Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イキウメ『新しい祝日』


イキウメ『新しい祝日』
2014年11月28日 (金) ~12月14日 (日):東京芸術劇場シアターイースト ※最前列(センター)
作・演出:前川知大
出演:浜田信也 安井順平 伊勢佳世 盛隆二 岩本幸子 森下創 大窪人衛 他
http://www.ikiume.jp/pdf/Atarashiisyukujitsu.pdf

私が生まれた日。彼らが自由を勝ち取った日。彼女の尊厳が失われた日。二人が未来を手にした日。
誰かが小さな嘘をついた日。神が人知れず死んだ日。全てが過去となった日。あなたが再び生まれる日。
全ては必ず、平日に起こるだろう。
明日はきっと祝日になる、永遠の祝日に。


ikiume_245.jpg



イキウメのテイストは生きつつも、でも世界観はいつもとは一味違ったかな。

今作のテーマは近未来のようなSFチックなものではなく
より身近な人生観が描かれていたかと。

特に自分のような一介のサラリーマンとしては、奥底をグサリと抉られるかのような…( ̄Д ̄;;

そういう意味では、非常に恐かったです…
いや、恐いというより、辛いという感じ…?(^_^;)


観劇後にフライヤーに挟まってた見開きのパンフを眺めてたら、
主人公以外の8人の配役の下に各役者の立場?が記載されていたのだけど、
それぞれ、「道化」「慈愛」「権威」「敵意」「公正」「打算」「愛憎」「真実」と書かれていて、
思い返してみて、あぁ、なるほどな…と。


しかし、観劇後のこの気持ち悪さは多分意見が分かれるかと思うけど、
会社組織に属す自分はこの芝居の意図は理解出来たし、これはこれで面白かったです。

いや、この理不尽さはやっぱり観ていて辛かったけどね。。。(苦笑)


っと、そんなこんなで?!
明日も何事もなく、疑問に感じることもなく、我は出社するのであった。。。w



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/12/04(木) 23:51:08|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【2014 J1 第34節vs名古屋グランパス】最終節・・・ | ホーム | ラストスパート!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3349-a89005f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。