Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまとめて・・・(汗)

ここ最近の日常…
物凄いスピードで時間が過ぎていく…( ̄Д ̄;;
日中は忙しすぎて食事の時間もまともに取れないくらい(苦)

で、夜は比較的早く仕事を切り上げるものの、
夜は夜でそのまま劇場やLIVEハウスに行っちゃって飲んで帰って来るので
PC開く時間がほとんど無くて・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なかなか更新出来ずにいます…orz

明日はようやくの休日なので今夜は夜更かし出来るけど(^_^;)

そんなわけで?またもや?!
先週末から今週にかけて観てきた舞台の簡単な感想を少しだけ。



ハイバイ『霊感少女 ヒドミ』
2012年11月6日(火)〜11日(日):東京 アトリエ春風舎 ※最前列
作・演出:岩井秀人
映像:ムーチョ村松
出演:上田遥 奥田洋平 町田水城 平原テツ
http://hi-bye.net/category/news/nextplay

国道16号ぞいのマンションに住むヒドミは、
何故自分がここにすんでいるのか、分からない。
今日も世界に自分の影を探す。
そして念願叶ってやってきた恋人。それを阻止しようと亡霊達が現れる。


pict01_big.jpg


1時間ちょいの小芝居だったけど、実にハイバイらしい?演劇でしたな。
切ない?ラブストーリー?
岩井氏の世界観と映像&グラフィティーがクロスした濃密な1時間だった。

ただ、前評判が高かった割りに、自分はそこまでの感覚は得られなかったな。
なぜか?って考えたら、映像の技術が凄く、それを多用していたがため、
かえってそれが煩わしく感じてしまったから…かな?
いや、芝居と映像のシンクロは見事だったんだけどね。
ちょっと眼がチカチカして集中出来無かったというか…(苦)

あと、ヒドミの恋人の名前が自分と同じだったので、
なんだか照れくさかったというのもあっるかも・・・w


///////////////////////////////////////////////////////////


モダンスイマーズ『楽園』
2012年11月7日(水)~15日(木):吉祥寺シアター ※最前列(センター)
作・演出:蓬莱 竜太
出演:深沢 敦/古山憲太郎/津村 知与支/小椋 毅/西條 義将
http://www.modernswimmers.com/nextstage.html

これは子供の物語である。
子供のころ、ほんの数時間の間に起こった他愛もない、
無邪気で、無慈悲な遊び。
ある子供のその後の人生を変えてしまった何かが
その出来事にあったとすればー。
原因は何なのか。
責任は誰にあるのか。
誰があの時間を説明出来るだろうか。
これは子供の物語であり、ある女のルーツの物語だ


rakuen_img412.gif



これは面白かった!最高!!!ここ最近観た舞台ではこれが一番良かった!
実際の経験として、秘密基地作って狭い子供の世界で遊んだことあるし、
些細なことでよく喧嘩もしたし、自分の子供(小学生)の時も似たような経験があるけど、
思い返せば、ある意味、この子供の世界の人間関係って
大人の世界より残酷だわな・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ってか、ここにイジメの構図があるんだよな。( ̄Д ̄;;

男4人、女1人、計5人の小学6年生の子供たちのお話し。
身体が大きくて裕福な家庭のリーダー格の子と、彼に逆らえない2人の男の子、
そこに転校生の男の子を招き入れた秘密基地と称する廃墟ビル。
そしてリーダー格の男の子と付き合っている女の子が4人に割って入ってきて絡む。
ちょっとした発言や行動によって標的が目まぐるしく変わる。

十数年後の大人に成長した姿で小学生時代の子供を演じる役者。
口調は子供ながらも、演じるその格好は今の職業や容姿のままで。
警察官やプロレスラー、コンビニバイト、工務店勤務、醜く太ってしまった中年おばさん(笑)

これが実に妙!!!

とりわけ、ヒロイン?役を演じた深沢敦が
大阪のおばちゃん的な?姿で、
今とはかけ離れた小学生時代のクラスの人気者だった少女を演じるわけだが、
自意識過剰で勘違いした?性格ブス的な役まわりの演じ方が本当に巧かった!!
最後はちょっと切ない終わり方だったけど、公演タイトルの通り、
なんだかんだでこの頃が一番楽しかったんだな・・・と、
自分もしみじみと思い返して観てしまった舞台でした。


///////////////////////////////////////////////////////////


猫のホテル『峠越えのチャンピオン』
2012年11月8日(木)~18日(日) :下北沢ザ・スズナリ ※最前列
作・演出:千葉雅子
出演:中村まこと 森田ガンツ 市川しんぺー 佐藤真弓 村上航 いけだしん
千葉雅子 前田悟 政岡泰志(動物電気)
http://www.nekohote.com/next_folder/next_info.html

青い季節が過ぎたとて、青い奴らは急いてゆく。
争い行き着くその果ては、雨が降るのか朝日が射すか。


toge-omote100.jpg



菅原永二と池田鉄洋が抜けても猫ホテのパワーは衰えず!さすがの安定感!
千葉さんのエネルギーが迸る?!時代劇風?昭和芝居でした!
これがまたスズナリの劇場に良く合うんだな…^^
(しかし、峠も超えないし何がチャンピオンなのか?もさっぱり謎だったがw)

あ、最近の舞台では男装とか子供役とかそんな役回りが定着してたけど、
今作では佐藤真弓さんがめちゃくちゃキュートですたw


//////////////////////////////////////////////////////////////


ベッド&メイキングス第2回公演『未遂の犯罪王』
2012/11/10(土) ~ 2012/11/18(日:すみだパークスタジオ倉 ※最前列
脚本・演出:福原充則
出演:富岡晃一郎、喜安浩平、野口かおる、佐藤銀平、髙山のえみ、
橋本淳、藤原慎祐、松下太亮、吉川純広、吉田ウーロン太、小林顕作、山本亨
http://www.bedandmakings.com/vol2/


ベッド&メイキングスの第2回公演、これも規格外に面白かった~~~!
物語の発想とキャスティング、そして役者全員が輝く脚本はさすが!
もちろん福原氏独特のセリフ回しは健在!さすがですた^^

スカイツリーのお膝元、錦糸町と押上の中間に位置する普通の?倉庫。
ここが会場。
しかし、なんでこんなところでやるんだろう?といった疑問も芝居観てその謎は解けた。
終盤、山梨の田舎のドライブインが設定のステージに、
突如後方から舞台美術の壁面を突き破って本物の乗用車が突っ込んできた!

なるほど。これがやりたかったのかwww
そりゃ普通の劇場ではこの演出は不可能だわなwww

ストーリーも演出も会場も全てが規格外のような?芝居でした(笑)

あ、自分が観た日はなぜか客席に役者さんが多かったな。
(あえて名前は伏せるけど)某劇団の御大女優とか、
先日観た舞台に出演していた某美人女優さんがすぐ近くにいたので
ちょっとドキドキしながら観てた(苦笑)
(そういえば、彼女も第1回公演に出演していたんだな…)




スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/11/14(水) 02:19:32|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18年ぶりの埼玉公演! | ホーム | 幻のベーシスト?!(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2884-64e4134f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。