラジオ電波の海賊放送をきっかけに、

そこから電柱上でのラブストーリーに発展し、
さらにそこから、なんでこうなった?という怒涛の展開がスリルを伴って駆けて行く…


淡いラブストーリー、、、純な男女の恋心が燃え上がるはずが?!



なぜか赤羽炎上www


そして赤羽終了wwwwwww


荒川の向こう側は未知の都市www、サイタマwww

そこにあるニシカワグチという(いろんな意味での)ユートピア都市www

男はもはや無法地帯となった赤羽を捨て、
理想郷のユートピア・ニシカワグチに女を連れて逃げ出そうとするも、
それに抵抗する赤羽でしか生きられない女www


小ネタも満載で福原氏らしい?スピーディーナンセンスコメディーは
1本目の不服を帳消しにしてなおお釣りが返ってくるくらいの抱腹絶倒劇でした…^^


しかし、それにしても、


ちょwww 埼玉バカにしすぎやろwwww


でも、おいら埼玉県民だけど、おもろかったから全部許すwww


回転式のタッチパネルを用いて
瞬時に場面が切り替わる演出を施した木野花さんの演出もGJ!ですた^^



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/08/07(火) 03:22:50|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今期未だここで未勝利・・・orz | ホーム | 当たり公演の連続にメシウマ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2822-5edfd85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。