Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ACL2008予選】げげっ!今年のACLは中東のクラブが1チームだけしか勝ち上がらないかも?な件

まずは、ガンバ大阪関係者の皆さま方へ。

予選突破おめでとうございますっ!


お先に上で待ってた身ではありますが、
Jリーグクラブが予選を勝ち上がったということは、素直に嬉しく思っております^^

ノックアウトステージでは互いにライバルとなるわけだけど、
こちらとしても「先には絶対負けられないっ!」という強いモチベーションが湧き上がるし、
昨年の川?Fのように互いを意識しあってアジアを闘うっていうのは
我々にとってもプラス作用があるはずだと思っています。

出来れば決勝までは潰し合うような?直接対決は避けたいけどね。
(ってか、やっても負けないけどw)


さてさて、ガンバ大阪の他にも予選突破を決めたクラブが複数あるので、
ざっと、結果を見た感想を述べてみたいと思う。


まずは、中東・西アジア地区

グループA

最終節を残してクルフチ(ウズベキスタン)が勝ち上がりを決めた。
昨年の準優勝チーム・セパハン、前評判では最有力と言われていたサウジのアル・イテハドを抑えてというか、
ぶっちぎっての勝ち上がりには正直驚いた。
ウズベキって、パフタコールしか知らないから、もしここと対戦するとなると、
まったくの未知のクラブとの対戦になってしまうな…(汗)


グループB

ここも同じく最終節を残してサイパ(イラン)がノックアウトステージ進出決定!
あのアリ・ダエイが監督を務めるクラブだ。

テヘラン近郊の小さな街が本拠地なので、昨年のセパハン(イスファハン)とは違って
今回は遠征し易すそうで良かったかな。。。(テヘランからバスで1時間前後?)
サポも熱いみたいだし、是非闘ってみたい相手の一つだ。


グループC

シリアのアル・カラマーが首位で、勝ち点2差でUAEのアル・ワーダが追っている展開。
最終節でアル・カラマーが勝つか引き分けで進出決定となるが、
とは言え、ここは九分九厘アル・カラマーの3年連続決勝T進出は固いだろう。

というのも、アル・カラマーはホームで滅法強いっ!
ってか、ACLでは未だホームで負けなし!
一昨年(決勝)、昨年(準々決勝)と韓国のクラブに敗れはしたが、
それでもホームでは負けていない。
最終節がホームで既に予選敗退が決定しているアル・アリ(サウジ)が相手なのだから
ここではまず負けることはないだろう。
というわけで、ここも(勝手に)アル・カラマーの進出決定っ!


グループD

ここも最終節を待たずして進出チームが早々に決まった。
アル・カドシャ(クウェート)だ。
ウズベクの雄・パフタコールを退けて、無敗で予選を勝ち上がった。

ここが唯一の?中東湾岸諸国?!のクラブチームか?



続いて、東アジア地区


グループE

最終節を残しての順位は、

・アデレード(オーストラリア):勝ち点13
・長春(中国):勝ち点11


この2チームが最終節で直接対峙する。(長春ホーム)

一騎打ちの死闘(しかも長春ホーム)となるわけで、結果はどーなるかまったく予測出来ない。
(ちなみに第1戦目は0-0の引き分け)

ただ、自分的にはアデレードに頑張ってもらいたいな。

だって…長春、寒い上に移動が大変そうで行くの嫌なんだもん…orz


グループF

これは割愛w


グループG

ガンバ大阪の進出決定



以上が今日のこの時点での各グループの予選状況で、
その結果によるノックアウトステージ進出クラブは以下のクラブとなった。


・クルフチ(ウズベキスタン)
・サイパ(イラン)
・アル・カラマー(シリア)
・アル・カドシャ(クウェート)
・アデレード(オーストラリア)or長春(中国)
・鹿島(日本)or北京(中国)
・ガンバ大阪(日本)
・浦和レッズ(日本)




こうやってみると…


純粋な?中東クラブって、クウェートのアル・カドシャしかいないな。。。

サウジやUAE、カタールのクラブも全て予選敗退してしまったのが残念でならない。
サウジは代表レベルではあんなに強いのに…。
UAEやカタールのクラブだって、オイルマネーで外国人をあんなに強奪(補強)しているってのに…orz


一応、補足で説明しておくと、

クルフチのウズベキスタンは、西アジア地区に位置する。
いや、西アジアというより、中央アジア地区と言っても間違いないくらいで、
中東とはまったく異なるエリアのクラブ。
隣国のカザフスタンやトルクメニスタンがUEFAに加入しているためか、
アジアって言うより欧州地区の方が近いイメージがある。


サイパのイラン
イランもペルシャ湾に面し、湾岸戦争やイラクと重なってイメージする人が多いので、
中東国かと思われがちだが、実際昨年行ってみて、それは大きな間違いだと強く感じた。
首都テヘランは中東諸国と面しない国内北部に位置し、
また街並みや人々の生活においてもまったく中東のイメージを感じさせなかった。
イスラムの国ではあるが、昨年行ってみて感じたことだけど、
確かに規律は厳しいものがあるものの、でも中に入ってみると、
中東イメージの固定観念とはまったく掛け離れているのである。


アル・カラマーのシリア
この国もシリアと聞くと、中東諸国っていうイメージが沸きやすいが、
そうとも言い切れないのが国土が広いシリアという国。
去年のACL準決勝で対戦する可能性があったので、
対戦が決まる前からビザまで用意したw上に、
アル・カラマーについても事前にいろいろ調べておいたのだが、
このクラブの本拠地はシリア第三の都市・ホムス。
首都ダマスカスの北部に位置し、地中海沿岸部に近い場所に都市がある。
そのため、ここは中東というよりもトルコにイメージが近く、
街並みなんかもどこか欧州っぽい佇まいを見せる都市ということだ。


そして、クウェートのアル・カドシャを除いたこの3国・3クラブ、


中東のイメージと決定的にかけ離れていることがあって、


それは…




寒いのだっ!(笑)


9~11月って、日本と気候がほとんど変わらない。(クルフチはもっと寒い?)
(雨量が少ないから乾燥はしているけど)


ということは、灼熱の中東アウェー地獄を味わえるのは、
どうやらアル・カドシャと対戦した時だけになりそーな?今年のACLノックアウトステージ。


クウェートに、行きたいのか?行ってみたいのか?体験してみたいのか?

自分でもよく解からんが… ←って、めっちゃ行きたがってるよな自分ww


最後に、

とりあえずアデレードはガンガレッ!超ガンガレッ!! ←こっちは長春にめっちゃ行きたくない自分w



あと、、、カシマ、最後にヤラカスナヨ!!(笑)




※注目の?組み合わせ抽選会は5月24日!(クアラルンプールにて)





AUTHOR: Y.O.U DATE: 05/08/2008 23:02:01 ACLのトーナメント進出国が決まりはじめて、私もおもわず各チームと国をチェックしてしまいました。
個人的には去年行けなかったイランに行ってみたいかなぁと思ってます。
今年も、情報が入ったらお願いしますよ。
遠征レポートも期待してます。

そして、鹿島が「やらかす」かどうかを注目して最終節に注目したいと思いますw
スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 16:04:21|
  2. ACL関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<素直に脱帽…怒りで?増幅されたパワーの前には成す術がなかった・・・orz | ホーム | 何事も無かったかのように?平然とダイアモンドを一周する男の背中に…痺れたっ!!!>>

コメント

民国さん、お久しぶりです。
決勝進出おめでとうございます。そして遠征お疲れさまでした。
ホント良かったですね!

ACLの良いところは、地元の人々との触れ合いが物凄く暖かいこと。
シドニーもそうでしたし、インドネシアなんかも試合後はもみくちゃにされました(笑)
イラン人もめちゃくちゃフレンドリーでしたよ!
こういうのは、国内ではけして味わえない交流ですよね。

来月はEUROの方に行っちゃうので、残念ながらタイアウェーへは行けないのですが、
でもいろんな人の遠征記は読んでるだけで楽しいので、
ヒマを見つけてガンバブロガーさんの記事をいろいろ読ませて頂きます。

ではでは、お互い死闘を乗り切って決勝で対峙出来ることを祈ってます。


  1. 2008/05/09(金) 11:32:45 |
  2. URL |
  3. shigezoo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/678-9e9ef2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。