Forgetting-BarⅡ

2015年もよろしくです。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【祝!開店!!久々のシリーズ復活!!!】春のキャバクラ祭り?!(ススキノ番外地:中編)

さて、テーブル上にアイスとグラスセットがセッティングされ、
ほどなくしてさっきの黒服スタッフがオレの元へとやってきた。

そして、張り切るように大きめの声でキャスト嬢のご紹介!!


『お待たせしましたー!美咲さんです!!』


女の子を紹介するその黒服スタッフの真後ろに隠れながらも
真っ赤なロングドレスがひらひらと見え隠れする。(わくわく)


そして、おもむろに黒服さんの背中越しからひょいっと顔だけ覗かせて、


『初めまして~~~美咲でぇ~~す♪』

『ご指名有難うございま~~~す!うふっ(笑)』



そう挨拶するなり、すぐにオレの脇へと身を摺り寄せ、ソファーに腰掛けて
両手でオレの手を握り締めてまたもやにっこりと微笑んだのだった。




っと、目が合った途端・・・・オレは固まった。

思考回路が緊急停止!?




・・・・・・・・・・・・・・(フリーズ3秒間)




( ゜д゜)ハッ! 我に返ると、考えることなくすぐさまぶちかました!








カエレ!!




(・∀・)巣にカエレ!!




だ、誰かと思えば、、、Yちゃんじゃねぇかっ?!


ちょwwwwwwwww

美咲って誰だよwwwwwwwwwwwwwおいっ!!



『あら?わたし、ここじゃ"美咲"って源氏名なのよ?知らなかった?(笑)』


ちょっ!そんなことはどーでもいいわい!!
ってか、なんでオレがキミを指名したことになってるんだよ?!
話しが違うじゃねぇかっっっおーいっ!!!


『え?だって"NO.1嬢"をお願いしたんでしょ?』
『だからわたしがここに来たのよん?!おかしな人ねぇ。。。(笑)』


そうだ。オレはこの店のNO.1を頼んだんだ。その通りだ。
でもだからって、なんでそこでキミが登場することになるんだ?はぁ??

どー考えてもおかしいじゃねぇか!?はぁん???


そうキレ調で文句を言うと、


『あら?何もおかしくないわよ。だって、わたし、この店のNO.1だも~ん!!』


ウソつけっっっ!この間、カワイイ子が粒揃いだって自分で言ってたじゃんか!!!


『そうよ。この店にはわたしより若くてカワイ~ィ子がたっくさんいるわよ♪』

『でも、NO.1は、・なの♪♪』


ざけんなっっっっ!んなわけあるかーーーーっ!!!



『うそじゃないもん。ほんとだもん。』

『だって何を隠そう、わたしがこのお店の・・・










 酒豪NO.1 よ!!!



なんか文句ある?(笑)』



( ̄∇ ̄|||)


これじゃ、さ、詐欺だぁーーーーーっ!ヽ(`Д´)ノ


チェ~ンジ!チェンジプリーズ!!


『あらぁ、残念ねぇ…ここ、一度本指名入れちゃうとチェンジ出来ないシステムなのよん。』
『ごめんねぇ…おほほほ(笑)』
『さ、いいからとにかく飲も!今夜はとことん飲もっ!わ~い♪』


あぁ、、、年末にスッピン顔に部屋着姿で寄せ鍋を突付いた間柄だってぇのに、
何が悲しゅうて高い金だしてこんなとこでこの子と飲まなきゃいけんのだ…?(´Д⊂グスン


『あっ、ボトル入れちゃってもいいよね?入れちゃうね(笑)』
『すいませ~ん ヘネシー入りま~~す♪』



バシィーッ! ←後頭部を引っぱたく


勝手にボトル入れるなっ!( ゜Д゜)ゴルァ!!
"底なし"にそんな酒はもったいないわっ!「鏡月」で充分じゃぃっ!

『ケチんぼ!支配人に言いつけちゃうぞっっっ』


あうっ
さっきまであれだけ華やかに目に映り、バラ色のような雰囲気を感じとっていた店内が、
暗転して一気にブラックホールかの如く暗黒の世界へ…


今はただのボッタクリ・バーにしか思えなくなっていた…il||li _| ̄|○ il||li


さっきまでのwktkはどこへやら?すっかり意気消沈したオレ。

すると、、、Yちゃんはオレに言った。


『んなの、あの子が本気でNO.1嬢をあなたにセットするわけないでしょ?!ばかねぇ(笑)』

『大体、酔っ払うと何言い出すかわかんないんだから、怖くて席につけられないわよぉ』

『だから今日はわたしがお目付け役なの。いい加減観念しなさい(笑)』


真に受けたオレがバカだったというわけか…orz

どうりでヤツは挨拶にも出てこないわけだ…やられた( ̄Д ̄;;


しょうがなく、Yちゃんに水割りを作ってもらい、泣きながらカンパイ(´Д⊂グスン

その後、小1時間ほど2人きりで世間話し的なことを話しながら美咲のペースに合わせて
強制的に?水割りをガンガン飲まされていたのだった。。・゜・(ノ∀`)・゜・。



がっ!?



だがしかし!天は我を見放したりはしなかった!!!
ここでススキノの神様はオレに味方をしてくれたのだった!!


突如、黒服さんがテーブルにやってきて、


『美咲さ~ん ご指名で~す』…と




ご指名キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!




おらおら!行ってこい!行ってこい!とっとと行ってこいーーーっ!!

さいなら~~~~ヽ(゜∀゜)メ


『え~~~~~~~~~~っ行きたくないーーーーっ!!!』

『ずっとここに居たいーーーーーーーーーっ

仕事するのやだ~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!



・・・・・・・。



おいっ!




ここでも仕事しろっ!!!(怒)



まったく…




『すぐ戻るからね。待っててね。ぐすん』


そう言い残して別席へと飛び立っていったYちゃん。



もう戻ってこなくていいです。戻ってこないでください。



よぉし!ようやく到来したチャ~ンスタイム!(・∀・)

ヘルプ嬢がやって来るのを今か今かと待ちきれないオレw

すると、すぐに黒服さんに連れられてやってきたのは、
純白のドレスが眩しい若くて清純そうな?黒髪の女の子だった。

『かおりで~す。初めまして~~♪』


う~ん!マンダム!!w

これこれ、やっぱこれでんがなっっっ( ̄ー ̄)ニヤリ


ここからが"真の祭り"の始まりとあいなった!!(・∀・)ニヤニヤ




(そして後篇へとつづくw)


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/14(木) 11:42:19|
  2. キャバネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<【祝!開店!!久々のシリーズ復活!!!】春のキャバクラ祭り?!(ススキノ番外地:後編) | ホーム | 【祝!開店!!久々のシリーズ復活!!!】春のキャバクラ祭り?!(ススキノ番外地:前編)>>

コメント

待ちに待った? キャバネタ・・・・・・。

後編・・・・・・・・ハ・ヤ・ク・・・・・。

待ってまーーーーーーす。
  1. 2009/05/14(木) 13:06:31 |
  2. URL |
  3. マーフィーママ #2/N4W5Sc
  4. [ 編集 ]

別に・・・

今更、ドン引きなんて・・・(笑)
たんにオチが来ない普通の展開だったから、静観しているだけのことデスヨ。

私もヘネシーv-238・・・いやいや、ドンペリv-254くらい飲ませてもらいたいわぁ~
  1. 2009/05/14(木) 14:11:12 |
  2. URL |
  3. 姐さん #-
  4. [ 編集 ]

同感

↓姐さんに一票

みんな期待も大きいからね~

ぉち…楽しみです。
  1. 2009/05/14(木) 22:23:55 |
  2. URL |
  3. マダムバッタフライ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

祭っりだ!祭っりだ!わっしょい!わっしょい!

予想・・・かおりは新半分。
  1. 2009/05/14(木) 23:52:42 |
  2. URL |
  3. キャバネタ好き #pSJ6Fihk
  4. [ 編集 ]

>ALL

オチ・・・

この時点でもう既に落ちまくってます・・・orz

このあと、さらに1本上げてなんとか収めますが、
期待に応えられるかどうかは・・・(汗)

今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

  1. 2009/05/15(金) 11:45:54 |
  2. URL |
  3. shigezoo #1t1ExJwE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shigezoo25.blog73.fc2.com/tb.php/91-6d31cbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。