Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ホロヴィッツとの対話』

パルコ・プロデュース公演 パルコ劇場40周年企画第一弾
『ホロヴィッツとの対話』
2013年2月9日 (土) ~2013年3月10日 (日) :PARCO劇場 ※最前列(センターブロック)
作・演出:三谷幸喜
出演:渡辺謙/段田安則/和久井映見/高泉淳子
http://www.parco-play.com/web/program/horowitz/

海外芸術家シリーズ第3弾のモデルは、20世紀のピアノの巨匠、ウラディミール・ホロヴィッツ。天才ピアニストのホロヴィッツと、彼の演奏を支える調律師のフランツ・モア、芸術に人生を捧げる2人のエネルギーの源泉とは? 2人は何のために身を削り、芸術に奉仕するのか? そして何を得て、何を失っているのか? ホロヴィッツ夫妻とモア夫妻のとある一夜の会話を描きつつ、“芸術そのもの”に迫っていく。


index_20130312002440.jpg


世界の渡辺」PARCO初見参ってか!?

4人の実力者俳優による会話劇、三谷さんらしい?構成劇で客席を圧倒した舞台でしたな。
とりわけ、段田さんのホロヴィッツは世界の~を食ってしまう勢い芝居w
和久井映見も舞台では初めて観たけど、やっぱりうまい!むろん、高泉さんは言うことなし。

このメンツでの三谷会話劇、さらにピアノの生演奏が絶妙な演出として花を添える・・・
いつもの三谷芝居のような抱腹絶倒ではないから物足りなさを感じる人もいるかもしれないけど、
でも自分はこれはこれでありというか、
パルコ劇場の40周年記念公演としてこれをチョイスしたのは
むしろ良かったと思える作品でした。
パルコらしいというか・・・ね(^_^;)

ということで、まだ公演は続くのでこれ以上のネタバレはやめときましょう。。。




スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/12(火) 01:26:00|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『デカメロン21〜或いは、男性の好きなスポーツ外伝〜』 | ホーム | 舞台『ウレロ☆未公開少女』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/2960-dca85136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。