Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ノケモノノケモノ』

小林賢太郎演劇作品『ノケモノノケモノ』
2014/7/15(火)~7/20(日):KAAT神奈川芸術劇場 ※3列目(センター)
脚本・演出・美術:小林賢太郎
出演:音尾琢真/辻本耕志/高橋良輔/小林賢太郎
http://kentarokobayashi.net/

【物語】
ざっくりいうと、普通の人が不思議な世界に迷い込むお話。ざっくりすぎるか。
こういった「巻き込まれ型」の物語は、古今東西やまほどあります。
代表的なものは「不思議の国のアリス」でしょうか。
本作はファンタジーというには題材がとても現実的。
なにしろ主人公は少女ではありません。おっさんです。
けっして堅苦しい演劇ではありません。
演劇?いや、「長いコント」くらいに捉えていただいて問題ないです。
笑って笑って、最後にちょこっと考えて。そんな楽しみ方をしていただけたら幸いです。


L004791-0001-001.jpg



KKPシリーズ最新作。
ラーメンズ本公演やポツネンシリーズとはまた一味違った演劇色が濃いシリーズがKKP。

ジブリっぽい?ファンタジックな物語だけど、得意の?言葉遊び的な笑いどころは多々あり。
今作は当人ではなく音尾琢真を主人公に添えてきちんと軸にして最後まで通したのは良かったかな。
映像やグラフィック?を用いた演出も効果あったね^^

あまり深くえぐることなく、最後のオチ(狐の嫁入り)もキレイに決めて
解かりやすい作品だったと思う。
(コント系が好みの人には消化不良だったかもしれないけど)


そういえば、本公演・・・一向にやらないね・・・(´・ω・`)


※観ながら思ったけど、別に本公演のコントではなく、
初期の頃のようにKKP公演で片桐仁を役者でまた起用してもいいのではないか?!
そんなことをちょっと想像してみたり・・・(^_^;)



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/07/16(水) 00:44:53|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【2014 J1 第15節vsアルビレックス新潟】首位キープ! | ホーム | 祭典が終わった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3271-6be4ab0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。