Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パルコ・プロデュース『母に欲す』

パルコ・プロデュース『母に欲す』
2014年7月10日 (木) ~2014年7月29日 (火):PARCO劇場 ※最前列(センター)
作・演出:三浦大輔
音楽:大友良英
出演:峯田和伸(銀杏BOYZ)池松壮亮/土村芳 米村亮太朗 古澤裕介/
片岡礼子 田口トモロヲ
http://www.parco-play.com/web/play/hahanihossu/


郷里の母の仕送りを風俗に使い、自堕落に東京で暮らす35歳の裕一(峯田和伸)はある日、
友人から「おまえの母さん死んだぞ」と聞かされる。
実家に帰るも葬儀に間に合わず、母をみとった弟、隆司(池松壮亮)になじられる。
だが、四十九日が過ぎたころ、父(田口トモロヲ)が新しい母(片岡礼子)を連れてくる。
喪失感に打ちのめされた兄弟は、新しい母とどう関係を結ぶのか-。


L124265.jpg



一切の笑い要素なく緊迫感に包まれた峯田和伸池松壮亮、この兄弟2人のストレートプレイの1幕、
そこから休憩を挟んだ2幕から物語は一気に激しく動き出した!

そしてラストのシーンで全てが繋がった瞬間、物凄い衝撃に駆られた( ̄Д ̄;;

あぁ、公演タイトルの意味を含め、そういうことだったのか…と。


1幕最後の峯田の弾き語りも、要所で流れる大友良英の楽曲もこのドラマの一部として完璧に溶け込んでいたし、
3時間超の芝居なのに何一つ無駄がない、、、あっという間の時間だったな。
峯田くんと同じような立場でもあり、ある意味親不孝な自分である故、グサっとくるシーンも多々ありで
心苦しい想いも抱いたけれども、でもこの舞台を今観れて逆に良かったとも思えた芝居であったことは間違いない。
自分で気付いていながらあえて目を背けていた心情もあったし…
そこは三浦氏に感謝しなきゃな(苦笑)

あと、片岡礼子さん演じるニュー母さんがなんというか…
地味目でありながらも口調も仕草も本当にエロスを感じた( ̄Д ̄;;
こりゃ、あの兄弟も惑わされるわな!と、思って観ていたのだけど、
でも最後の最後でまさかこの人にこんな過去があったなんて…
見た目とのギャップに堕ちてしまうのも納得というか、
女と母の境目が解からなくなるのは怖ろしいな…と。


と、これ以上のネタバレはしないけど、
男は誰しもがマザコン要素を抱えて生きているということは否定できないな…
ということが解かった舞台だった。


迷っていたけど、来月のお盆休みはやっぱり実家に帰ろう!そう決断出来ました…(^_^;)



余談だけど、最前列(それもど真ん中)で観てたから、
峯田くん&池松くんのお尻がね…
ってか、前貼り着けてないから後ろ姿からでもはみ出てて…(峯田くんの金○がデカいwww)
(あまりに生々しくて、隣の女性が両手で顔を覆ってたw)



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/07/22(火) 21:52:03|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初徳島!へ!! | ホーム | サモ・アリナンズ プロデュース第26弾『ビタジルダ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3274-4ef93e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。