Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2008 J1 第34節vs横浜Fマリノス】ゲルトの5年間・・・。

なんだか90年代レトロの感覚を呼び起こされたような?
そんな不思議な感覚というか、
ある種のノスタルジーに覆われてしまった最終戦。

ある意味、こういった終わり方も想定出来ていただけに、
衝撃・ショックを受けるとか、さらには悲しみ、寂しさ、
そして怒りのような感情に覆われることがまるでなかったのだけど、
逆にその無感情な自分の姿に侘しさを伴わずにはいられなかったこと、

それが時間が経つほどに焦燥感として表れてしまった・・・。



試合のことはもういいでしょう。


そして、今期のことについても少し時間を置いてから
整理してゆっくりと考えたい。。。(と思います)


ってか、今は何も考えず休みたい・・・(仕事してるけどorz)




FI2620953_1E.jpg

岡野選手、内館選手、

長い間、お疲れ様でした。
(また機会があれば楽しく呑みましょう^^)


そして、ゲルトさん、本当にお疲れ様でした。


最後の退任挨拶にて、
「5年間」という彼の時間を彼の口から述べてくれたことに
本当に救われた想いだった。
そして、「すいませんでした」と、(社長は言わなかった)謝辞を述べてくれたことにも。

5年間もの長い時間を浦和のために尽くしてくれたことに、
ただだた、本当に感謝するばかりです。


セレモニーでの場内1周にて、
岡野・内館両選手には抱えきれないほどの花束が贈られたのに、
数本のマフラーが首に掛かってはいたものの、
両手は手ぶらの状態で目の前を通り過ぎようとしたゲルト。

そんな彼に唯一の花束を手渡してくれた仲間のNちゃん、

受け取ったゲルトが「え?自分?」と、ビックリしていたけど、
少しはにかんだ彼の笑顔が最後の脳裏に焼きついた。

両選手だけじゃなく、忘れずにゲルトへの花束をちゃんと用意していてくれて・・・


ありがとな。(´Д⊂グスン






FI2620953_2E.jpg

2008 J1 第34節


浦和レッズ 1-6 横浜Fマリノス


◆試合データ────────────────

場所:埼玉スタジアム2002
開始時刻:14:31キックオフ 
天候:晴れ 
観衆:53,583人


【得点】22分兵藤(横浜)、46・80分河合(横浜)、56分細貝、
64・76分小宮山(横浜)、86分大島(横浜)



FI2620953_3E.jpg


AUTHOR: かっちゃん DATE: 12/07/2008 13:33:22 スタで岡野選手と内館選手のセレモニーまでは見てました。

ゲルトに関してはシーズン途中から入ったこともあって、
監督交代の厳しさは自分達も今年は味わったので外野ながら少し可哀相な感じで見てたんですけど、
一つの花束がゲルトのシーズンの苦しさを救ってくれたと思います。

色々な感情・行動があるでしょうけど、
その中でもNさんのとった行動の一つ一つがまた浦和の絆を深くしていって、
また浦和を強くしていくんですよね。

自分も残留争いの渦中、マリノスタウンで選手に向かって歌ってたんで、
それが一番の道だと信じたいです。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/07(日) 13:00:43|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<良いことがまるでなかった?!先週末からの主な出来事…(鬱) | ホーム | 試合後の感情がどこに向かうのか?まったくわからないけど…。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/410-dc67f2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。