Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週末は3連休だゼッーーー!!!

今週末は3連休!!!

週末に完全に仕事から離れられるのって、いつ以来だ?!(笑)
とりあえず、今日は午後から等々力だけど、明日は完全フリー!
あぁ、幸せ…(〃▽〃)


そんな3連休の朝なのだけど、
本当は昼前までゆっくり寝ていたいところではあるが、
今日は10時から舞台関係の先行発売が3つ、11時から1つあるので
その準備のために早起きした。(いや、暑くて目が覚めたってのもあるけど…)

しかし、10月とか11月の舞台のチケットを今から手配し始めると
なんかね、2013年はもうすぐ終わってしまうような?
そんな錯覚に陥ってしまうわな…(苦笑)

まぁいいやw
とりあえず、今週観てきた舞台はこれ1本です(↓)



シス・カンパニー公演『ドレッサー』
2013年06月28日(金)~07月28日(日):世田谷パブリックシアター ※5列目
[作]ロナルド・ハーウッド
[翻訳]徐賀世子
[演出]三谷幸喜
[出演]橋爪功/大泉洋/秋山菜津子/平岩紙/梶原善/銀粉蝶/浅野和之
    本多遼/長友郁真
http://www.siscompany.com/dresser/gai.htm


第2次世界大戦下の英国。とあるシェイクスピア劇団の楽屋では、「サー」と呼ばれる老座長(橋爪功)が、折からの空襲と戦時下の心労で心神喪失気味…。座長夫人(秋山菜津子)やベテラン舞台監督(銀粉蝶)が公演中止を主張する中、長年「サー」に献身的に仕えてきた付き人・ノーマン(大泉洋)は、今夜の演目「リア王」を何とか開幕させようと奮闘するのだが…。


pht_p_130628_dresser_pm_img_2.jpg



海外戯曲の名作を三谷幸喜がどのように料理するのか…?
主演格の"橋爪功&大泉洋"共々楽しみにしていた公演です^^

まぁ、ぶっちゃけ、1幕は"大泉ワンマンショー"www
そして2幕はシェイクスピア『リア王』のドリフ的舞台裏コントからの~
一転した最後に訪れる悲劇…
オリジナル作品を観ていないから比較は出来ないけど、
三谷さんらしい?演出公演だったかな…。
観ていて途中で座長(橋爪)と付き人(大泉)の関係が、なんとなく
『ホロヴィッツの対話』での段田安則と渡辺謙の関係に似てた気がしたね(^_^;)

大泉洋はNACSの本公演以外では2度目だったけど、
この人の役者としてのポテンシャルは凄いなぁ…
どうしてもコメディー色が拭いきれないところだけど、
シリアスな真顔の演技と表現力は超一級の舞台役者だと痛感!
(同じことが安田顕にも言えるが…)
と、褒めつつ?!キャラに似合わないほど緊張してたなwww
カテコでも顔引き攣ってたように見えたしwww


あと、平岩紙ちゃんのカワイサが異常だったwww
三谷幸喜とクドカンとじゃこんなにも扱いが違うのかwww



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/07/13(土) 08:40:56|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【2013 J1 第16節vs川崎フロンターレ】完敗というより、自滅・・・ | ホーム | 【2013 J1 第15節vsFC東京】屈指の好カード!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3040-deedc698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。