Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

城山羊の会『仲直りするために果物を』

城山羊の会『仲直りするために果物を』
2015年05月29日 (金)~06月07日 (日):東京芸術劇場シアターウェスト ※最前列(センター)
作・演出:山内ケンジ
出演:石橋けい、松井周、岡部たかし、岩谷健司、東加奈子、吉田彩乃、遠藤雄弥
http://shiroyaginokai.com/

いざこざ、いさかいが起きて謝罪する必要がある。仲直りしなくてはならない。
これはご近所でも会社でも、国と国とでも昔からよく起きている事象であります。
今回は真の謝罪とは何か、もしくはなぜいさかいが起きてしまうのか、ということよりもむしろ、
仲直りするために果物を持って行くのだが、それにはどんな果物がよいのか、という点にこだわり抜き、
しかもお金がないので高い果物が買えない、ということになり、ついにはそもそもなぜ仲直りするのだったか、
という疑問点へと最近の演劇界では珍しいほどの速力で疾走、迷走するある意味正攻法の現代劇であります。
城山羊の会常連の俳優陣に、松井周、遠藤雄弥を迎えて、
数年前、日本中が節電に懸命になった時の、あの暗くて美しい夜の新宿のような舞台を作るつもりです、
どうかご期待くださいませ。


nakanaori_245.jpg



山内ケンジ氏と言えば、元はCMディレクターで、
その代表作は誰もが知ってるソフトバンクの「白戸家」シリーズを手掛けている人だけど、
演劇では『城山羊の会』を主宰し昨年の『トロワグロ』で第59回岸田國士戯曲賞を受賞している人。
(確か昨年の自分の観劇ランキングで2位か3位にしたはず)

そして、今年の新作公演がこれなんだけど、、、

ぶっちゃけ、今年の岸田國士戯曲賞もこれでいいんじゃね?(笑)

と、そう思えた芝居でした(^_^;)

いやーーー!面白い!!!

舞台特有の会話の間、そして秀逸なセリフの応酬、会話劇。

不条理ながらも映画やTVドラマでは再現出来ない舞台だからこその終幕にこれまた心震えました…。

「城山羊の会」はホント、今一番ノッテル劇団だと思うし、
毎回毎回自分のその期待を裏切らない作品を作り上げてくるから首を垂れるしかない…(^_^;)
(個人的には根本さんと山内さんが今の自分の中で双璧ですw)


もう次回作(12月予定)が待ち遠しいです!


あ、その前に8月に下北でやる「傑作短編集」のチケットが劇場で先行発売していたので、
その場で迷わず買ってしまった(・∀・)ニヤニヤ



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/06/02(火) 01:01:31|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月予定…。 | ホーム | イキウメ『聖地X』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/3440-135c741d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。