Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』

今夜も忘年会だったのだけど、
雨降ってるし寒いし…ってことで、あっさり一次会で終了~~♪

昨日観てきた2本の感想を昨夜下書きしておいたので
それをUPして今日の業務はこれにて終了です…(・∀・)



パルコ劇場40周年記念公演
大パルコ人② バカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』
2013年11月24日 (日) ~2013年12月29日 (日) :PARCO劇場 ※2列目センター
作・演出:宮藤官九郎
出演:佐藤隆太、勝地涼、永山絢斗、川島海荷、三宅弘城、
皆川猿時、少路勇介、よーかいくん、宮藤官九郎、坂井真紀、綾小路翔

音楽:綾小路翔(氣志團)、上原子友康(怒髪天)、宮藤官九郎(グループ魂)、
小園竜一(グループ魂)、坂本慎太郎、富澤タク(グループ魂)、益田トッシュ、
三宅弘城(グループ魂)、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、横山剣(クレイジーケンバンド)
http://www.parco-play.com/web/play/bakarock/index.html


押忍!メカの次はバカだ!
バカとロックと短ランとジャージとタバコとタイマンとうまい棒とプレハブと新田恵利の「冬のオペラグラス」とエロ本とバカ。
略してバカロックオペラバカだ。
近未来なのに昭和だ。20代 30代 40代の不良学生がロックを歌いながら高校中で小激突!
そんなの今しかできねえよ!バカ!
                               宮藤官九郎


s_daiparco2.jpg

daiparcophotoweb.jpg



パルコと大人計画の共同プロデュース作『大パルコ人』シリーズの2作目。

前作の『メカロックオペラ R2C2~サイボーグなのでバンド辞めます!~』に続き、
今作は『バカロックオペラバカ 高校中パニック!小激突!!』


いやぁ~バカロックでしたなw

先月、昨日と2回観たのだけど、それでもあまりにも小ネタが多すぎるものだから、
感想が何も書けないwww

前作メカロックはちょっぴりセンチな?筋書きがあったけど、
これは冒頭の掴みからエンディングまで、おバカなネタをブッコミ続けて笑いのみであっさり終幕。
そして後には引きずるものが何もないという…(笑)

お見事でやんす!w


しかし、終わってから気付いたけど、
前作から連続で出演したのは、宮藤官九郎・三宅弘城・皆川猿時の「グループ魂」の3人だけだったんだね。
ってか、彼ら以外の今回のメンツもけっこうなはまり役だったけど、
今思えば前作の顔ぶれ(阿部サダヲ・森山未來・松田龍平・片桐はいり・平岩紙)はそれ以上に凄すぎだね(苦笑)

 
というわけで、何も残さないわけにもいかないので、とりあえずの主な役者感想だけ。(↓)

佐藤隆太
学園モノだから観る前は「ルーキーズ」の流れから熱血教師役か?と思ってたら、生徒役だったw
しかし、元々舞台上がりの役者さんだからやっぱり何やらされても安定してるね。(^_^;)

勝地涼
冒頭登場のあれはどこからどう見ても「前髪クネ男」だろwww
絶対狙ったなwww
しかし、クドカンが彼に対して寸評した一文が本当に素晴らしい!
「甘いマスクで隠しきれないインテリジェンスの欠如」
この舞台で彼を観て、クドカンのその見事な表現力に舌を巻いた(笑)

永山絢斗
正直名前くらいしか知らなかったのだけど、瑛太の実弟だったんだね。(^_^;)
言われてみて確かに顔が似てたわ(苦笑)
一緒に観に行った人が隣でメロメロになってのがなんか可笑しかったw

綾小路翔
凄いね!ちゃんと芝居出来んじゃん(笑)
役柄的に素に近い役回りだったけど、後半の七三分けのエセ優等生「道玄坂クリステルくん」とか、
矢島美容室のナオミ的な女装(ぶりキュアオレンジ)のネタ役も役者として秀逸!
もちろん、オペラロックの歌唱力は群を抜いていた。
なるほど、クドカンが熱烈なオファーを出したというのが理解できた^^

よーかいくん
全然知らない人だなぁ…と、思ってたら?!
あーーー!「JAPAN-狂撃-SPECIAL」の元ベーシストの人だったんだ!!
その繋がりでの登用だったのね。
ってことは、昔LIVEで観てるんだ…いや、まったく記憶に残ってないけど。
(昔「グループ魂」LIVEの前座で観たことある)


川島海荷
これが初舞台のアイドル。初見だから期待していたのだけど、
残念ながら自分の琴線には何も触れなかった。
正直、幼なすぎ?!
制服姿だったからかもしれないけど、アニメっぽいところがなんか…ね。
逆にそれがいい!って言う人もいると思うけど。
ただ、ブリキュアピンクの時は可愛いなと思ったけど、でもその時も
隣に並んで立つ「ぶりキュアオレンジ」(綾小路翔)と「ドンぶり!」のおっさん(皆川猿時)が
視線の注目を全部持ってったのがなんともはや…(笑)

坂井真紀
今作で一番ツボだったのは、やっぱりこの人w
坂井さん、すごいわっっっ Σ(゚Д゚)ガーン
自分的には巨乳のウィスパー先生よりも、
パンチパーマのヤンスー役とぶりキュア原作者(腐女子?)の役が大人計画の女優並みのスキルで
特にダダ嵌まりwww


残りのいつものメンツはいつも通りの安定感で、やっぱりバカでした(笑)
特に脱ぎっぷりはねw
あ、石鹸(三宅弘城)のセーラー服姿(ピリカ様)が映えて見えたのはちょっと意外だったけどw


ちなみに、「あまちゃん」ネタの客席通路での「その火を飛び超えて来い~~!」で
生贄?にされた一般のお客さんがちょっとかわいそうだったな(苦笑)


最後に今気付いたのだけど、
この東京公演って12/29までやるんだよな?!
ということは…
12/30に「グループ魂」のLIVEがあるんですけど…
しかも「カウントダウンジャパン」と「ババとロック」の昼夜ハシゴでLIVEに出るはずだったような…?
ということは…?

またリハなしのぶっつけ本番でステージに上がってグダグダになるのかwww
ってか、MCのネタは「あまちゃん」と、
この芝居のことで破壊(阿部サダヲ)がいじりまわすのだろうな(笑)



スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/12/19(木) 23:43:55|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Midnight Dejavu | ホーム | 直人と倉持の会 Vol.1『夜更かしの女たち』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3152-424dcabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。