Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2008 J1 第30節vsアルビレックス新潟】このサポートスタイルは精神衛生上、よろしくない?!

結局のところ、コーチングスタッフが現状のままで、
クラブがそれを支持する以上、
チームとしてのカタチ・スタイルが短時間で劇的に変わることはない。
ありえない。

だからスタメンに名を連ねる選手だけがどんなに頑張ったって、
内容が伴った勝利を得ることなんて出来ない。

今のチームで選手にそこまでのことを求めるのはあまりにも酷だ。

そこは理解してやらないといけない、、、というか、
今はこちらも腹を括ってやるべきだろう。

それでも、内容的には何もなく、今までとまったく変わらぬとも、
結果として相手を零封し1点取って勝ったのだから
ここはその結果に対して素直に喜ぶべきだと思うし、
苦しい中でも必死に闘った選手を称えてあげるべきだ。

クラブ・コーチングスタッフに対するあの長断幕を出したサポの意義もあれど、
今日の結果を導き出した選手にも大きな意味と意地はあったのだと思う。



FI2620911_1E.jpg

残り4試合。

まだ頂点が見える位置にいる以上、
今の選手に求めるのは唯一『結果』だけでいいと思う。
停滞したってチームとしての連動性がなくったって、
なんでもいいから最後に1点多く取って終わっていればそれでいいし、
それだけを目指して歯を食いしばってほしい。
ある意味、自分の選手生命だけのために闘ってくれても構わない。

雑音をシャットアウトし結果が連なれば
見えていなかったものがまた見えてくるかもしれないのだから…。


だから気持ちだけは絶対に切らさずに最後まで闘ってほしい。

さすれば、自分たちも選手を見限ることだけは絶対にしないから…。





FI2620911_3E.jpg

普段のスタイルから一歩引いた?サポートスタイル。

けしてネガってたわけではなく、
抗議やボイコットといった類いのものでもない。
(選手に対する叱咤激励の意味はあったと思うが)

現地組にはその真意は伝わっていたから
それはそれでいいのだけど、

でも、これ…


"精神衛生上、非常によろしくない?!"


跳ねたり声出したりしていないと、
冷静に?試合が見れる見れる(苦笑)

余計な?とこまで視界(から脳内へ)入り込んでくるから
無心に近いアバウトな状態でサポしてる普段より、かえって心臓に悪かったかも??

適度にサポートに集中して参戦しないと、いろんな意味でキツイね…。

帰りの新幹線で爆睡だったのは、きっとこれが原因(疲労困憊)だったのだろう(笑)




FI2620911_2E.jpg

【2008 J1 第30節】


アルビレックス新潟 0-1 浦和レッズ


◆試合データ────────────────

場所:東北電力ビッグスワンスタジアム
開始時刻:14:04キックオフ 
天候:曇り 
観衆:40,359人


得点】80分細貝




FI2620911_4E.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/10/27(月) 13:55:37|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今さらながらの〈クウェート遠征記〉をようやく仕上げ終える…。 | ホーム | ビッグスワンのゴール裏。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/463-7c0185cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。