Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またエロいレビューで、まったくもってどうもすいませんw

先週末から観た観劇のレビューが溜まっているので、
まとめて上げたいところなのだけど、
でもこれ、全部きちんと書いたらとんでもなく長くなると思われる・・・(汗)
とりあえずいけるとこまで頑張るが、
たぶん明日まで引っ張ることになることを予めお断りしておきます(^_^;)


んで、まずは先週金曜観劇の『大人計画』のレビューが途中で終わったままなので
まずはその続きから。(書きかけのレビュー前編はこちらから)

ちょっと、ストーリーについては詳しく書けない(ってか書きようがないw)ので、
いつものように登場人物(役者)ごとの劇中の役割と感想だけを軽く残しておきます。
ということで、ここから下はネタバレ有り注意です。エロネタも満載なので激注意ですw


鈴木蘭々(主人公サッちゃん)

この物語の主人公サチコ。
下町で蕎麦屋を一人で切り盛りしている。(しかしなぜか味オンチw)
ダメ父と祖母との3人暮らし。幼少の頃に犬に足を噛まれその後遺症から
片足を引きずっている身体障害者。(でもなぜかオープニングでは自転車に乗っていたw)

犬に噛まれたその慰謝料3000万円を全部有料エロサイトに注ぎ込んでしまったwww
劇中で30歳の誕生日を迎える。
で、最後の最後で告白した相手は、皆川猿時扮するズケヤマテビイチだった。(デブ専?)
告白のセリフ→『金玉握らせてください!』w
しかしフラれて自棄になって覚醒剤を飲み込むが、実は「味の素」だったというラストオチ。

感想
役柄的にはピッタリと当てはまる配役だったと思ったけど、
でも、この役柄なら蘭々を起用しなくても(平岩)紙ちゃんでも良かったのじゃ?
なんて、ちょっと思った(^_^;)
あ、でも紙ちゃんだと既に劇団の色が着いてるから新鮮味に欠けるかぁ・・・
常にイジられ慣れてるしね(苦笑)
いまさら、紙ちゃんがエロサイト巡りしてても、「太いのがいい!」ってセリフ言ってもなぁ・・・
そういう意味ではやっぱり鈴木蘭々で良かったのかなと。
ちょっと声量に弱い部分はあったけど、他の役者との絡みは問題なく、全体的に良かったね。
あと、エロサイトの歌はワラタw


宮藤官九郎(シャブの売人)

オープニング以外、後半まで出番がなかった(笑)
サッちゃんとつぐみの中学の先輩で、地元の星?ミュージシャン「PJ」の自称マネージャー。
しかし、その裏家業はシャブの売人という役柄。
運び屋のリリーが警察に捕まったことをニュースで知り、
リリーが持ってたシャブ入りポーチを取り返そうと蕎麦屋に向かうが…

感想
自分でもホンを書いてる立場だからか?相変わらず役者的表現がうまい。
ってか、役にピタリと嵌まりすぎてるwww
小ネタはもちろんのこと、暴力的な所作とか、
女をその気にさせる仕草とか…。 ←隣でAさん萌えてたらしいw
オードリーのイジりネタは可笑しかった。(なんとなくこれは自分で芝居に入れた気がする)
それとやっぱり・・・うんこネタwww
どうでもいいけど、髪形(稲妻カット&金髪)が妙に似合いすぎててヘンだった(笑)


猫背椿(つぐみ)

サッちゃんの親友(中学の同級生)で未婚の一児の母。(職業:とび職)
憧れの中学の先輩PJに想いをはせ、
そのPJ主催のオーディションを受けようと日夜ダンスレッスンに励んでいる。
そのPJ先輩が地元に戻ってきて、急に自宅に呼び出されアパートの一室に向かうも
そこにいたのはPJのマネージャーと称する刺青男(クドカン)。
PJをダシにしてその男に騙され、金を奪われシャブ漬けにされてしまう・・・。

感想
またクドカンにおっぱい揉まれてたけど、
でもそこは大人計画としての一つの礼儀なのか?と思った(笑)
ビキニ姿での"おっぱいプルンプルン"は萌えだったけど、
で、でも腹の肉が・・・www
あと、意外に?身体が硬かった。
結局、そこにしか視線がいってなかったので、こんな感想しか残せなくてサーセンw


皆川猿時(ズケヤマテビイチ)

痴漢で捕まり刑務所で服役後、バイト募集のチラシを見て蕎麦屋にやってきた男。
服役中に調理師免許を取得していたので、サッちゃんに採用される。
痴漢で前科3犯あると告白したにもかかわらず採用したのは、
実はサッちゃん、このとき一目惚れ?
あと、ズケヤマが作るしょうが焼き定食は絶品らしい(笑)

感想
最初に登場した時は一番ヘンな存在だったのが、
最後の方では一番まともな?存在になっていたw
皆川さんはその存在だけで本当にほのぼのとさせられる。
余計な?腹芸をいつものようにまた見せていたけど・・・(苦笑)

あと、最後の最後にサッちゃんに告白されるが、
「オレが好きな人は別にいる!」と告げたシーンで
その相手がサチコのおばぁちゃんだったというのは、さすがに読めなかったわーーwww
ババァフェチかよwww
(後から考えてみればいろいろ伏線はあったのだけどね)


小松和重(沼田&祖母カズ)

沼田はサッちゃんの同級生で先天性発達障害者(脳性麻痺)。
でも不動産会社のトップセールスマン。
同じ境遇(障害者)であることからサッちゃんのことが好きで、
障害者同士で結婚を夢見ている。 (デートに誘おうとするがことごとく失敗)
しかしその裏ではシャブに手を出しており・・・。

感想
とにかく沼田の障害者の描写が凄まじかった!!!
あの自由が利かない手の動きと口を変形させた喋り方!
あまりにもリアルすぎて、こっちが引き攣りそうになった(苦笑)
しかし、あの喋り方できちんと発音しあれだけの声量が出せるのは凄いことだと思う。

それに反しての2役目の祖母の方もまた・・
嫁に夫を寝取られ、株取引にだけ生きがいを見出すサッちゃんの祖母。
これがまたナチュラルすぎる演技!w

サモアリ時代からずっと注目して観てるけど、
ホント、役者に命を賭けるその根性に脱帽です^^


星野源(カネガネゴロー)

沼田の後輩。実家は超金持ちだが実は捨て子の養子。(なぜか鼻先が黒いw)
そのカネガネ家は昔サッちゃんの足を噛んだ犬の飼い主だった。
その過去の出来事を未だに負い目に感じるゴローだったが、
同時にサッちゃんに恋心も抱いていた。しかし、サッちゃん、まるでその気なし。

感想
サッちゃんにフラれたときの虚ろな瞳が妙に印象に残ったけど、
でもやはりどことなく和む人なんだよぁこの人。
それがいいとこなんだけど、でも逆に言えばそこが殻を破れないというか・・・。
いや、好きなんですけどね。。。(苦笑)

でも「日本幸せ追求党」の犬の着ぐるみ姿は似合いすぎだったwww
あと、役とは関係ないけど、劇中歌の作曲は全て源ちゃんが作ったらしい。


家柄ジュンコ(母れい子&リリー)

シャブの運び屋リリー役。
いきなり蕎麦屋にやって来て暴れまくる。(禁断症状?)
そのとき持っていた(シャブ入り)ポーチをズケヤマに渡し、
股間に入れておけと命令して警察に連行された。

そしてもう1つの役柄がサッちゃんの母親れい子役。
同居する義父とカラダの関係になってしまい、
2人で駆け落ちして遺書を残してサッちゃんの前から突然行方をくらます。
しかし、ある日突然一文無しの変わり果てた姿で蕎麦屋に舞い戻って来た。

感想
このれい子の一人芝居のくだり、
なぜ家を飛び出して義父と駆け落ちをしてしまったのか?を淡々と説明するれい子の語り(↓)

夜中に1人で蕎麦を打つ練習をしていると後ろから義父が~
体を密着し2人で蕎麦を打つ練習中になぜかツルッと~
ここからセックスシーンの描写再現~
そして2人で駆け落ち~青森(津軽海峡)逃避行~

ここまでの流れ、
ここがこの舞台のクライマックスと言っても過言じゃない?!
とにかくそれほどまでの強烈なインパクトある流れだったw
劇場全体が大爆笑の渦!!!抱腹絶倒!!!
反対隣の女子が腹抱えて息が出来なくて泣きそうになってて、
それ見てこっちも泣きそうになった(爆)

いんやぁ~~凄いし、めっちゃ笑えるわ!強烈!!! あの一人再現芝居www 
語り口調がもうね・・・ネ申です!!!
今でも思い出しただけで笑いが込み上げてくる(笑)
んでもって、柱にしがみついて突き出したケツの動きと連動して
神棚が揺れる揺れるwww
もうこれ見れただけでチケ代の元は取ったわっ!

ってか、そもそもの存在自体がエロいです家納さんwww 
よぉく見ると品がある容姿でめっちゃキレイな人なんだよね。
でも、そ、それが・・・義父に後ろから犯され、
アン!アン!アァ~ン!アザ~~ス! アザ~~ス!(by立ちバック) ってか!?www

『ツルンって入ちゃっただけだし、ご無沙汰だったからちょっと腰が動いちゃったけど、
しかもナマだったけど、でも最後は外に出してもらったからこれはセェ~フですよねぇ。
はい、セェ~フ!ですよねぇ~~?』

全然セーフじゃねぇっwwww  ←すぐさま松尾と小松につっこまれるw


あぁ、ワラタ(ゲラゲラ)

前にサモアリの舞台で一度だけ観たことあったけど、その時のイメージと180度変わった(笑)
サモアリ解散しちゃったから、これを機会に大人計画でマネジメントしないかなぁ~~
いつの間にか?小松さんも大人所属になってるんだし(苦笑)

あ、あと、個人的にはアイスキャンディーのディープスロート(フ○ラ舐め)より、
ホットドッグに舌を這わすように舐め上げる時の目線の方がエロスだった(笑)
旦那役の松尾に「何も言わなくてもおまえのその仕草だけで青森で今まで何やってたか解った」
と言わせた体当たりのシモネタ演技、
出番は多いほうじゃなかったけど、ホント強烈に何でもやったなぁ~~~w

でも、信じられないだろうけど、この人昔、、、
劇団四季にいたんだよね・・・(面影ないわ~w)


松尾スズキ(父:三千男)

サッちゃんの父親。
以前はまともな父親だったけど、
サッちゃんの足の怪我で膨大な慰謝料をもらってからおかしくなり、
さらに妻が父親と駆け落ちして以来、一切のやる気を失い引き篭もる酒浸りのダメ親父。
とにかく酒が入ると手がつけられない。

感想
エロい。とにかくその存在がエロスwww
もう、出てくるだけで自然と口元が緩んでしまう。女性なら股間が緩む(と思う)
ホント、役者としても不思議な人でつね・・・(笑)


と、こんなわけのわからないレビューですいません。
たぶん観てない人が読んでも意味不明だよね、これ・・・(苦笑)


最後に、舞台見終わってからAさんといつもの店で飲んで帰ったのだけど、
終電ギリまでの約3時間もの間の会話の割合は、

舞台の話し:10%、レッズ関係:1%、ロザン関係:1%エロネタ88%


まぁ、やっぱりこうなるわなwww (むちゃ楽しかったです^^)



うわっ、これだけでこんなに長く(ry

続き(あと2本ある)はまた明日・・・(で終わるのか?)


スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/10/14(水) 10:10:03|
  2. 舞台観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日のレビューは…エロとは無縁の王道公演ですよ~w | ホーム | 笑いの"癒し効果"というものを改めて再認識した1日…。>>

コメント

いやぁ、あの揺れまくる神棚を思い出しただけで今日も笑顔で酒が飲めますw
また飲みに行ったらストッキングを破るのは是か否かという日本一しょーもない議論をしましょうねv
  1. 2009/10/15(木) 17:58:51 |
  2. URL |
  3. A #-
  4. [ 編集 ]

先週は連チャンでお付き合いありがとさんでした。
また来月もネタ芝居よろしく♪
アフターの飲みでのお題は、
今度は「心に響いたエロマンガ萌え(濡れ)場面10選」で議論しましょうw
  1. 2009/10/16(金) 15:17:18 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/836-e3ac9267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。