Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NODA・MAP 第18回公演『MIWA』

NODA・MAP 第18回公演『MIWA』
2013年10月04日(金)~11月24日 (日):東京芸術劇場プレイハウス ※4列目(センター)
作・演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ 瑛太 井上真央 小出恵介 浦井健治
青木さやか 池田成志 野田秀樹 古田新太
http://www.nodamap.com/miwa/top.html


何が起こる?何かが起こる!?
"NODA meets MIWA"
「今、まさにこの世を生きる実在の人物をモチーフに新作を描くこと」
この秋、東京芸術劇場プレイハウスで野田秀樹が手がける新作公演は、"MIWA"こと[美輪明宏]さんの波乱の人生の物語。
多面的な才能でいつの時代にも、人々を魅了し続けてきた美輪明宏は、まさに"生ける伝説"。国民的知名度を誇るこの人物をモチーフに、野田秀樹が豪華役者陣と共にオリジナルストーリーとして描き出します。


miwa245.jpg



MIWA=美輪明宏
美輪明宏の波瀾万丈の人生を宮沢りえと古田新太の二人格にて描いた快作だった。
ネタかと思われる内容が実話であったり、
「アンドロギュノス=安藤牛乳⇒両性具有」は実は本当にそうなんじゃ?と思ったり…(笑)
幼少の頃に「化け物」呼ばわりされていたってのは当人の口から語られた出来事だったと思われるが、
全体を通してフィクションとノンフィクションの境目がよく解からなくなってしまったが、
少なくとも現存する美輪明宏という方のオーラが半端ではないということが
この芝居を通じて伝わってきたのだから
舞台の題材としてこのような仕立てで取り上げた野田秀樹の勝利だったのかな(^_^;)

役者陣が豪華絢爛だったけど、
中でもやはり主演を演じた宮沢りえが圧巻だった。
「おのれナポレオン」で大評価を得たりえちゃん、
この舞台でも膨大なセリフ量を一度も噛まず美輪さんになりきった素晴らしい熱演だった。

可愛さで言えば、これが初舞台となる井上真央だけど、
ただ、自分の感想としてはちょっと抱いていたイメージと違ったかな…。
いや、役どころとしては可愛かったのだけど、なんというか…全体的にぼんやりとして…
ま、個人の感想として聞き流してもらいたいのだけど、
ぶっちゃけ、スタイルがよくなかったw
衣装のせいでそう見えただけかもしれないけど、
シルエット(体型)的にじゅるっと来なかったんだよなぁ…(笑)

初舞台の芝居は良かったので、次に期待です^^

とりあえず、今月この後に長澤まさみと石原さとみをがっつり最前で見るので
このガッカリ分はそこで挽回させてもらおう…(・∀・)



スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/14(木) 23:10:28|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<『シダの群れ』 第三弾 港の女歌手編 | ホーム | 歯医者で妄想LOVE♪からの~~~( ̄Д ̄;;>>

コメント

嗚呼

井上真央観たかったっすorz
  1. 2013/11/15(金) 21:12:34 |
  2. URL |
  3. 川越のジャンヌダルクな人 #Q3eHLSb2
  4. [ 編集 ]

初舞台出演でしたけど、
観てる限りじゃけっこう舞台を楽しんでる様子でしたので
また舞台に上がる機会があると思いますよ。
そのときは誘いますね^^
  1. 2013/11/17(日) 00:02:53 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3127-6e190b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。