Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人計画:ウーマンリブVOL.11 「七人は僕の恋人」

大人計画:ウーマンリブVOL.11

「七人は僕の恋人」




全部で8話からなるオムニバス・コント。

(注:タイトルは映画タイトルになぞられてるが内容はまったく関係ありませんw)




『生きる』

まずは緞帳前での演技。
いきなり不思議な踊りで現れた3人(匹)。(荒川良々、星野源、少路勇介)
その姿は頭まですっぽり被った全身白タイツ。
そのタイツの上からなぜかカツラを被り、顎の先からチョロチョロと長くくねった髭のようなものが・・・。(?)

この3人が夢を語り合うのだが、
この時点ではこのシチュエーションが何を意味するのか?まったく解らなかった。
そこへ、全身エナメル調のテカテカ白スーツにタイツ男と同じようなチョロチョロひげのネクタイ、
そして顔にはドロドロのローションを塗りたくった男(池田成志)が踊り滑って登場。

白タイツ男たちが男に向かって叫んだ!


「あっ!我慢汁先輩!!」



wwwwwwwwwww

ここでようやく解った。


おまえら『精子』だったのかよっ!!www


といきなり下ネタ全開でスタート!(笑)


ここから3匹の精子とカウパー腺液(我慢汁先輩)が尿道の中で夢を語り合う。といった内容。(笑)
「オレなんてマ○コの中に入って卵子にタッチしてまた帰ってきたことあるんだぜぇ~」、
「すげぇ~~!」という我慢汁先輩の自慢話のくだりは爆笑w


で、尿道内にいる4人のもとへ外から声が聞こえてきて、
チ○コの先っちょから顔を出して外の様子を伺おうとする我慢汁先輩、
(「ぬんっ!」と目を剥いて外を見る顔が・・・www)


「あっ、女がいる!この男、これからヤルみたいだぜぃ。ヤル気マンマンだぜ!」

「相手の女はどんな女?どんな女?」(気になる精子たち)

「あっ、女が「ゴム着けて」と男に頼んでるぞ!」

「コロスッ!女コロス!!」(精子たち怒り狂うw)

「あっ、男はゴムがないから外に出すと言ってるぞ!」

「よしイケ!ヤっちゃえっ!んで、どさくさに紛れて中に出しちゃえっ!!」(祭りになる精子たちw)



腹いてぇ~~~~www


で、やがてその中の1匹の精子(星野源)が、「僕は夢を追って外に出る!」と言って、
海外(海綿体の外の意w)へと旅立っていくのだった。


そして幕が上がってここから第2話へ。


『バトルロワイヤル』

舞台はど田舎の中学校(分校)の教室(女子クラス)、
その教室になぜかパンツ一丁姿の誠くん(星野源)が立っており、
椅子の上にはオナニー後のティッシュの塊が・・・(さっきの精子はこのティッシュの中にいるのか?w)

そこへ誠くんと付き合ってる愛ちゃん(平岩紙)が教室へやってきて…

その誠くんのオナニー姿を彼女に見られてしまった!?

愛ちゃんは誠くんがオナニーをしたという行為よりも、
そのティッシュが置かれた椅子がクラス1の美人の遠山さんの椅子だったことに怒り、
誠くんを責め立てる。(愛ちゃんではなく、遠山さんの椅子でオナニーをする男性心理がツボw)

と、そこへクラスの女子が戻って来たので誠くんは慌ててロッカーに隠れるが、
その残されたオナニーティッシュが誰のものなのか?が注目される中、
東京からやってきた新任の教師(宮藤官九郎)が教室に入ってきて、「犯人はおまえかぁ!」となり、
クドカン先生対7人の女子中学生のバトルが始まった・・・。
どーでもいいが、平岩紙ちゃんと遠山ちゃん以外はとても女子中学生に見えないw
ってか、クドカンが「おまえ絶対男だろっ!」と絶叫した性同一障害という設定の宍戸さんのヤンキー男姿が
ドツボですwww

で、いたたまれずにロッカーから飛び出して「そのティッシュは自分だ」と告白した誠くんだったのだが、
そんなことはもうどーでもよくて、既に論点は遠山さんの次に可愛いのは誰なのか?に移行しておりw、
再びバトルに突入していくのだった・・・(笑)

あと、なぜか愛と誠が二人で並んでミルキーを舐める姿が妙におかしかった(笑)



『惑星からの物体X』


場面はいきなりビーチバレー会場。

試合前日にいきなりヘソが天狗のように伸びてしまって、仕方なくそのまま試合に出ようとするが・・・
その姿を盗み見した対戦相手の中国人ペア(宍戸・峯村)が対抗して?竜の格好で登場!

で、舞台上でその姿のままでホントにビーチバレーをする(笑)
途中でホントの天狗姿の池田成志も乱入し、マジ・ビーチバレー?

どーでもいいが、ビキニ姿でバレーをする遠山景織子さんが萌えだったw
けど、ストッキングの下から見えた足首のテーピングがなんか痛々しくて、ちょっと可哀想だったな。。。
(あれだけ毎日動き回ってたら足もひねっちゃうよな・・・)

あと、解説の河合俊一のモノマネワラタww



『夢』

パチンコ台のリーチアクション時の撮影の話し。

そのパチンコ台の機種名が「CR伊勢志摩」w

パチンコ台にタレントを起用して確変やリーチが掛かった時に台の画面に流れるシーンを
何十パターンも撮影するのだが、性転換リーチ、溶鉱炉リーチ、、爆弾リーチ?と、
本人がそのまま登場して、殺陣シーンの撮影に励むのだが、
「これ絶対、岩下志摩と間違って撮影してんじゃねぇの?」と、
本人は疑問を抱きつつもなんだかんだで撮影が進んでいく(笑)

殺陣の撮影が何度も繰り返されるが、その都度、「なんで私がパチンコ台のキャラなのよ!」と、
撮影監督(少路勇介)に詰め寄るが、監督曰く、

斉木しげるがこう言ったから。
「伊勢は出そうだから・・・」と。

それだけの起用理由だったことに吹いたw

そして、パチンコ屋で撮影した斉木しげる(本人)の映像が流れてまた吹いたww

ってか、ホンモノ出すなよっ!www



『サウンドオブミュージック』

歌舞伎町でホステスの子供を預かる深夜までやっている保育園が舞台の話し。
保母さん(猫背さん)が付き合ってる(惚れている)ヒモ男(池田成志)に金をむしり取られ続け、
そのたびに子供たちの歌声に励まされて立ち直る。

だが、ヒモ男は保母からむしり取ったお金で、保育園に預けている子供の母親(ホステス)の元へ
遊びにいくという理不尽な話し。
(結局、最後も子供たちの歌に励まされるのだけど・・・)



『ブラックレイン』

ハリウッド映画に出演した映画俳優(桜庭ジュンだっけ?)が、
その映画の番宣で仙台のローカル局の情報番組にゲスト出演するも・・・
(東北弁で何言ってるのか全然解らないw)

これとは別に、47都道府県のローカル局をキャンペーンで回るため、
その番宣用の一言コメントを都道府県ごとに47パターンをまとめて撮影していくのだが、
桜庭ジュンが「いきなり高知まで飛ぶのかよ!?」とキレていたので、
ここはおそらく全部アドリブだったのでは??(笑)
桜庭ジュン役の荒川良々がかなりヤバイこと言っていたw


『友達のうちはどこ?』

小学生役の平岩紙ちゃんが終業式に間違えて持って帰ってきてしまった
クラスメイトの作文(「父親」の作文)を本人に届けようとするが、
道々でその作文を読んでしまい・・・その内容が・・・

日雇い労働者の父親が、経営悪化した社長から(父親の)双子の兄弟と一緒に
M1グランプリに出てくれと懇願されなぜか優勝賞金1000万を目指すことに。
しかし、作文の内容はそこから行方不明になっている平岩紙ちゃんのお父さんが登場し、
本当は便所コオロギ怪獣にさらわれた事実が判明し・・・わけわからん展開にwwww


そうそう、双子のお父さんにM1出場を頼み込むため、社長が連れて行ったスナックにて
アニータと名乗る謎の怪しい女(伊勢さん)がお父さんたちの前で無言で不思議なクネクネ踊りを
延々と続けるシーンがとにかく可笑しくて、
静まりかえる劇場で笑いを堪えるのが本当に苦しかった(笑)
(あのクネクネは「お願いします!の踊りだったのかよっ!」と後から解って大爆笑)



『ゾンビ』

あるホテルに宿泊しようと訪れた年老いた父(池田成志)とその娘(遠山景織子)。
ホテルマンから「今日は宴会場であるアイドルのファンクラブの催しがあるので、
少々騒がしくなりますが、ご理解ください」と告げられた。
「誰のファンクラブだろう~?あとでちょっと覗いてみようかな?」と、ホテルマンの前ではしゃぐ娘。

だが、ホテルマンが出て行った後、再び重苦しくなる親子。

「お父さん、もう1回倒れたら今度こそ・・・」

「あぁ、わかっている。今回で最後にするから・・・」

そう言って、カツラを被り、黄色いスーツ衣裳に身を包んだ老人。


そのアイドルは実はお父さん(老人)だったww

デビュー35周年のファンクラブの催しで宴会場で歌謡ショーを行うアイドル・ズッキー
何度も倒れてはズッキーコールに押されて立ち上がるズッキー。
ファンの女の子(おばさん?)もみんな危ないw

踊り狂って最後はホントにぶっ倒れた池田成志、サイコーだったwww

あと、完全にイッちゃってた(役の)平岩紙ちゃん、凄いっすっ!!
バロルロワイヤルのセーラー服姿よりも、こっちのヤバ女役の方が絶対イイッ!(笑)


っと、最後はチアリーダー姿に変身した7人の女優とズッキーでポーズを決めて終焉。

一応最後は公演タイトルをなぞる終わり方ではあったが、
そこに至るまでは、まったく意味の無い、いや意味があったら怖い!


相変わらずのはちゃめちゃ公演に大満足で劇場を後にした・・・のだった。。。


あぁ、笑い疲れた・・・(苦笑)






スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 15:34:46|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彼女がいなくなって、社会情勢に疎くなってしまった理由…。 | ホーム | 久々のクラシック・オケ鑑賞と知人の彼氏に言われた強烈な一言…。← 一応繋がり有りw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/494-b321b752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。