Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ナビスコカップ・第1節vsヴィッセル神戸】会話の中に浦和への愛情があったのだから。。。

選手は必死に闘っていたね。

顔つきを見ればそれが伝わってきたよ。
負けはしたけど、正直少し安堵もした。


だけど、まだ欠けているものがある。


自信。


自信がないからプレーの一つ一つがダイナミックさに欠ける。
冒険が出来ない。
遠慮が出る。

イコール、瞬時の判断で消極的な策についつい傾いてしまう。
ピッチ上で鼓舞する役目の選手がいないこともそれに輪をかけている。



FI2620686_1E.jpg

じゃぁ、自信を取り戻すにはどうすればいいか?


簡単なことだ。


1点を取ればいい。そして試合に勝つこと。


これに勝る特効薬はない。


次の一戦(23日京都戦)、
今度は1点を上げることに拘って、もっと闘って欲しい。
それも出来れば先制点。FWが決めてくれたら言うことなし。


これで一気にガラッと変わるはずだよ。
心も身体も軽くなるはず…。



そう願って(願望に近いけど)、自分も京都に乗り込みたいと思う。



FI2620686_2E.jpg


「試合後の出来事」について。


自分は、コールリーダーと社長との会話は全て聞いた。
(聞こえる位置にいた。)

そして、クラブに伝えたかったこと、訴えたかったこと、
何故このタイミングで行ったのか?等々、全て頷くことが出来た。

けして、クラブ批判でも糾弾でも首脳を吊るし上げたわけでもなく、
二人の会話の中に"浦和への愛"が確かにあった。

コールリーダーの問い掛けは理路整然と正論を貫くものだった。
それに対し、初めはトンチンカンな受け答えしか出来なかった社長も
最後は理解して受け止めてくれたことだろう。(逆にそうでないと困る)
その対話の構図には敵対するものは何もなかった。
感情に流されることなく、大人同士の対話だった。
(会話内容が聞こえなかった後方からはヤジが飛んでしまったけど…)


だからクラブとサポーターは何も遺恨を残していないし、
現場で向き合って直接対峙したことが新たな前進を生むはずだと信じたい。



FI2620686_3E.jpg

弾幕の言葉だけが一人歩きして報道が広く流れているが、
けして(会話の内容は)これだけではなかったっていうこと。

そして、こういった向き合っての話し合いには、
必ず"現場の空気"というものがある。
それを抜きにして昨日のこの会話内容を伝えることは出来ない。
また一語一句すべてを覚えているわけではないし、
ニュアンスを間違えて曲解されるとまたヘンな誤解を生むことにもなる。


だからこれ以上のことは控えたいが、
でも雨降る中、あの時間まで居残ったサポーターは解かっている。
そしてクラブ首脳にもきちんと心に響く声が届いた(はず)。


会話の中に浦和への愛情があったのだから。



だからそれでいいじゃないか。。。




FI2620686_4E.jpg

ヤマザキナビスコカップ・予選Aグループ第1節


浦和レッズ 0-1 ヴィッセル神戸


試合データ────────────────

場所: 埼玉スタジアム2002
開始時刻:16:00キックオフ 
天候:雨 
観衆:33,392人

【得点】 2分レアンドロ(神戸)




FI2620686_5E.jpg


AUTHOR: 通りすがりの女子サポです DATE: 03/21/2008 16:22:56 私も昨日最後まで残りました。
30列より後ろだったので会話などはよく聞こえなかったのですが・・・
書いてくださった事でもっとより理解出来ました。
後ろの方からのヤジはもうホントに邪魔で
『だまって聞いてろ』って言いたかったです。
(言えなかった自分が恥ずかしいです)
日曜の京都はゴール裏で私もみんなも闘います。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/21(金) 14:57:19|
  2. 浦和レッズ(GAME)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気になることはあっても、やっぱり今はこっちの方が一番心配なので…京都行って来ます^^ | ホーム | 本日のナビスコカップ、ピッチ上の選手の顔つきだけを見てやるからなっっ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/803-ca981193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。