Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『酒と涙とジキルとハイド』

最近すっかりご無沙汰だから、、、


あれは目に毒だった…( ̄Д ̄;;

(けして不純な目では見ていませんw)



『酒と涙とジキルとハイド』
2014年04月10日~04月30日:東京芸術劇場プレイハウス ※2列目(センター)
作・演出:三谷幸喜
出演:片岡愛之助 優香 藤井隆 迫田孝也
http://hpot.jp/stage/sakenamida

story
舞台は19世紀末のロンドン。
ジキル博士が開発した新薬は、人間を善悪二つの人格に分ける画期的な薬、
のはずだった。
それを飲んだジキル博士は、別人格のハイド氏に変身する、はずだった。
学会発表を明日に控え、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士。
追いつめられた末の、起死回生の策とは?


Jekyll_245.jpg



原作「ジキル博士とハイド氏」を基にした三谷幸喜の書下ろし新作。
演劇舞台としてはこれが初舞台となる片岡愛之助と同じく舞台デビューとなる優香
そして藤井隆迫田孝也が加わった4人でのワンシュチュエーション・コメディ!
三谷氏らしい?スピーディーなドタバタコメディーはさすがの面白さでした!^^

まだ来月の天王洲公演にも行くので、ネタバレはまた後日にて…(^_^;)



それにしても…

初舞台の優香が… Σ(゚Д゚)

コントで志村けんに相当鍛えられているからか?!生の芝居でも文句なし!
MとSのスイッチの切り替え演技もうまい!!

ってか、

あの黒のガーターストッキングに"○っぱい"ぷるんぷるんはもうね…(〃▽〃)

いやはや、あのエロチックバージョンの優香にまだ興奮覚めやらぬ…
(こりゃ夢にまで出てきそうな勢いw)


次は最前ど真ん中からもう一度観て 
しっかりとこの眼に焼き付けてやる!!!(☆∀☆) ←不純すぎるwww





スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/04/15(火) 23:03:04|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Jリーグヤマザキナビスコカップ第3節vs徳島ヴォルティス】お粗末・・・ | ホーム | 【2014 J1 第7節vs名古屋グランパス】劇的!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3219-3ce51c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。