Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【2008 J1 第24節vs大分トリニータ】予想通りの我慢比べ…(実力が伯仲した上位対決)

明確なチームコンセプトを持ち、その意思統一がしっかりと確立し、
コーチ陣と選手、選手間においても信頼感が成しているチームは強い。
強いというより、"負けない。"

今のチーム成績に如実に反映しているのがそれを証明している。

そんな『大分トリニータ』を迎え撃ってのホーム戦。


前半を終えて、予想通りの展開となった。

この暑さの中、ゲームテンポがスローになるのは仕方ない。
けして相手に合わせていたとは思わない。
そして、簡単にゴールをこじ開けることが出来ないことも・・・。

もどかしい場面が続くこともあったが、
堅守のチームを相手にして選手なりに打開しようと動いてはいた。(と思う)



FI2620868_1E.jpg

ハーフタイム。


こりゃ、我慢比べだな…。


後半が始まる前、そう感じた。

1点勝負。


苦しい時間帯もあるだろうし、
暑さで体力も落ちる(足が止まる)だろう。
でもそこを踏ん張れば光明は必ず見えるはず。
だから根負けだけは絶対にするな!耐えろ!!

そう祈りながら、こちらも声を出す。


しかし、それは相手もまったく同じだった。


両チームとも我慢し続け、最後の最後まで集中力を切らすことはなかった。


結果、スコアレスドロー。


実力が伯仲した上位対決とは、えてしてこういったゲームになるもの。
この試合も例外ではなかったということか。。。


ホームなんだから、勝ち点3を取らなければならない試合だったけど、
結果が伴わなかったものの、今日のこの相手、このコンディション、今期のチーム状態、
そして先のことを考えると仕方ないのかな…と。

そう自分に言い聞かせるしかなかった。(それがまた情けないところだが)


でも、客観的に見れば、試合そのものは"好勝負"だったと思ってはいるけど。



FI2620868_2E.jpg

たぶん、今週から始まるACL(ノックアウトステージ)も
同じような展開になると思う。
いや、リーグ戦とは違い、
ホーム&アウェー2試合勝負なのだから
さらに過酷な戦いになる。
アウェー環境もハンパじゃない。

我慢比べ。


昨年は耐えに耐えたけど、今年も苦しい時間帯を踏ん張って、
1つ1つを一歩づつ噛み締めながら上がっていければと、
そう心に刻んで少しでも選手たちの後押しをしていきたいと思っている。



頑張ってきます。




FI2620868_3E.jpg

2008 J1 第24節


浦和レッズ 0-0 大分トリニータ


◆試合データ────────────────

場所: 埼玉スタジアム2002
開始時刻:14:04キックオフ 
天候:晴れ 
観衆:45,831人




FI2620868_4E.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/09/14(日) 10:21:24|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もうまもなくクウェートへ向けて出国しますっ! | ホーム | 大分戦を前にして、意味の無いエントリーですいません。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/557-2da2d83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。