Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末!

火曜日は自分にとっちゃ週末みたいなもんだ(笑)

そう、明日(今日)はようやくの休みです!
とりあえず昼まで寝ることは決定事項です( ̄ー ̄)


その週末にぷらっと高円寺で観てきたのがこれ(↓)


虚構の劇団 第10回公演『グローブ・ジャングル』
2014/04/04(金) ~04/13(日):座・高円寺1 ※最前列(センター)
作・演出:鴻上尚史
出演:小沢道成、小野川 晶、杉浦一輝、三上陽永、渡辺芳博、
塚本翔大、森田ひかり/オレノグラフィティ、根本宗子
http://kyokou.thirdstage.com/

グローブ・ジャングルとは、公園にある丸い形をしたジャングルジム。
骨組みだけの地球を表すこの遊具は、日本人が発明した。
今日も、公園で、ぐるぐると、複雑な地球は回されることを待っている。

舞台は、ロンドン。
日本人コミュニティに集まる人々は、何を思い、何を求めてこの地にやってきたのだろう。
ネット環境が進化し普及し続ける中で、人はどのように世界と、他者と関わって行くのか…。


GlobeJungle2014_omote_003-light1-725x1024.jpg



読売文学賞、戯曲・シナリオ賞を受賞した作品の再演公演。

少し今風に設定を変えてあったものの、初演とは大きく変わらず。
インターネット社会の無秩序、
ネットを通じて見知らぬ他人を傷つける恐怖と傷つけられる恐怖。
ほんの軽い気持ちで…が言い訳にもならない、反論すればするほど上がった炎は増幅する。
それを繰り返して想像を絶する事態に発展して取り返しがつかない結果に。

一方、煽るだけ煽って炎上させることが正義だと思い込んでいるのもまた悪意であり
それを悪びれずに快感としていることに恐怖した。

自分の人生をめちゃくちゃにされた被害者の女性が、加害者同様にネットで個人情報を漁り
加害者の男を追ってロンドンまで復讐にやってきた。
しかし加害者と知らずに偶然的に加害者男性と出会ってしまい、
異国の地で縁あってリアルに接するうちに男に対し違った感情が芽生え…
やがて互いに過去の真実を知ってしまったとき、被害者は加害者を刺すことは出来なかった…。


まぁ、そうなるわな…w

結局のところ、どんなにネット社会が進化したって、世界が繋がっていようとも、
人と人との直接的な繋がりには敵わないということ。
当たり前のことだと思うけど、でもそれが薄れてきている近頃の風潮に釘を刺す芝居だった。

のかな?(^_^;)


スピーディーで笑い要素も散りばめられた面白い芝居でした^^

今回は役者で出演のねもしゅーがステージ上を走り回っていたのが
へんてこりんでそれがまたキュートでなんだか可笑しかった(笑)



スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/04/09(水) 01:39:17|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コント対バン!(笑) | ホーム | 鈴木おさむ劇場 第二回公演『イケナイコトカイ?』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3215-47cb7bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。