Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月影番外地その4 『つんざき行路、されるがまま』

月影番外地その4
『つんざき行路、されるがまま』

2014年11月7日(金)~11月16日(日):ザ・スズナリ ※最前列
作:福原充則 
演出:木野花
出演:高田聖子 粟根まこと 竹井亮介 植田裕一 田村健太郎
http://tsukikagebangaichi.blog.fc2.com/blog-entry-2.html


妻が何処かへ消えていく。
西へ西へと消えていく。
俺はうつむき加減で追っていく。
たまにくじけて立ち止まる。
その夜、月は青く鳴り、影は饒舌にあざ笑う。
外灯の囁きを振り切って、遠く放置自転車の叫びを聞いた。
「つんざけ、俺も。つんざけ、俺も。つんざけ、俺も。」
と心の中でつぶやいて、静かにまた妻を追う。
そう、これは古今東西つんざき話の決定版!


000736.jpg



演出は木野花さん(メガネ会計ババア)だけど、これも福原氏の作品。
劇団☆新感線の看板俳優二人(高田聖子/粟根まこと)を配した舞台は、
新感線とはまた違った趣の中年ファンタジーな物語だった。

高田聖子さんは本当に不思議な女優さんだな。
劇団のときと、この月影番外地では、まったく役のイメージがかけ離れているところが凄い!(笑)


あと、雑感だけど、
なんとなく、以前に観た「その夜明け、嘘」(宮崎あおい主演)を思い出すようなスピード感と展開だったな。
ってか、「サナギネ」もそうだったけど、福原氏はホントに東京西部が好きなんだな(笑)
荻窪、阿佐ヶ谷、環七、この芝居ではさらに府中、立川、福生までw


いやはや、これも面白かったです^^



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/11/12(水) 22:18:15|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<M&Oplaysプロデュース『水の戯れ』 | ホーム | ベッド&メイキングス ~Timeless~『サナギネ』>>

コメント

つんざき航路、私も火曜日に観ました。前回から観てますが、妙に可笑しいお芝居でした。
じゃじゃ馬ならしは残念ですね。また御一緒させてください。
  1. 2014/11/14(金) 18:48:57 |
  2. URL |
  3. 流星人 #-
  4. [ 編集 ]

またの機会によろしくお願い致します。m(_ _)m
  1. 2014/11/14(金) 23:46:19 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3337-c4707efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。