Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『AVM』

『AVM』
2014年8月7日(木)~10日(日):六本木俳優座劇場 ※4列目(センター)
脚本・演出:鈴木おさむ
出演:今田耕司/大久保佳代子/徳井義実/長谷川るみ/エリアンナ/遠藤要/西寺郷太

今回の物語の舞台はアダルトビデオ業界。
今田は50歳を目前に控えて引退を考えている伝説のAV男優、
大久保はマニア的な人気の熟女AV女優、徳井は一番人気のイケメンAV男優を演じる。
描かれるのは、AV業界ならではの悩み、彼らの間に生まれる恋心、彼らを取り巻くさまざまな人々など。
設定がAV業界ということで、チケットはR18指定となっている。


img_0.jpg



今田耕司×鈴木おさむ による第5弾舞台。
今作は舞台では珍しい?R18指定

まだ幕が開けたばかりなので話のネタバレはしないけど、

AV男優とAV女優、そしてAV監督、
モザイクの向こう側で、
それぞれがそれぞれの立場で様々なギリギリを抱えた生き様を生々しく描いた物話でした。(^_^;)
(実際のAV業界を生々しく取材して物語が構成されてはいた)

ただ、演出手法や効果音的な生演奏も相まってか?はたまた台本と役者の笑い要素が強かったからか?
取り上げた題材にしてはそれほどの卑猥さは感じることはなかったね。
(チ○コ、マ○コ、オ○コ等々の卑猥用語もこれだけ嫌というほど聞かされると卑猥に感じなくなるというね…w)

キャラがキャラだけに、むしろ爽快感が得られたところもあったり(笑)


あ、一点だけ気になるところがあったというか、
AV監督の過去の語りの中で、なんとなく頭の中に記憶していたところがあったので、
劇場出てからググってみたら、やっぱり元ネタがあったw

http://amor1029.exblog.jp/13240938


エンドロールの制作協力にカンパニー松尾の名前が連なっていたけど、

なるほど。納得した^^



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/08/08(金) 00:36:30|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休み突入!! | ホーム | 千葉と違って?こちらはあと一歩及ばず…(苦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3284-6d427fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。